Destiny 2:大規模アップデート1.1.4配信、大幅なサンドボックス調整やクルーシブルのルール変更など

Destiny 2:大規模アップデート1.1.4配信、大幅なサンドボックス調整やクルーシブルのルール変更など

Bungieは『Destiny 2(デスティニー 2)』へアップデート1.1.4を配信、パッチノートを公開しました。今回のアップデートではナイトフォール特別報酬の追加や6v6アイアンバナーを含むクルーシブルの各ゲームモードのルール変更、そして大規模なサンドボックスの調整が行われています。項目は多岐に渡りますが、ぜひ目を通しておきましょう。

Destiny 2 アップデート1.1.4 パッチノート

ストライク

  • ナイトフォールストライク特有の報酬
    • レジェンダリー武器やエキゾチックの装飾が報酬としてもらえるようになった。
    • スコアによってドロップ率を上げることができる。
  • ストライクの重複軽減
    • ストライクプレイリストで、同じストライクを連続でプレイすることがなくなった。
  • 挑戦カード
    • パワーハンデの最大値を40から45に上昇した。
  • 「可能性の木」でバルス・ツウーンを素早く倒した場合、倒した直後にストライクが終了しなかった問題を修正。
  • 「庭園の世界」のラスボス戦の下にリスポーンすることがあった問題を修正。
  • ビークルを破壊した時にポイントがもらえていなかった問題を修正。
  • 公共スペースでオーブがポイントを与えていた問題を修正。

その他

  • エキゾチックの重複軽減
    • エキゾチックエングラムから同じエキゾチックが重複して出てこないように措置を実装。
  • 一部のエンブレムが、記録している数値を表示していなかった問題を修正。
  • 「オシリスの呪い」を所有しないプレイヤーがシュールからプロメテウス・レンズを入手した場合でも、その武器がエキゾチック武器コレクションに正しく表示されるようになった。
  • パトロールビーコンとアクティビティの発動時間を3秒から1秒に短縮。
  • シェーダーを適用する、またはシェーダーの詳細を確認しようとすると、シェーダーの欄のトップページに戻ってしまっていた問題を修正。

サンドボックス

武器

パルスライフル

  • 全パルスライフルに対し、PvEでのダメージ量を16%増加。
  • 順応フレームと高威力フレームのパルスライフルの連射速度を上昇。
    • 順応フレーム: 毎分360発から毎分390発に上昇(+8.3%)
    • 高威力フレーム: 毎分320発から毎分340発に上昇(+6.3%)
  • 順応フレーム、高威力フレーム、および速射フレームのパルスライフルのベースとなるダメージを増加。
    • 順応フレーム: 14.5から16に上昇(+10.3%)
    • 高威力フレーム: 16から18に上昇(+12.5%)
    • 速射フレーム: 12から12.5に上昇(+4.2%)
    • 軽量フレームのパルスライフルの精密倍率を1.5倍から1.6倍に上昇。(+6.7%)
    • 順応フレームのパルスライフルの精密倍率を1.55倍から1.475倍に減少。(-5.8%)
    • デザイン備考: こうすることで、上述のベースとなるダメージや連射速度のバフを考慮した時に、精密ダメージ量が大幅に変わらなくてすむ。バフのほとんどがボディショットになるが、最終的に精密ダメージを全体的に上昇させることになる。

スカウトライフル

  • 全スカウトライフルに対し、PvEでのダメージ量を15%増加。
    • 高威力フレームのスカウトライフルのベースとなるダメージを37から40に上昇。(+8.1%)

ハンドキャノン

  • 全ハンドキャノンに対し、PvEでのダメージ量を15%増加。
    • 精密フレームのハンドキャノンの精密ダメージが0.15倍上がり、1.5倍から1.6倍に上昇。(+6.6%)
  • ゲーム機とPCでコントローラーを使っている時、腰だめで撃つ時の命中精度が33%上昇。
  • ゲーム機とPCでコントローラーを使っている時、照準モードで撃つ時の命中精度が25%上昇。

ピストル

  • 全ピストルに対し、PvEでのダメージ量を15%増加。
  • 腰だめで撃つ時の命中精度を上昇: 分散幅を20%抑えた。
  • 照準モードで撃つ時の命中精度を上昇: 分散幅を12%抑えた。
  • 手持ちの弾薬数を増やした。
  • 距離によるダメージ減衰が始まる位置を1m長くした。
  • 照準モードにおける移動速度を上昇。

サブマシンガン

  • 全サブマシンガンに対し、PvEでのダメージ量を10%増加。
  • 光学照準器を1.3倍にした。
  • 手持ちの弾薬数を増やした。

リニア・フュージョンライフル

  • 全リニア・フュージョンライフルに対し、PvEでのダメージ量を50%増加。
  • 照準補佐を向上させた。
  • ひるみ倍率を下げた。

ショットガン

  • 全ショットガンに対し、PvEでのダメージ量を35%増加。
  • 手持ちの弾薬数を増やした。
  • スロスの精密フレームのショットガンの照準補佐を向上させた。

スナイパーライフル

  • PvEでのダメージの増加:
    • 黄色い体力バーの敵の場合は20%増。
    • 赤い体力バーの敵の場合は40%増。
  • 精密ダメージを増加し、武器の連射速度と釣り合うようになった。
    • 全てにおいて2.5倍だったところを3.0~3.5倍に変更。
  • 照準補佐を向上させた。
  • 手持ちの弾薬数を増やした。

グレネードランチャー

  • 爆発範囲を広げた。
    • ドラム型グレネードランチャー: +0.5m
    • 単発式グレネードランチャー: +1.0m

MIDAミニツール

  • MIDAミニツールの光学効果を低くし、他のサブマシンガンと釣り合うようにした。
  • 軽量フレームおよびMIDAミニツールの軽量フレームのパークの累積を防いだ。
  • プレイヤーの移動速度を調整してMIDAマルチツールと一致するようにした。

オートライフル

  • 精密フレームのオートライフル全てにおいて、射程距離を10短くした。
  • 精密フレームのオートライフル全てにおいて、照準補佐を低くした。

パーク

以下のパークにおいてPvEでのダメージ量を上昇:

高衝撃リザーブ

  • 1.12倍から1.30倍(+16%)

キルクリップ

  • 1.33倍から1.53倍(+15%)

暴れん坊

  • 1.33倍から1.65倍(3つ累積の場合)
  • また、持続時間を3秒から3.5秒に延ばした。

ドラゴンフライ

  • バフが入ったダメージ
    • 50から65(+30%)
    • 敵に対して+30%のダメージ。
  • 効果音を更新。

炸裂弾

  • PvEにおける炸裂弾のダメージ倍率を15%減少。
  • このダメージ減少を補うためにベースとなる武器のPvEでのダメージ量を増加。

墓荒らし

  • マガジンの30%ではなく、50%がリロードされるようになった。

時限ペイロード

  • ダメージの内訳が爆発ダメージ55%、直接ダメージ45%になった。(以前は直接ダメージの方が多かった)

スキル

  • スーパースキルのチャージ時間を6分40秒から5分に短縮。
  • 可動性の数値の2~10の間で、1増えるごとの出力が大きくなり、プレイヤーの移動速度に大幅なブーストが発生するようになった。
  • 「消足」(回避で姿を消す時)と「無に帰す」(煙玉で姿を消す時)
    • 回避に変更はなく、実際に回避している間は照準補佐や投射物のトラッキングが無効になる。
    • PvPでは、「消足」で姿を消す時、照準補佐や投射物のトラッキングが継続する。(PvEでは変更なし)
    • 「消足」によって姿が見えなくなる時間を1秒長くした。
    • 「煙玉」によって姿が見えなくなる時間を1秒長くした。
  • 近接スーパースキル(ハボックフィスト、センティネルシールド、アークポール)の移動速度が上昇。
    • これらのスパースキルが発動中は、ダッシュ速度が自動的にキャラクターの最高速度に設定される。(追加パークの必要はなし)
    • 前進しようとすると自動的にダッシュの状態になる。
    • ほぼ瞬時に最高速度になるように加速度を増した。

タイタン

  • 標的がいない状態での空中ショルダーチャージ(またはシールドバッシュ、振動ストライク、ハンマーストライク)の移動距離を4.5mに戻した。

リフト

  • スライドリフト
    • スライドリフトの最高速度を上げた。
  • カタパルトリフト
    • カタパルトリフト発動時の横向きの初期加速度を増した。
    • カタパルトリフトの持続時間を長くすることにより、より制御しやすくなった。

ハンター

アークポール

  • アークポールの回避アニメーションの速度を上げた。
  • アークポールの全攻撃アニメーションの速度を上げた。
  • アークポールの発動アニメーションと全近接攻撃に関して、アニメーションに縛られる時間を短くし、すぐに移動や攻撃に移れるようにした。
  • アークポールの全攻撃において、範囲ダメージの範囲を拡大。

ウォーロック

グライディング

  • 全般
    • グライディング発動時の縦向きの初期速度を上げ、素早く、プレイヤーの入力に応じて速度ブーストがかかるようにした。
  • スライド・グライディング
    • スライド・グライディングの最高速度を上げた。
    • スライド・グライディングの横向きの加速度を大幅に上げ、空中でより制御しやすくした。
    • 他の縦向きの移動法と釣り合うように、スライド・グライディングの高さの最大値を上げた。
  • バースト・グライディング
    • バースト・グライディングの最高速度を大幅に上げた。(スライド・グライディングの最高速度よりも速くなった)
  • バランス・グライディング
    • バースト・グライディングの速度とスライド・グライディングの横向きの加速度を取り入れてバランス・グライディングを再調整した。
    • デザイン備考: バランス・グライディングは、バースト・グライディングおよびスライド・グライディングの特性をある程度の度合いで取り入れ、兼ね備えていることを目的としている。

ドーンブレード

  • スーパースキル「デイブレーク」の剣を投げる時のエネルギー消費を減らしたことで、1回分多く投げられるようになった。
  • パーク「永遠の炎」がスーパースキルの持続時間をさらに長くするようになった。(20%長くなった)
  • 近接スキル「クイックストライク」によって発生するバフが発動中は、空中で適用される命中精度のペナルティが全て除去されるようになった。
  • イカロスダッシュのクールダウン時間を10秒から6秒に短縮した。
  • キルごとに「熱上昇」から得られるグレネードと近接のエネルギーが10%から16%に増加した。

  • カオスでノヴァボムを無限に使えていた問題を修正。

改造パーツ

  • スキルのチャージ速度(グレネード、近接、クラススキル)に影響する改造パーツの出力が増加。(各改造パーツにつき16.667%増加) ただし、累積は依然最大3つまで。(チャージ速度50%増まで)

クルーシブル

週間おすすめプレイリスト(ランブル、カオス、アイアンバナー)

  • 毎週、クルーシブルでランブル、カオス、アイアンバナーのプレイリストがローテーションされる。

クルーシブルの重複軽減

  • クイックプレイ、対戦モード、アイアンバナーのプレイリストで、同じマップが連続して使われないよう防止する機能が有効化された。

対戦放棄者のペナルティ

  • クルーシブル対戦モードプレイリストで対戦を途中退場すると、警告を受けるか、もしくは対戦モードおよび「対戦モード – オシリス」にてアクセス制限(30分)を受ける。

  • 多くのマップで、意図されるプレイ可能スペースからプレイヤーが外に出られないようにするため、見えない壁やデッドゾーンを追加。

アイアンバナー

  • 6対6でのプレイになった。
  • 制限時間が12分になった。
  • スコア上限が125ポイントになった。
  • リスポーン時間が7秒になった。
  • コントロールの全エリアが全て中立な状態から対戦が始まるようになった。
  • エリアに他のガーディアンがいると(最大人数は3人)、奪取のスピードが速くなる。
  • アイアンバナー・コントロールのプレイリストから「皇帝の休息」を削除した。
  • パワーウェポン弾
    • 味方、敵チーム側にあるパワーウェポン弾の弾薬箱のリスポーン時間を90秒から45秒に短縮。
    • 味方、敵チーム側にあるパワーウェポン弾の最初の弾薬箱のリスポーン時間を90秒から30秒に短縮。

クルーシブルのゲームプレイ、弾薬の改善

  • クイックプレイ(クラッシュ、コントロール、闘魂)の対戦時間が10分に延長され、スコア上限もそれに応じて変更された。

全モード

  • アシストと記章の奪取につながったキルの時間を2秒から2.5秒に延長。
  • キルとアシストから得られるスーパースキルのエネルギーを増加。
  • パワーウェポン弾を持っている状態で倒されたプレイヤーはパワーウェポン弾を全て失い、その50%をドロップする。
    • この弾薬はどのプレイヤーも目視して拾うことができる。
    • この弾薬は30秒後に消失する。
    • この弾薬を拾う時は、ただ上を歩くだけでは拾えず、0.25秒間接触している必要がある。
    • この時にダメージを受けると、拾う時間がリセットされる。

クイックプレイ

全モード

  • 対戦時間が10分に延長され、スコア上限もそれに応じて変更された。
  • クイックプレイの全ゲームモードでのリスポーン時間を5秒から2秒に短縮。
  • 味方、敵チーム側にあるパワーウェポン弾の弾薬箱のリスポーン時間を90秒から60秒に短縮。
  • クラッシュ、闘魂の中央にある弾薬箱に関しては変更なし。
  • ヘッドアップ表示からプレイヤーのスーパースキル表示を削除した。
    • ただし、死亡画面もしくはナビモード(ゴーストを出している時)で依然確認することができる。
    • 対戦モードでのスーパースキル表示に関しては変更なし。

コントロール

  • 味方、敵チーム側にあるパワーウェポン弾の最初の弾薬箱のリスポーン時間を90秒から30秒に短縮。
  • エリアの奪取によって得られるスーパースキルエネルギーの量を変更。
    • エリアを奪取しているチームのメンバーは、以前に比べて得られるスーパースキルエネルギーが少し減少した。
    • エリアを実際に奪取しているプレイヤーは以前の2倍の量を得られる。

クラッシュ、闘魂

  • 味方、敵チーム側にあるパワーウェポン弾の最初の弾薬箱のリスポーン時間を90秒から60秒に短縮。

対戦モード(ナインの試練を含む)

全モード

  • レーダーが取り除かれた
  • デザイン備考: 側面攻撃をもっと可能にし、個人の力をもっと活かせるようにするため。

ライフリミット

  • 中央にあるパワーウェポン弾の弾薬箱のリスポーン時間を75秒から45秒に変更。
  • リスポーン時間を7秒に短縮。

カウントダウン

  • 味方、敵チーム側にあるパワーウェポン弾の弾薬箱のリスポーン時間を60秒から45秒に変更。
  • 蘇生ができない時間を20秒から7秒に短縮。
  • 死亡しても蘇生トークンを失わなくなった。

クルーシブルにおけるパワーウェポン弾の弾薬箱

ロケットランチャー

  • 修正後:1発
  • 修正前:2発

ドラム型グレネードランチャー

  • 4発(変更なし)

単発式グレネードランチャー

  • 修正後:6発(武器の弾薬所持数により変わる可能性あり)
  • 修正前:4発

スナイパーライフル

  • 修正後:6発
  • 修正前: マガジン2つ分、ただし最大6発まで

ショットガン

  • 修正後:5発
  • 修正前: マガジン2つ分、ただし最大4発まで

スラグショットガン

  • 修正後:6発
  • 修正前: マガジン2つ分、ただし最大4発まで

フュージョンライフル

  • 修正後:5発
  • 修正前: マガジンのサイズによるが4~5発

ワードクリフ・コイル

  • 1発(変更なし)

  • 修正後:6振り
  • 修正前:全体エネルギーの30%で最大9振りまで

リニア・フュージョンライフル

  • 修正後:4発
  • 修正前: マガジン2つ分、ただし最大6発まで

ザ・プロスペクター

  • 修正後:8発
  • 修正前:4発

アクリウスの伝説

  • 修正後:4発
  • 修正前: マガジン2つ分、ただし最大4発まで

トラクターキャノン

  • 修正後:6発
  • 修正前: マガジン2つ分、ただし最大4発まで

コロニー

  • 4発(変更なし)

D.A.R.C.I.

  • 修正後:8発
  • 修正前: マガジン2つ分、ただし最大6発まで

ボレアリス

  • 修正後:8発
  • 修正前: マガジン2つ分、ただし最大6発まで

『Destiny 2』の発売日はPlayStation 4/Xbox One版が2017年9月6日、PC版は2017年10月24日。拡張コンテンツ第1弾「オシリスの呪い」は12月6日に配信。

Source: Bungie