BF1:アポカリプス・アップデート配信、DLC「Apocalypse」や膨大な改善と追加要素

BF1:アポカリプス・アップデート配信、DLC「Apocalypse」や膨大な改善と追加要素

DICEは『Battlefield 1(バトルフィールド 1)』へアポカリプス・アップデートを配信、パッチノートを公開しました。このアップデートにはDLC「Apocalypse」のほか複数の改善が含まれます。

不満の声もあった新武器と専門技能の解除条件も、今回はかなり簡易化やDLC購入で自動的に解除されるようになっています。そのほかにも不満点の改善や膨大な新要素の追加、そして上級者プレイヤー向けの「一度スポットされるとデスするまでそのまま」や「毎秒1ダメージを受ける」といった縛りプレイも楽しめるようになりました。

さあ世界大戦の絶望に浸れる“終末の黙示録”へ突入しましょう。

バトルフィールド 1 Apocalypse

Battlefield 1 – Apocalypse Official Trailer

新マップ

CAPORETTO

CAPORETTO

オーストリア=ハンガリー軍はイタリア軍に毒ガスの砲撃を浴びせ、イゾンツォ川沿いの村に足がかりを得ようとした。旧時代の城跡や、ブラッド・クリークの岩場に身を隠し、騎兵やオートバイの突撃をいなして戦え。リーベンス投射器からの砲撃に備え、ガスマスクは手放せない友となるだろう。引き裂かれた橋にほど近いカペッロの森の守りを固め、大砲陣を押さえて、敵軍の進行を食い止めよ。

PASSCHENDAELE

Passchendaele

とめどない砲撃により、戦場は泥だらけの荒野と化し、かつての建物と木々の跡には、無残な瓦礫と残骸だけが残された。かたや焼ける森、かたやおぞましきガスに挟まれたこの世の地獄。アウグストゥスの森を舞台にイギリス兵とドイツ兵は、倒木や沈みかけた戦車の骸を乗り越え、争いを繰り広げる。深い塹壕に隠れ、戦場を素早く横切り、エドワーズ・ハウスの崩れかけた壁を背に息をつけ。高台へと進攻してゾンネベーケ教会を押さえれば、剥き出しとなった石の骨組みが、その身に加護をもたらすだろう。

RIVER SOMME

River Somme

黄金の麦畑を切り裂く塹壕網に身を隠すイギリス兵。そのわずか数百メートル先では、対するドイツ兵が大地を掘り、退避壕を作り上げていた。塹壕戦術を駆使してマーシュ・ランディングをその手に押さえ、川を越えた最終攻勢に備えよ。難関21高地を抜けた先はシュガー・ミル。終わりなきイギリス軍の砲撃が生み出した、死の大地が待ち受けている。

RAZOR’S EDGE

Razors Edge

トップパイロットたちが、そびえるアルプスの上空で繰り広げる戦い。待ち受けるのは命がけのドッグファイト。単座戦闘機に乗り込んだエースたちは、高空の身を刺す低温に耐えながら、互いの後ろを取るべく操縦を競い合う。頭脳と技術を駆使して敵を出し抜き、大空の騎士として名乗りを挙げろ。

LONDON CALLING

London Calling

雲海を舞台にロンドン上空を戦え。あらゆる種類の航空機が集い、空の一大決戦を繰り広げる。戦闘機のスピードと機動を駆使して敵の後ろを取り、機銃掃射で空からの退場を迫れ。戦略を担う爆撃機部隊が高空から忍び寄り、眼下の飛行船へと爆弾を降り注がせる。対空装備をもって周囲を飛び回る羽虫たちの一掃を図る飛行船。巨艦同士の対決がここに幕を開けた。

新モード:エア・アサルト

「バトルフィールド 1」エア・シューペリオリティの再来とも言えるこのモードでは、「バトルフィールド 1」に登場する多彩な航空機を使い、目まぐるしいドッグファイトに挑むことができます。複葉機で敵を相手に見事なダンスを繰り広げることから、ガンナーとして援護射撃に徹することまで、エースから初心者まで、誰もがチームの勝利に貢献できます。

敵機を撃墜するごとに、チームにはポイントが入ります。落とした機体によって得られるポイントが異なるため、高ポイントターゲットを狙うことで、より大きな活躍が約束されます。巨大兵器で乗り込むことも出来、大きな脅威を素早く取り除くことが勝利への鍵となります。

新ビークル

Hansa-brandenburg-gi

本拡張パックだけでなく、これまでのマップでも使用可能な2種の爆撃機が追加され、航空機のバリエーションがさらに広がります。イギリス軍では「エアコDH.10」爆撃機、オーストリア=ハンガリー軍とオスマン帝国では、「ハンザ=ブランデンブルクG.I」爆撃機が新たに使用可能になります。

「バトルフィールド 1 Apocalypse」のマップでは、毒ガスに対抗するためにガスマスクを装備した馬が登場します。

新武器

Ribeyrolles

「バトルフィールド 1 Apocalypse」で追加される各銃は、新たに追加される武器任務を通してアンロックできます。また、「バトルフィールド 1 Apocalypse」の全オーナーで、格闘武器の「肉切り包丁」とグレネードの「ハンドメイド・グレネード」が、最初からアンロックされています。これに加えて、バトルパックからジグソーピースを集めて「バール」を手にすることができます。

突撃兵

  • RSC SMG(初期仕様)
    • 突撃兵で50キルを達成する
  • RSC SMG(光学照準)
    • RSC SMG(初期仕様)で50キルを達成する
    • 1ラウンドに爆発物でビークルに300ダメージを与える

看護兵

  • Howell Automatic(初期仕様)
    • 看護兵で50キルを達成する
  • Howell Automatic(狙撃)
    • Howell Automatic(初期仕様)で50キルを達成する
    • 1ラウンドに600ポイント分の回復を行う

援護兵

  • lMG 08/18(軽量)
    • 援護兵で50キルを達成する
  • lMG 08/18(制圧)
    • lMG 08/18(軽量)で50キルを達成する
    • 1ラウンドに補給を100回行う

偵察兵

  • Ross MkIII(マークスマン)
    • 偵察兵で50キルを達成する
  • M1917(歩兵)
    • Ross MkIII(マークスマン)で50キルを達成する
    • シングルアクションライフルでヘッドショット距離累計2,500mを達成する

サブウェポン

  • Revolver Mk VI
    • リボルバーで異なる25人の敵をキルする

新ガジェット

aagun

突撃兵が航空機を攻撃できる対空ロケットガンを追加。ガジェットとして装備して使用することで、航空機に対空弾を撃つことができる。

新従軍任務と専門技能

「バトルフィールド 1 Apocalypse」では以下の専門技能を最初から使用できます。

認識力:スポットした敵のスポット持続時間が25%延びる
スポットを多用するプレイヤーに役立ち、「高速スポット解除」への対策にもなります。

忍び足:足音を小さくする
移動中できるだけ音を立てたくないプレイヤーにおすすめです。また結果として、周囲の音にも気づきやすくなります。

海賊:格闘武器を手に持っていると泳ぎが速くなる
水の多いマップで役に立つでしょう。

アフリクション

これまで武器任務、従軍任務をより幅広いプレイヤーで楽しんでいただけるように調整を進めてきましたが、逆に高スキルプレイヤーでチャレンジがやや不足しかねない状況が生じていました。その点を補うために追加されるのがアフリクションです。あくまでおまけとなる要素ですが、名誉勲章のように身に付けることができます(キルカードの専門技能欄に表示され、倒された相手が目にすることになります)。アフリクションは、最初の「入門編」従軍任務を3つ、次の「特化戦闘」従軍任務を5つクリアすることで使用可能になります。また、アフリクションは、特別なユニークドッグタグのアンロックで必要となります。

死の重み:死亡するごとに、蘇生待ちの後で200ポイントが引かれる
「死の重み」は常にランキングトップにいるようなプレイヤー向けです。出撃画面に移動するまでポイントは引かれないため、蘇生を待つことでこのペナルティを避けることができます。

ピーコック:一度スポットされると、死ぬまでスポット状態のままになる
隠密行動を得意とするプレイヤーでチャレンジを強化できます。敵にスポットされない限り、このアフリクションは影響を持ちません。従って、よりスポットされにくい立ち回りが重要になるでしょう。常に激戦に身を置き、スポットされている状態が普通のプレイヤーも、このアフリクションからは大きな影響を受けません。

スカベンジャー:武器ごとに1マガジンしか持てなくなる
弾を無駄にせず、戦場に残されたキットに目を光らせておきましょう。次から次へとキットを持ち替えることは、変化し続ける戦場でのさらなる適応力が問われ、新しいチャレンジをもたらします。

リーパー:毎秒1ダメージを受けるが、キルを挙げることで10秒間その効果を止められる
常にダメージを受けているために、常に戦闘状態と判断され、このアフリクションの発動中はライフを回復できません。回復手段が近くにあるときにキルを挙げて、上手く回復するようにしましょう。

パラノイア:ガスマスクを外せなくなる
ガスマスク使用中は視界が悪くなり、サイトを覗くことができません。ただし毒ガスからは守られています。

その他のアップデート

メニュー & HUD

  • キルカードで一部の武器スキンが表示されなかった問題を修正。
  • 輸送車輌の自動リペアをキーバインド可能に変更。
  • PS4で設置されたガジェットにツールチップが表示されないことがあった問題を修正。
  • ミニマップUIの砲撃効果範囲の表示に色覚設定が反映されるように変更。
  • 各マッチの最後に表示されるラウンド終了データを、最終スコアへの繋がりがより分かりやすくなるように見直し。
    • コンクエストで、「フラッグ奪取」と「分隊出撃」の代わりに、「フラッグからのスコア」と「キルからのスコア」が表示されるように変更。
    • ドミネーションで、「フラッグ奪取」と「分隊出撃」の代わりに、「フラッグからのスコア」と「キルからのスコア」が表示されるように変更。
    • チームデスマッチで、「蘇生」と「分隊出撃」の代わりに、「キル」と「蘇生」が表示されるように変更。

武器、ビークル、ガジェット

  • 超長射程でRibeyrollesを単純に撃ち尽くす運用ができないようにし、バースト射撃の有効性を強化。
    • Ribeyrollesの初弾拡散倍率を4から3に軽減。
    • Ribeyrollesの横反動を0.16から0.33に増加。
  • 中射程でのAutomaticoのダメージ安定性を向上。
    • Automaticoの横反動を0.6から0.4に引き下げ。
    • Automaticoの初弾反動係数を2.8から2.4に引き下げ。
  • Sjögren Inertialの発射ペレット数が想定より1多かった問題を修正。
  • SMG 08/18の性能が実銃に近くなるように調整。
  • Hellriegel 1915とSMG 08/18のズームイン速度がより遅くなるように調整。サイトを覗き込むまでの時間が長くなります
  • Maschinenpistole M1912/P.16の縦反動を若干引き下げ。
  • 対戦車グレネードが起爆することなくビークルから跳ね返ることがある問題を修正。
  • 騎兵が馬を降りることなく、馬上で包帯ポーチを使って自分を回復できるように変更。
  • 騎兵の騎乗時のダメージ耐性を強化。
  • 跳弾角ダメージ修正を0.1倍から0.5倍に変更して、跳弾時に戦車の受けるダメージを増加。
  • 自走砲トラックから発射される砲弾を、ランドシップの迫撃砲と同様の重砲弾に変更。
  • SK45沿岸砲台の照準が大きな衝撃でセンターからずれることがある問題を修正。
  • 対戦車ライフル、対戦車ランドシップ、対戦車攻撃機が他の飛行機を一撃で破壊することが可能であった問題を修正。
  • 重爆撃機の操縦性を向上。
  • リペアツールでの重爆撃機の修理速度を引き下げ。
  • 戦略重爆撃機の歩兵への効力が上がるように重爆撃機を変更。
    • 重爆撃機のクラスター爆弾の爆破半径を7mから12mに拡大。
    • 重爆撃機のクラスター爆弾の爆破半径内に効果のないエリアが生まれることがあった問題を修正。
    • 重爆撃機のフレシェット・ダートを連装機関砲(榴弾)に入れ替え。
  • カプロニCA.5の爆弾が、投下後もラックから消えないことがある問題を修正。
  • カプロニCA.5後部ガンナーの照準角の制限を調整。
  • 攻撃機のスロットル設定を調整して最低速度をやや上げ、パイロットが地上標的への攻撃に向けて進行方向を合わせるのにかかる時間を短縮。
  • 戦闘機の機銃焼夷弾の航空機の翼やエンジンに対するダメージを大幅に引き上げ。
  • 戦闘機の機銃焼夷弾の命中精度を大幅に引き上げ。
  • 攻撃機の爆弾が、投下後もラックから消えないことがある問題を修正。
  • コースタル級飛行船の破壊FXを改善。
  • コースタル級飛行船のカスタマイズ時に、シートのレイアウト情報が正しく表示されていなかった問題を修正。
  • コースタル級飛行船の武器説明で、爆弾数のカウントが正しくなかった問題を修正。
  • 魚雷やル・プリエールロケットなどの一部のビークル兵器が、他のビークルに2倍のダメージを与えることができた問題を修正。
  • 魚雷の最大射程を500m前後に短縮。

マップとモード

  • Ballroom Blitzでより安全な出撃エリアが増えるように出撃地点を調整。
  • オペレーション「悪魔の鉄床」のVerdun Heights第3セクターのエリア範囲を、防衛側が攻撃側のエリート兵科キットを奪えなくなるように調整。
  • オペレーション「ガリポリ」のAchi Baba初期拠点のエリア範囲と第1セクターのエリート兵科キットの配置を、防衛側が攻撃側のエリート兵科キットを奪えなくなるように調整。
  • オペレーション「ガリポリ」のAchi Baba第3セクターのエリア範囲を、防衛側が攻撃側のエリート兵科キットを奪えなくなるように調整。
  • Heligoland Bightで、大型艇がより動きやすくなるようにマップの周辺エリアを拡大。
  • オペレーション「赤き津波」でバランスが取れるように、Volga Riverの各種要素を調整。
    • 第1セクターのレッドラインのフラッグをやや後方に移動。
    • 第1セクターの範囲がレッドライン塹壕と一致するように変更し、攻撃側の守りを強化して、防衛側にとっても境界線を明確化。
    • 第2セクターの攻撃側に初期拠点をもう一つ追加。
    • 第2セクターの攻撃側に戦車を1台追加。
    • 第1セクターの攻撃側に対戦車兵エリート兵科キットを1つ追加。
    • 第2セクターの攻撃側に火炎放射器兵エリート兵科キットを1つ追加。
    • 全セクターで出撃地点を調整。
    • 全セクターで騎兵とビークルの出撃地点を調整。
  • オペレーション「赤き津波」のTsaritsynで、攻撃側の進攻に従って、より自然に攻略難易度が上昇するように、マップ内の各種要素を調整。
    • 第1セクターの防衛側の出撃地点を後方に移動。
    • 第2セクターのAフラッグの占領エリアを調整。
    • 第3セクターの占領エリアが、大聖堂の内側全体をカバーするようにエリアを拡大。
    • 第3セクターの占領エリアの拡大に伴い、防衛側の出撃地点を移動。
  • オペレーション「ブルシーロフ攻勢」のバランスとプレイを改善するために、Brusilov Keepの各種要素を調整。
    • マップから自走砲トラックを削除。
    • 争奪中に身を隠せる場所が増えるように占領エリアを調整。
    • 防衛側での前線での出撃のメリットを強化するため、出撃地点でより遮蔽物が多くなるように調整。
    • 攻撃側の第1、第2セクターで使えるプチーロフ・ガーフォード装甲車を2台に変更。
    • 攻撃側の第3セクターで使えるプチーロフ・ガーフォード装甲車を1台に変更。
    • 攻撃側の第4セクターからプチーロフ・ガーフォード装甲車を削除。
    • 第2セクターの防衛側火炎放射器兵エリート兵科キットを、攻撃側で奪えないように移動。
    • 防衛側の第2セクターで対戦車兵エリート兵科キットを1つ使えるように変更。
  • オペレーション「ブルシーロフ攻勢」のバランスとプレイを改善するために、Galiciaの各種要素を調整。
    • マップから自走砲トラックを削除。
    • 攻撃側と防衛側の第1、第4セクターに飛行機を追加。
    • 火炎放射器兵エリート兵科キットを削除。
    • 防衛側の第1、第2セクターから対戦車兵エリート兵科キットを削除。
    • 遮蔽物が増えるように、占領エリアを拡大および調整。
  • いくつかのマップでメモリー負荷を軽減して、安定性を向上。改善されたマップ:
    • Soissons
    • Prise de Tahure
    • Empire’s Edge
    • Sinai Desert
  • サプライドロップで、補給物資に対戦車グレネードを直撃させるか、近くに当てると、爆発する問題を修正。

観戦モード

  • 観戦者が、プレイエリアの外に飛び出してしまうことがある問題を修正。

RSP(レンタルサーバープログラム)

  • RSP – 人数が50人を超えると一部の管理者リストやVIPリストで内容がカットされてしまう問題を修正。
  • RSP – VIPの参加待ち追加時に、プレイヤーがゲームから追い出されない問題を修正(管理者についても問題の修正を確認中)

Source: Battlefield