CoD:BO4: レベル34までにアンロックできる、武器・Perk・装備・ギア・スコアストリーク詳細

CoD:BO4: レベル34までにアンロックできる、武器・Perk・装備・ギア・スコアストリーク詳細

開催中の先行ベータのレベルキャップが解放され、今後さらに解放予定であることが明かされた『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』ですが、レベル34までにアンロックされる武器、Perk、スコアストリークなどの詳細リストです。

レベル1〜4 – 6つのデフォルトクラス

それぞれに戦闘特性を持った6つのデフォルトクラスを体験。

  • デフォルトクラス
    • Breach(ラン&ガン)
    • Mercenary(初心者向け)
    • Support(スコアストリーク撃墜)
    • Sentinel(レーンのコントロール)
    • Marksman(スナイパー)
    • Hunter(セカンダリ武器とコンバットアックス)
  • スコアストリーク
    • UAV
    • Hellstrom(ヘルストーム):遠隔操作のクラスター爆弾を搭載したミサイル
    • Attack Chopper(戦闘ヘリ):支援ヘリコプターを要請

レベル5 – 3つのカスタムクラススロットとその他

デフォルトクラスに慣れてきたところで、自分のクラスを作成。下記の選択肢から選べる。

  • メイン武器
    • ICR-7(アサルトライフル)
    • MX-9(SMG)
    • Titan(LMG)
  • サブ武器
    • Strife(ハンドガン)
    • Hellion Salvo(ランチャー)
  • ギア
    • Equipment Charge(装備チャージ):装備とSPウェポンのリチャージを加速
    • Stim Shot(スティムショット):武器をコントロールしている間は回復が加速し、その頻度も増える
    • COMSEC デバイス:装備するとスコアストリークのコストが減少
  • Perk 1
    • Engineer(エンジニア):壁越しに敵の装備やスコアストリークを探知。リロールやブービートラップのケアパッケージ(を作成?)
    • Cold Blooded(コールドブラッド):スコアストリーク照準システムへの耐性を持つ
  • Perk 2
    • Scavenger(スカベンジャー):倒れているプレイヤーから弾薬を補充
    • Lightweight(ライトウェイト):移動速度が上がり、落下ダメージを受けない
  • Perk 3
    • Team Link(チームリンク):壁越しにチームメイトが見えるようになり、自分と味方のミニマップ内視野が拡大
    • Ghost(ゴースト):移動中、爆弾の設置/解除中、スコアストリークの操作中に敵のUAVに探知されなくなる。また装備中、敵のセンサーダートとビジョンパルスからの補足時間が短くなる
  • ワイルドカード
    • Primary Gunfighter 1(メインガンファイター1):メイン武器にアタッチメントスロットを1つ追加
    • Secondary Gunfighter 1(サブガンファイター2):サブ武器にアタッチメントスロットを1つ追加
    • Primary Operator Mod(メインオペレーターMOD):メイン武器のオペレーターMODをアンロック
    • Secondary Operator Mod(サブオペレーターMOD):サブ武器のオペレーターMODをアンロック

レベル6〜8 – さらに3つのカスタムクラス、Gear & 武器

レベル8までに各クラスの武器のサンプルを入手可能

  • メイン武器
    • Auger DMR
    • Paladin HB50
  • サブ武器:MOG 12 Shotgun
  • ギア
    • Armor(ボディーアーマー):1発めのダメージへの防御力を高める
    • Acoustic Sensor(音響センサー):敵の移動音が聞こえやすくなり、ミニマップインジゲーターが表示される

レベル10 – 万人向けのアサルトライフル & Greed

ICR-7と比べて攻撃力は高いが精度が若干落ちるKN-57に加え、エンジニアとコールドブラッドなどが同時に装備可能になるPerk 1 Greed Wildcard(ワイルドカード「PERK1グリード」)が登場。

  • スコアストリーク:RC-XD:爆発物付きの遠隔操作車両

レベル13 – SMGとSide of Perk Greed

SMGのファイアレートとアサルトライフルが得意とされる距離で戦える射程を兼ね備えているGKSに加え、Perk 2スロットを2倍にするワイルドカード「Perk2グリード」が登場。

爆発物をさけるためにアンロックしたトロフィーシステムを装備するのもあり。

レベル16 – スナイパーライフル、さらなるグリードと腰だめ撃ち強化

大きさに反して取り回しが容易なボルトアクションライフル「Koshka Sinper Rifle」が登場。クイックドローとレーザーサイトをアタッチメントとして有しており、動き回りたいスナイパーにはピッタリの武器になっている。

さらにPerk 2の「Gung-Ho(ガンホー)」を組み合わせるか、ワイルドカード「Perk 3 グリード」でスロットを増やすのもあり。

  • スコアストリーク:Care Package(ケアパッケージ):ランダムなスコアストリークを空中投下

レベル22 – 2つのライフル、Weapon Wildcard、アックス

自分の好みを見つけるには十分な武器とPerkのバラエティーが揃いはじめ、ロードアウトのカスタムスロットが具体化してくる頃合い。

16レベルから22までにアンロック可能なものが下記。

  • プライマリ武器
    • ABR 223(タクティカルライフル)
    • Rampart 17(アサルトライフル)
  • 装備:Combat Axe(コッバットアックス)
  • Perk 1:Flak Jacket(フラックジャケット):敵の爆発物ダメージを軽減
  • Perk3:Tracker(トラッカー):敵のデジタルフットプリントが見える
  • ワイルドカード
    • オーバーキル:プライマリ武器を2つ選択できる
    • アンダーキル:セカンダリ武器を2つ選択できる
  • スコアストリーク:ストライクチーム:武装した2人の精鋭がヘリから降下し地点を一掃する。□長押しで指示を出せる

レベル25 – 2つの武器 & レベルキャップ!

ベータ1日目のレベルキャップに到達。最もファイアレートの早いSMGとリボルバーピストルが登場。

  • メイン武器:Spitfire(SMG)
  • サブ武器:Mozu(ハンドガン)
  • Perk 3:Dexterity(デクスタリティ):乗り越え、登り、スライディング、武器の切り替えを高速化、ジャンプまたは乗り越え中の武器精度が向上。
  • スコアストリーク:セントリー:敵のプレイヤー、車両、装備などを自動で攻撃する強力なターレット

レベル31 – アサルトライフル、SMG、デッドサイレンス

ここからは報酬の質もどんどん上がり続ける。Vapr-XKGは機動性と安定した射程が特徴。Cordite’s 60-roundはマガジン容量によってリロード回数を抑えることができる。その他の報酬は下記。

  • 装備: Frag Grenade(フラググレネード)
  • Perk 3: デッドサイレンス:音を立てずに移動可能。また音響センサーに探知されない。
  • ワイルドカード:
    • メインガンファイター: メインウェポンでのアタッチメントスロットを追加で1個アンロックする
    • Perk 1 グラトニー:3つの全てのPERKスロットを使い、PERK1からPERKを選択
    • Perk 2 グラトニー:3つの全てのPERKスロットを使い、PERK2からPERKを選択
  • スコアストリーク
    • ライトニングストライク:3箇所を指定して同時に空爆する
    • マンティス:4つ足の戦闘用ロボット。遠隔操作が可能

レベル34 – セミオートショットガン、長距離バースト、レベルキャップ

2日目のレベルキャップ。初となる連射可能なセミオートショットガンに加え、非常に精度の高い4発バーストのSwordfishも登場。その他のアンロックは下記。

  • 装備: Molotov
  • ワイルドカード: Perk 3 Gluttony
  • スコアストリーク: カウンターUAV:敵のミニマップを妨害

これらはActivisionの公式ページを参考にしていますが、いくつかミスや抜けがあるようです。ご了承ください。とはいえ楽しいベータ! LMG好きとしては未だに一種類しかないのが不満ですが、レベルキ40までの解放により、さらなる武器やスコアストリークの解放に期待しましょう。

『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』の発売日は現地時間2018年10月12日で、対象機種はPlayStation 4 / Xbox One / PC。

Source: Call of Duty