CoD:WWII:新ウォー・モード「OPERATION HUSKY」詳細判明、最終地点は高速ドッグファイト

CoD:WWII:新ウォー・モード「OPERATION HUSKY」詳細判明、最終地点は高速ドッグファイト

第2弾DLC「The War Machine(軍事機構編)」の公式トレーラーも公開された『Call of Duty: WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』ですが、「軍事機構編」に含まれるウォー・モード「OPERATION HUSKYI(ハスキー作戦)」の詳細がPS Blogにて公開されました。

新ウォー・モードマップ:OPERATION HUSKY

CoDWWII-DLC2-OPERATION HUSKY

「OPERATION HUSKYI(ハスキー作戦)」は史実にもある軍事作戦で、第二次世界大戦中の1943年7月10日から開始された、連合軍によるイタリアのシチリア島への上陸作戦です。枢軸軍によってコントロールされていたシチリアを巡る戦いで、1941年以来はじめて地中海が解放される一連の出来事の引き金になった作戦です。また、あのムッソリーニの失脚に繋がり、イタリアの連合軍侵攻の道を切り開いた大きな出来事でもあります。

プレイヤーは、連合側ではシチリア州南部の都市、ラグーザに駐在する兵士として枢軸軍を爆撃するためのキーとなる情報を集めるのがミッションとなり、枢軸側では連合軍の侵攻とミッションを阻止することが目的となります。

連合側が勝利するには3つのキーとなる目標があり、その目標が下記となります。

CoDWWII-DLC2-OPERATION HUSKY
3つの目的が用意されている

目標1: 情報を回収する

「OPERATION HUSKY」の開始と同時に、プレイヤーは仲間とともに3つのキーとなる情報の断片を夜陰に乗じて回収しなければいけません。情報の2つは枢軸軍によってコントロールされた建物の上階に、残りの1つは下階のガレージに位置しています。連合軍は防衛されているエリアを突破するために火炎瓶を使用することができますが、使用できる数量が限定されています。枢軸側は攻め入る敵を待ち伏せするための有刺鉄線が使用できますが、これも使用できる数量が限定されています。

枢軸側では、攻め入ってくる敵を阻止するためにいくつかの建築可能な壁を設置できますが、全ての入り口を塞ぐことはできません。連合軍と守らなければならない情報までの距離は遠くなく、注意深く有刺鉄線を設置し、可能な限り入り口を塞ぎ、敵の動向に目を凝らすことが必要になります。

連合側では、突撃の前に敵を殲滅して情報を素早く奪い取るために火炎瓶がとても有効です。ただし、火炎瓶の数は限られているので注意が必要です。情報を回収したら、連合軍の司令部となっている教会まで運びます。教会は枢軸側の建物と道路を挟んだ場所に位置しています。

Tip: 正面のドアを入ってすぐに小さい台があり、連合側が情報を持ち帰る敵を狙い撃つには最適の場所となっているので注意が必要です。

目標2: 情報を送信する

連合側が3つのキーとなる情報の断片を集めた次は、司令部に情報を送信するために、さらに前線を押し上げて枢軸軍が占拠しているラジオ局を奪還しなくてはいけません。複数階に分かれた建物は、機関銃巣と2つの建築可能な壁によって要塞化されており、守ることも難しいですが、時に攻めるのも難しい場所となっています。

連合側は、建築可能な壁に爆薬を仕掛けることに集中するか、壁を無視して左側に設置してあるマシンガンめがけて突入し、建物上部からの侵入経路を確保することもできます。ミッションを完了するには、通信が完了するまで完全にラジオ局のコントロールを握った状態を保つ必要があります。

枢軸側は、壁と防衛設備を維持することに集中しつつ、上層階にも兵士を配置して機関銃を避けて通ろうとする敵兵に対抗します。有効なアイテムはS-マインで、利用することで上層階のルートを潰すことができます。もし有刺鉄線が余っているようであれば、出入り口の障害物としてパーフェクトな働きを見せます。

Tip: 両陣営にとって、ラジオ局内の小さなスペースではスモークグレネードが大きな混乱を生み出します。攻めと守りにおいても混乱を生み出したいときは必ず1つ携行するようにしましょう。

目標3: 空へ

もし連合側が司令部への情報送信に成功した場合、シシリア上空で適機とドッグファイトをする戦闘機のコックピットからシーンが始まります。連合側は敵の戦闘機を撃墜し、爆撃機を防衛し勝利を。枢軸側は敵の戦闘機を全滅させ爆撃を阻止することで勝利を目指します。

連合側のパイロットは、爆撃機を守り標的のエリアにまで前進させなければいけません。枢軸側のパイロットは、連合側の戦闘機を撃墜し連合側の勝利を阻止しなければいけません。

空中戦の簡単な説明: 左スティックで対気速度をコントロール、右スティックで機体を操作、L2で前面のエイムをフォーカス(ADSと同様)、R2で機銃を発射します。これが基本となりますが、ゲーム内でより多くの操作が存在することが分かるでしょう。

とてもペースの早いレベルとなっており、ミスできる猶予はとても少ないです。もし敵機が背後についた場合はブレーキをかけて敵機が行き過ぎるのを祈るか、回避行動を取るかを選択します。ドッグファイトは敵機に対して良い角度を得るために旋回を繰り返すゲームです。真正面から戦うこともできますが、背後から不意をつくことが敵機を落とす鍵となります。ただし敵機も何発かの射撃には耐えられるのもあり、ターゲットされていることを知った敵機は回避するために全力を尽くすので注意が必要です。

Tip: ドッグファイトの戦闘領域はとても広大ですが、まわりにある境界を常に意識しましょう。境界を超えてしまうと墜落の憂き目にあってしまいます。

CoD:WWII DLC2「軍事機構編」トレーラー

下記トレーラーで「OPERATION HUSKY」の一旦を確認できます。

Official Call of Duty®: WWII – The War Machine DLC 2 Trailer

CoD:WWII:DLCパック2「軍事機構編」は4月10日にPlayStation 4へ先行配信され、Xbox OneとPCへの配信は5月10日前後だと予想されます。

『CoD:WWII』の発売日は2017年11月3日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: PlayStation.Blog