CoD:WWII:リメイクされるマップ“Resistance”を振り返ろう。実在の街と「完全に一致」したことでも話題に

CoD:WWII:リメイクされるマップ“Resistance”を振り返ろう。実在の街と「完全に一致」したことでも話題に

Call of Duty: WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』の第1弾DLC「The Resistance(レジスタンス)」のプレビュートレーラーが公開され、リメイクマップ“Occupation(オキュペイション)”として収録されることが明らかになった“Resistance(レジスタンス)”。そのマップの特徴と思い出を、動画とともに振り返ってみましょう。

Resistanceを振り返る


CoD:WWII: 第1弾DLC「The Resistance」、PS4へ1月30日配信

『CoD:MW3』では現代のパリの市街地を舞台にしていた“Resistance”ですが、『CoD:WWII』では約80年前のドイツ占拠下のパリ“Occupation”として復活。なお“Resistance”は、『CoD:IW』の第3弾DLC「Absolution」でも“Ember”としてリメイクされています。

“Resistance”では、長い路地でのスナイパー合戦や、狭い店舗や住宅での近距離〜中距離戦が多発するマップでした。当時を振り返ることができるいくつかの映像と画像を載せておきます。

Call Of Duty Modern Warfare 3: Team Defender Gameplay

COD: MW3 Survival Wave 100+ The Best SOLO Strategy for Resistance!

CoD:IW: リメイクされる『MW3』のマップ“Resistance”
ローディング画面
CoD:IW: リメイクされる『MW3』のマップ“Resistance”
ブティック。窓から覗くスナイパーに注意
CoD:IW: リメイクされる『MW3』のマップ“Resistance”
車の爆発に注意
CoD:IW: リメイクされる『MW3』のマップ“Resistance”
中央の広場
CoD:IW: リメイクされる『MW3』のマップ“Resistance”
Resistance全景

実在の場所と完全に一致したことでも有名

“Resistance”は実在の街を題材にしたことは説明されていましたが、その再現率が非常に高ったことで大きな話題となりました。発端となったのは1枚のスクリーンショットでしたが、その後の調べで周囲360度などなどが「完全に一致」していることが明らかになりました。



詳細記事CoD:MW3:とあるマップが実在する場所と「完全に一致」して話題に

個人的な思い出としては、ロングレンジな路地での頭出しスナイパー合戦やドミネーションでのジャベリン合戦、中央公園での壁抜き、階段上での攻防、サーチで車で爆死などがあります。皆さんの思い出もぜひコメント欄にお寄せください。

CoD:WWII 第1弾DLC「The Resistance」

『Call of Duty: WWII』の第1弾DLC「The Resistance」は、“Resistance”のリメイクマップを含む3つのマルチプレイヤーマップと、1つの新しいウォーモード、そしてナチゾンビの新チャプター「The Darkest Shore」が含まれます。

PlayStation 4向けに1月30日に先行配信され、Xbox OneとPC版は2月30日前後の配信となると予想されます。シーズンパス所持者はもちろん無料でダウンロードでき、単体価格は14.99ドルです。

詳細記事CoD:WWII1DLCThe Resistance」トレーラー公開、リメイクマップを含みPS4130日配信