レインボーシックス シージ: 世界王者G2が強さと楽しさで魅せた、野良連合・父ノ背中とのエキシビションマッチ

レインボーシックス シージ: 世界王者G2が強さと楽しさで魅せた、野良連合・父ノ背中とのエキシビションマッチ

CyberZとエイベックス・エンタテインメントが共催する、国内最大級のeスポーツイベント「RAGE 2018 Autumn」にて、『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』のオフラインイベント「RAGE Rainbow Six Siege DREAM MATCH 2018」が9月16日に開催されました。

当日は世界王者G2 Esportsと日本チームの2戦に加え、G2を2チームに分けた混合チームでのスペシャルマッチも見られるなど、盛りだくさんの内容でファンを大いに楽しませてくれました。

DREAM MATCH 2018内容

試合形式 6ラウンド先取・BO1
マップ:国境(固定)

見逃した方はOPENRECからタイムシフト配信でぜひご覧ください。英語版では野良連合からKIZUNE氏、父ノ背中からcabbagest選手の2人が英語で解説しています。

G2 Esports

第1試合 G2 Esports vs 父ノ背中 6-3

第1ラウンドから非常に早い展開で、G2が余裕を感じさせながらも圧倒していく試合展開。3ラウンド目にはHIBANAを除いて盾・シールド持ちで一斉に同じスポーン地点からラッシュするという遊び心も見せました。

第2試合 G2 Esports vs 野良連合 6-0

野良連合は撃ち合いでカバーに入るもG2の次のカバーの早さに追いつけず、メリウス選手が善戦するも押さえつけられ苦しい展開が続きます。PENGU選手の壁越しの決め撃ちも炸裂し、ひたすらに強いG2の姿を見せつけました。

スペシャルマッチ G2ノ背中 vs G2連合 6-3

マップ:ヘレフォード基地

  • G2ノ背中(敬称略)
    • Ramu
    • かっきー
    • PENGU
    • GOGA
    • FABIAN
  • G2連合(敬称略)
    • Wokka
    • Merieux
    • Papilia
    • KANTORAKETTI
    • JNSZKI


6thピックでTACHANKAを選択、会場の盛り上がりに思わず笑みがこぼれるG2メンバー(奥からPENGU、Fabian、GOGA)
このイベントでしか見られないチーム編成で、TACHANKA祭りやCAVEIRAの尋問、ワイドレンジでの撃ち合いなど、選手も会場もただただ楽しい一戦となりました。

告知から開催まで10日程度しかなかったにも関わらず観戦ブースは通路を塞ぐほどの人だかりで、イス席の最前列をゲットできた人は朝6時から並んでいたそうです。また、試合の前後には選手たちがブースに出てファンサービスをしている姿も見られ、G2は大行列ができていてもメンバー全員で全てのファンに丁寧に対応している姿が非常に印象的でした。無料イベントでここまで交流ができることは非常に貴重な機会で、ファンにとっても楽しい思い出になったのではないでしょうか。

TGSでのエキシビションマッチやAPAC決勝など、オフライン大会の開催地は関東に集中しがちですが、生で見られる醍醐味は特別な体験になること間違いなし。都合のつくシージファンは一度体験してみては。

関連記事:

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

Source: RAGE 2018 Autumn