CoD:WWII: 「勝利が敗北になる」などのランクマッチの致命的な問題を修正

CoD:WWII: 「勝利が敗北になる」などのランクマッチの致命的な問題を修正

日本時間の12月2日午前3時からランクマッチのシーズン1が開始された『Call of Duty: WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』ですが、PS4とXbox Oneのランクマッチにて発生していた「統計が記録されない問題」や、「勝利が敗北としてカウント」されてしまうといった致命的な問題を修正するホットフィックスが配信されました。

ランクマッチのアップデート

これは開発元のSledgehammer Games(SHG)によるツイートから明らかになったことで、すでにホットフィックスは配信されており、今後のランクマッチでは同様の問題は発生しない状態になっているとのことです。

ランクマッチにおいて致命的と言える今回の問題ですが、致命的な問題があるままランクマッチが開始されていしまった状態は褒められたものではないものの、一応早急な修正が行われたことになります。

再起動が必要かも

なおアップデートに際して接続の問題が発生する場合は、ゲームの再起動を行って再度試してみて欲しいとのことです。

11月3日の発売から様々な問題が散見しており、アップデートを施すとさらなる問題が発生する状態となっている『CoD:WWII』。問題が1つずつ着実に修正され、一刻も早く安定した状態でプレイできるようになることを望みます。

『CoD:WWII』の発売日は2017年11月3日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: MP1st