『レインボーシックス シージ』シーズン4:「ウィンドバスティオン」の情報解禁第1弾公開、2名のオペレーターと新マップ

『レインボーシックス シージ』シーズン4:「ウィンドバスティオン」の情報解禁第1弾公開、2名のオペレーターと新マップ

ユービーアイソフトは、『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』の新シーズン「Operation Wind Bastion(オペレーション ウィンドバスティオン)」の情報第1弾を公開しました。

「GIGR(モロッコ国家憲兵隊)」所属の2名のオペレーターや、彼らの訓練施設でもある新マップの概要が明かされています。

オペレーション ウィンドバスティオン

「Operation Wind Bastion(オペレーション ウィンドバスティオン)」でレインボー部隊はアトラス山脈に位置する名高い要塞を使う許可を得ることができました。美しいカスバ要塞の中で自分の腕を試すことが出来ます。ここではかつてない屋上からの景色が楽しめますが、オアシスに気を取られすぎずに戦いに集中することを忘れずに。

2名のオペレーター

『レインボーシックス シージ』シーズン4:ウィンドバスティオンの情報解禁第1弾公開、2名のオペレーターと「要塞」マップ

1人目の防衛オペレーター

防衛側オペレーターは威厳にあふれた司令官です。彼は何千人もの兵士を畏れさせたモロッコにある名高いカスバで活躍しています。彼は、モロッコの特殊部隊を導き、将来を築くという重責を自らに課しています。

2人目の攻撃オペレーター

もう一人の攻撃側のオペレーターは風と共に世界中を旅します。彼女はサハラ砂漠やアジアの熱帯雨林、北極圏を横断し、アルプスを登ることができる世界有数の冒険家でありながら、任務も完璧にこなすことができます。鋭い感覚と問題解決能力に優れる彼女は、まさにサバイバルのエキスパートです。

要塞「カスバ」

アトラス山脈にある軍事訓練施設である要塞「カスバ」は、モロッコの南部特有の建築様式を持つ建築物です。プレイヤーはそこで自らの腕を試すことが出来ます。このマップには開けた場所、カバーポイント、近距離と遠距離の射線が存在します。

「オペレーションウィンドバスティオン」の詳細は、11月18日よりブラジルのリオデジャネイロで開幕するプロリーグファイナルで発表されます。

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

Source: UBI