Activisionが「複数作品のリマスター版」を年内リリース、『CoD:BO』のリメイクも?

Activisionが「複数作品のリマスター版」を年内リリース、『CoD:BO』のリメイクも?

『Call of Duty(コールオブデューティー)』シリーズや『Destiny(ディステニー)』シリーズなど、世界を代表するIPを多数保有しているアクティビジョン・ブリザードですが、先日提出された証券取引委員会への報告から、2018年内に複数作品のリマスター版をリリースする予定であることが判明しました。

複数タイトルのリマスター版発売

報告の中で今後のアクティビジョン・ブリザードについて記載されている箇所では、2018年に予定されている「新作」や「拡張パック」の情報に混ざって、「保有IP群のリマスター」についての記述が確認できます。

『World of Warcraft: Battle for Azeroth』と最新の『Call of Duty』を2018年の下半期にリリースする予定です。それに加え、『Hearthstone』や『Destiny 2』の拡張パックや、『Overwatch』のゲーム内イベント、『CoD:WW2』のマップパック、保有しているIP群から複数タイトルのリマスター版のリリースなど、複数のフランチャイズにて継続してコンテンツの提供を行います。さらに、King開発のソーシャルカジノゲームを含む最低でも2種のモバイルタイトルを年内にリリースする予定です。

アクティビジョン・ブリザードがどのタイトルのリマスターを予定しているかは不明ですが、『スパイロ・ザ・ドラゴン』のリメイクは噂として存在します。しかしここで思い起こされ、期待したいのは2016年にリメイクされた『Call of Duty: Modern Warfare Remastered(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア リマスタード)』に続くCoD作品のリマスターでしょうか。

CODMWR-DLC-key-Call of Duty Modern Warfare Remastered Variety Map Pack Trailer

2018年のCoDはTreyarchが担当することが確定しているので、2010年に発売された『Call of Duty: Black Ops(コールオブデューティー ブラックオプス)』などのリメイクは可能性が高いように感じられますが、個人的には『Call of Duty: Modern Warfare 2(コールオブデューティー: モダンウォーフェア 2)』の単体リリースもお願いしたいところです。

関連記事CoD 2018: Treyarchが『Call of Duty 2018』を開発中であることを正式発表「ファンの期待を上回る」

6月に開催予定のE3に近づくにつれ様々な情報が公開されると思われるので、続報にご期待ください。

Source: Activision, Inc.