IOC「eスポーツはスポーツとしてアリ」、オリンピック採用なるか

IOC「eスポーツはスポーツとしてアリ」、オリンピック採用なるか

国際オリンピック委員会(IOC)と国際競技連盟連合(GAISF)は21日、eスポーツとオリンピックの今後をテーマにした討論会をスイスのローザンヌで共催しました。共同通信などが報じています。

オリンピックの種目採用なるか?

IOCは昨年にも正式種目採用に向けた声明を公表しており、今回は初めて実施に向けた意見交換が行われました。参加したのは各国際競技連盟やゲーム業界の関係者、五輪出場経験者、そしてeスポーツのプロ選手。IOCのバッハ会長は「スポーツ活動として考えられる」とする一方、「まだ答えはない。対話を続け、見極めないといけない」とオリンピック採用を模索している模様。

もちろん正式種目に至るまで多くの壁があることは事実。競技のレギュレーションのほか、「平和の祭典」にそもそもどのタイトルを正式種目にするかも議論ががありそうです。

2020年の東京オリンピックには間に合わせるには厳しい雰囲気ですが、2024年のパリオリンピック・2028年のロサンゼルスオリンピックには期待できるような感触も感じます。

ゲーマーメダリストが登場する日も遠くないのかもしれません。