Destiny 2: パワー上限600までの道のりに関わる変更点公開、「孤独と影」ではエキゾチック報酬のパワーがプレイヤーより上に

Destiny 2: パワー上限600までの道のりに関わる変更点公開、「孤独と影」ではエキゾチック報酬のパワーがプレイヤーより上に

先日武器スロットや戦闘関連の変更が披露された『Destiny 2(デスティニー 2)』ですが、本日Bungieが「孤独と影」で変更されるさまざまな点について膨大な量の新情報を公開しました。当記事では主にパワー上限600への到達に関与する変更点をまとめました。

パワー600への道のり

「孤独と影」では強力な装備の入手方法がこれまでとは変わります。その点についてインベストメントチームが解説しています。

シーズン4の進捗と経済のゴール

  • タワーでパワー値が最大のプレイヤーを見た時に印象を受けていた日々を取り戻したい
  • レベル上げとパワー上げを意味のあるものに
  • 異なるアクティビティから報酬を得た時にプレイヤーが発見を感じられるように
  • 困難な目的を達したとき、報酬は特別かユニークであるべき
  • その週の全てのパワー上げの元がナビゲーターに表示されるべきではない

パワー上げの変更点

  • 「孤独と影」ではコンテンツの難易度により入手できる報酬のパワー値が変更される
  • 「孤独と影」ではレイドの推奨パワーより自分のパワーが低ければ低いほど、高い数値の報酬がもらえる
  • 推奨パワーより自分のパワーが100以上高い状態で強力な装備を入手したときでも、必ずパワーが最低でも1は上がるようになり、まだアクティビティを完了していないプレイヤーに付き添っても恩恵があるようになった
  • 週リセットとは別の間隔で更新される強力な装備が手に入るコンテンツを用意
  • 再びエキゾチック報酬のパワーが常にプレイヤーのパワー値と同等かそれ以上になるように変更

マイルストーン

  • マイルストーンのトレイが更新され、今後はキャンペーンのように特に重要で、繰り返せないクエスト類のみを表示するように
  • 目的地のクエストはインベントリーのハント欄に移動
  • 1年目からのマイルストーンはアクティビティチャレンジに変更
    • 強力な装備を手に入れられるがマイルストーンには表示されず、ナビゲーターのツールチップから確認できる
Destiny 2: パワー600までの道のりに関わる変更点が公開、「孤独と影」ではエキゾチック報酬のパワーがプレイヤーより上に
刷新されるナビゲーター全体図。 新エリア「入り組んだ岸部」と「夢見る都市」が追加。 リヴァイアサンはネッススから選択可能に。
Destiny 2: パワー600までの道のりに関わる変更点が公開、「孤独と影」ではエキゾチック報酬のパワーがプレイヤーより上に
マイルストーンはツールチップから確認可能。画像のマイルストーンはクイックプレイを5回プレイ。

ストライク

8月29日のアップデートで英雄ストライクは引退し、アップデート後から「孤独と影」リリースまではすべてのストライクから戦闘条件が廃止されます。

  • 「孤独と影」のプレイヤー
    • ストライクにパワー300、400、500の3種類の難易度が用意され選択可能に
    • 自分のパワーが各難易度より40高くなると、追い抜かれた難易度は選択不能に
    • パワー500の難易度は常に選択可能
    • ストライクに戦闘条件あり
  • 「孤独と影」非購入者 (以後はレガシープレイヤーと呼称)
    • ストライクは1年目のストライクにマッチング
    • 推奨パワーは200
    • ストライクに戦闘条件あり

ナイトフォール

  • シーズン4では難易度「威光」が廃止され、ベースの難易度が上昇
  • その週でナイトフォールは3種類用意され、どのナイトフォールをプレイするか選択可能
    • 欲しいナイトフォール固有報酬が手に入る週までの待ち時間を短縮
  • 所有していない拡張コンテンツのナイトフォールは選択不可
  • レガシープレイヤーは挑戦カードから戦闘条件を選択可能
  • 非購入者向けの推奨パワーが270のナイトフォールではスコア制なし

瞑想

  • 今後は英雄ストーリープレイリストに変更
  • 新キャンペーンミッションの推奨パワーは500
  • 旧キャンペーンミッションの推奨パワーはそれぞれのリリース時のパワーに基づく
    • レガシープレイヤーでもストーリーを楽しめるようにするため
  • バンガード研究者の印は8月29日のアップデートで廃止、プレイヤーのインベントリからも除去される
  • レジェンダリー版初期装備を手に入れられるのはアップデートまで
Destiny 2: パワー600までの道のりに関わる変更点が公開、「孤独と影」ではエキゾチック報酬のパワーがプレイヤーより上に
イコラから購入できたレジェンダリー版初期装備は8月29日のアップデートから購入不可に。 所有済みの場合は「孤独と影」でコレクションから購入可能

英雄アドベンチャー

  • 各目的地に英雄アドベンチャーが追加
    • 火種の目的地は毎日一つのアドベンチャーが英雄に
  • 水星と火星は現在の仕様のまま
    • 火種の時は毎日英雄アドベンチャーが追加
  • 今後は水星と火星以外の各惑星ベンダーNPCからノーマルアドベンチャーを選択できなくなる

アクティビティの戦闘条件

  • 戦闘条件が英雄アドベンチャー、英雄ストーリーミッション、ストライクで共有される
    • 共有することでその日のPvEの傾向を予測できる
  • シンジは週替わり、バフとデバフは日替わり

経済

  • 惑星素材(EDZならフェーズガラス、ネッススならデータラティス)が評価上げのメインソースに
  • 惑星素材が武器や防具の融合時に消費されるように
  • 1年目は印が手に入った挑戦が廃止、ただし各惑星にバウンティが用意される。報酬は惑星素材
  • 惑星の印とレア惑星素材は廃止、すでに持っている分は持ち越して評価上げに利用可能
  • これまで惑星の印やレア惑星素材を提供していたものは、今後はコモンの惑星素材を提供
  • 銃器技師の評価上げに必要な「銃器技師の材料」の数が40から100に増加
  • シーズン3で入手したアイアンバナー、バンガード、クルーシブルの印はシーズン4でも利用可能
  • ナインの試練はシーズン4では休止され、ナインの印は使用不能
    • ナインの試練再開後にもナインの印が使えるかは未決定

『Destiny 2』は絶賛発売中で、2年目大型コンテンツ「孤独と影」は日本時間9月5日にリリース。対応機種はPlayStation 4/Xbox One/PC。

Source: Bungie