第三次世界大戦FPS『World War 3』:発売2日で販売10万本を突破、ネットワーク問題を謝罪

第三次世界大戦FPS『World War 3』:発売2日で販売10万本を突破、ネットワーク問題を謝罪

The Farm 51は、架空の第三次世界大戦を舞台にしたミリタリーマルチプレイヤーFPS『World War 3(ワールドウォー 3 / WW3)』のアーリーアクセスが開始されましたが、発売からわずか2日で10万本のセールスを達成したことを明らかしました。

『WW3』のリリース当初は接続問題が発生し若干炎上気味でしたが、現在は解消されているようです。

第三次世界大戦FPS『World War 3』

World War 3 – Early Access Release Trailer!

The Farm 51はプレスリリースにて、本作のセールスが大きな成功を収めたもののこれは今後も続く大きな旅の第1歩に過ぎないと強調。更に若干炎上した発売直後の接続問題を謝罪。チームは昼夜を問わずの対策を行っていましたが、トラブルに対する何らかのゲーム内保証を検討中だとしています。

『WW3』のローンチ時にはSteamで11,000人を超える同時接続を記録。その後も平均5,000を推移しています。『PUBG』や『CS:GO』に比べればかわいいものですが、今後のアップデートでの改善や新コンテンツでの躍進に期待しましょう。

関連記事WW3:『World War 3』創設者インタビュー、『バトルフィールド』との差別化は? 日本軍は? DLC無料や日本に嬉しいお知らせも

『World War 3』の対象機種はPC(Steam)で、先行アクセスは10月20日。成功すればコンソール(PS4/Xbox One)でのリリース検討するとしています。

Source: World War 3