4Kパススルーに対応したキャプチャーデバイス「Live Gamer Portable 2 PLUS」4月24日発売

4Kパススルーに対応したキャプチャーデバイス「Live Gamer Portable 2 PLUS」4月24日発売

アバーメディア・テクノロジーズは、ゲームの録画・ライブ配信用キャプチャーデバイス「Live Gamer Portable 2 PLUS(型番:AVT-C878 PLUS)」を4月24日から発売すると発表しました。

このデバイスでは4Kパススルーに対応し、4K画質でプレイしながら1080p・60fpsで録画・配信できます。またPCを経由する「PCモード」とPC不要の「単体録画モード」の2つを搭載し、動画編集ソフトウェア『PowerDirector 15 for AVerMedia』のライセンスキーコードも付属。初めての人でも録画した動画を編集し、そのままシェアすることができます。以下プレスリリースより。

Live Gamer Portable 2 PLUS 「AVT-C878 PLUS」

【AVT-C878 PLUS パッケージ・製品本体】

「PCモード」/「単体録画モード」を搭載、1080p/60fps画質の録画に対応

「AVT-C878 PLUS」はHDMI入出力端子を搭載しているため、HDMI出力可能なゲーム機、デバイスの映像を録画・ライブ配信することができます。ゲームプレイの環境に合わせて、「PCモード」、「単体録画モード」の2つのモードから選択できます。いずれも1080p/60fpsの高画質録画を実現できます。

4Kパススルーに対応

PS4 Pro、XBOX ONE Xなどの4K出力対応のゲーム機と接続すれば、4Kの画面をプレイして、同時に配信・録画できます!(※4Kパススルー出力機能はHDR非対応です。)

録画・ライブ配信画面のカスタマイズも可能な専用ソフトウェア『RECentral』付属

RECentral(最新バージョン:RECentral Ver 4.x)は録画・ライブ配信・動画共有をするためのソフトウェアです。「シングルモード」「マルチモード」両モードを搭載し、簡単設定で、録画、配信画面のカスタマイズができます。これを使えば、初心者でもすぐにTwitch、ニコニコ生放送、YouTube Liveなどでライブ配信が可能です。

『PowerDirector15 for AVerMedia』付属

「AVT-C878 PLUS」には、ビデオ編集ソフト、CyberLink社製『PowerDirector 15 for AVerMedia』のライセンスキーコードが付属します。操作が簡単で、これから動画の編集を始める人でも使いこなす事ができます。録画した映像をPowerDirectorで編集したり、字幕やタイトルを挿入したり、

ユニークなエフェクトを追加したりして、そのままYouTubeなどの動画シェアサイトにアップロードしてネット上でシェアできます。

※『PowerDirector15 for AVerMedia』は完全版ではなく一部の機能が制限されています。

SDXCメモリーカードで連続録画可能

AVT-C878 PLUS

AVT-C878 PLUS

「AVT-C878 PLUS」は「exFAT形式」のSDXCメモリーカードを対応しており、単体録画モードで長時間の連続録画をした場合でもファイルは分割されません。(FAT形式の場合は一つのファイルが最大4GBに分割されます。)

製品情報

  • メーカー:AVerMedia TECHNOLOGIES(アバーメディア・テクノロジーズ株式会社)
  • 製品名:Live Gamer Portable 2 PLUS
  • 型番:AVT-C878 PLUS
  • JANコード:4710710678913
  • 発売時期:2018年4月24日
  • 店頭想定価格:23,000円前後(税別)
  • 製品情報URL:https://www.avermedia.co.jp/product_swap/avt-c878plus.html

Source: Press Release