日本プロゲーミングチーム「SCARZ」、世界大会WESG 2017の『CS:GO』部門に出場

日本プロゲーミングチーム「SCARZ」、世界大会WESG 2017の『CS:GO』部門に出場

世界的なeスポーツ大会World Electronic Sports Games(WESG)の『Counter-Strike: Global Offensive(カウンターストライク:グローバルオフェンシブ)』(CS:GO)部門において、日本のプロゲーミングチーム「SCARZ Absolute」の出場が決定しました。大会は13日から開催し翌日14日から、世界各国で予選を勝ち抜いてきた強豪チームと対戦することになります。

WESGとは

WESGでは、『CS:GO』『Dota2』『StarCraft II』『Hearthstone』の競技が行われるeスポーツの大会で、全46ヵ国から、約600人の選手が出場。そのうちCS:GO部門では、アジア太平洋、中国、北アメリカ、南アメリカ、ヨーロッパ、北アフリカ、南アフリカの地域予選を勝ち抜いた32チームがエントリー。WESG2017 『CS:GO』本戦での賞金総額は1,500,000ドル(約1億5千万円)で、全競技の予選も含めた大会全体の総額賞金は5,500,000ドル(約5億8千万円)にものぼり、まさに世界最大級の超大型大会となっています。

SCARZ Absolute

CS:GO SCARZ absolute

2017年2月に「Absolute」がSCARZに加入し「SCARZ Absolute」として設立。「第2回 日本eスポーツ選手権大会」優勝を皮切りに、数々の大会で優勝を勝ち取った国内強豪チーム。近年では日本代表としてアジア大会に出場。今大会の東アジア予選で、アジアの強豪「TheMongolz」を打ち破り、アジア太平洋予選への出場権を獲得。アジア太平洋予選でもグループステージを抜け、トーナメントで見事勝利して、今回の「WESG 2017」へ出場を果たす。グループ分けの時点では世界ランキング148位。

SCARZのコメント

私達自身、グループ分けが発表された時は目を疑いました。世界ランキング3位と9位、そしてそんなチームと好勝負をするThe Onliners。しかし参加する大会は、世界大会。例えどんなチームと試合をすることになっても、非常に厳しい試合となるのは想定しておりました。

世界大会に日本チームが出場するのは、日本のCS:GOにとって非常に大きな重い一歩となります。

そんな大会でCS:GOを代表するチームと対戦できる喜びも非常に大きいです。しかし、対戦できることはあくまでも通過点に過ぎません。

皆様の応援は選手のパワー、パフォーマンスに必ず繋がります。日本CS:GOの歴史的な日と出来るよう、SCARZ Absoluteへの熱い応援よろしくおねがいします。

『日本のCS:GOここにあり!』を見せつける為にも、勝利につながる一筋の光を手繰り寄せ、全身全霊で戦ってまいります。
GO!SCARZ!!

SCARZ Absoluteの対戦スケジュール

CS:GO SCARZ absolute
SCARZ Absoluteと対戦するチームは、14日午後1時30分から「Cloud9」、午後4時30分から「Fnatic」、午後7時30分から「The Onliners(ex.FRENCH CANADIANS)」となっています。

SCARZ Absoluteの対戦相手

北アメリカ地域「Cloud 9」

cloud9 CS:GO
「Cloud9は」2014年よりCS:GOでの活動を開始。1月にボストンで開催された「ELEAGUE Major: Boston 2018」では強豪FaZe Clanを破り見事優勝。その他CS:GO大会でも優勝常連と、近年の活躍がめざましい成績優秀チーム。グループ分けが発表された時点でのCS:GO世界ランキングは3位。

ヨーロッパ地域「Fnatic」

CS:GO Fnatic
「Fnatic」は2012年よりCS:GOでの活動を開始。その圧倒的存在感からeスポーツに詳しくない人でもFnaticの名前は一度は耳にしたことがあるとも言われる。参加する大会ではほぼ全てで優勝をかっさらい、圧倒的すぎる強さから「ファンよりもアンチが増えた」とまで言われるほどの超強豪チーム。グループ分けが発表された時点でのCS:GO世界ランキングは9位。

北アメリカ地域「The Onliners(ex.FRENCH CANADIANS)」

2017年に結成された比較的新しいチームで、まだ大会実績は無くランキング情報は無し。今大会の予選では『SK Gaming』と試合をし16-11で敗北。『Cloud 9』との試合は16-12で敗北。どちらも敗北したもののCS:GOのトップチームと渡り合えるほどの実力をもった新進気鋭のチーム。

厳しい戦いとなりそうですが、その名の通り爪痕を残してくれることに期待しましょう!

Source: PressRelease