CoD:Nameless選手が引退へ、『CoD2』から第一線で活躍し続けた“レジェンド”

CoD:Nameless選手が引退へ、『CoD2』から第一線で活躍し続けた“レジェンド”

『Call of Duty(コール オブ デューティ)』シリーズのeスポーツプレイヤーであるNamelessことアンソニー・ウィーラー選手(24)が、今シーズンの残りの競技シーンに登場しないことを発表。事実上の引退を表明しました。

過去には「CoD Championship 2014」で準優勝

彼は12歳の頃から『CoD 2』のチームラダーに参加し、以降12年間に渡ってeスポーツの第一線で活躍してきました。『CoD:Ghosts』の「CoD Championship 2014」ではTeam Envyのメンバーとして準優勝を収めています。今シーズンもEvil Geniusesのメンバーとして「CWLプロリーグ ステージ1」に参加していましたが、5勝9敗と大きく負け越してしまいます。メンバー落ち後はCWLシアトルオープンでキャスターを務めたり、独自のストリーミング番組「CoD Cast」を放送しつつ現役続行の道を模索していましたが、どのチームも獲得せず。今回の決定に至りました。

Nameless選手の発表

『CoD』を2006年からプレイし続け、イベントに参加し始めたのは2010年。人生の12年という時間を「CoD」の競技シーンに費やしてきました。私は24歳なので、人生の半分を『CoD』メインで打ち込んできたことになります。

このコミュニティーが大好きです。どこか遠い場所に行くというわけではないですが、今後このゲーム(CoD:WWII)で競い合うことはしません。

このようなことを言うと、ほとんどの人にとってはプロフェッショナルとしてのキャリアを終わることを意味するのは知っています。もちろん引退という考えはありますし、『CoD:BO4』で競技をするかは自分でも分かりません。

自分が置かれている立場を考えると、より賢い選択というだけです。プロチームにいると給料が支払われます。チームから放出されると給料は無くなりますし、その後も何の保障もありません。

もし、リーグに属していないトップレベルのチームを1から作るとなると、組織から与えられる給料は以前の水準より大きく下がりますし、獲得可能なプレイヤーの質もごく平均的なものになります。つまりチームのパフォーマンスは奇跡と練習に依存することになり、プロリーグの全てのチームは最低限それを満たした上で存在しています。

まだ自分がトップレベルで競い合うことができると感じていますし、今年はそれが真実であることを見せられたと思っているので残念です。しかし、自分の立場を考えるとトップに返り咲くのは非常に難しいでしょう。

自分でも良く考えましたし、友人とも話してこの結論に至りました。正直なところ人生で最も難しい決断でした。このコミュニティーでサポートしてくれた全ての人に感謝しています。当然ながら業界の側には残りますが、コントローラーを握っていないかもしれないということです:(

すでに計画していることがあり、それに関しての情報は近日中に公開します。それまで私のフルタイムの仕事はコンテンツ作りとなるので、もしまだ見たこと無い人はストリームをチェックしてみてください!

Nameless選手の過去の主な成績

  • MLG Dallas 2011:準優勝
  • MLG Anaheim 2011:5位
  • UMG Championships:優勝
  • MLG Spring Championship 2013:5位タイ
  • MLG PAX Prime Invitational 2013:優勝
  • UMG Philadelphia 2014:3位
  • Call of Duty Championship 2014:準優勝
  • Gfinity 3:優勝
  • UMG Dallas 2014:準優勝
  • MLG CoD League Season 3 Playoffs:優勝
  • MLG Pro League AW Season 1 Playoffs:5位タイ
  • MLG Pro League AW Season 2 Playoffs:4位
  • UMG Washington DC 2015:5位タイ
  • MLG Anaheim Open 2016:5位タイ
  • 2016 NA CWL Stage 2 Playoffs:3位タイ
  • MLG Orlando Open 2016:5位タイ
  • 2017 CWL Anaheim Open:5位タイ
CWL Anaheim Open All-Star Match Highlights

衝撃:“OpTic Gaming”のNaDeSHoT、プロ活動の休止を宣言