R6PL:リオ世界大会1日目全試合結果、野良連合はRogueを破り世界TOP4入り

R6PL:リオ世界大会1日目全試合結果、野良連合はRogueを破り世界TOP4入り

日本時間11月17日午後10時からリオデジャネイロで開幕した『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』プロリーグSeason8 Finalにて、APAC1位通過“野良連合”が半年ぶりに“Rogue”にリベンジマッチ。接戦を見事制しました!準決勝はFaze Clan戦、日本時間11月19日午前12時30分から、決勝戦は19日午前6時から配信予定です。その他1日目の試合結果も合わせてご覧ください。

R6S リオ世界大会1日目全試合結果

第1試合から接戦が繰り広げられ、第2試合が始まったのは日本時間では深夜の1時半ばにもかかわらずYouTubeのライブ配信には2万人近くの視聴者が集まりました。試合終了は午前4時を回っていましたが視聴者数は2万5000超。まるで時差などなかったような熱い応援が彼らに届きました。

第2試合

野良連合 vs Rogue : 2-1

第1マップ:領事館 4-6
驚異的な撃ち合いの強さを見せるpapilia選手、Merieux選手、そしてWokka選手は飛び出しを決めていくも、Rogueの素早いカバー力や野良連対策が刺さり、第1マップはRogueが勝利。

第2マップ:オレゴン 6-3
野良連合の得意マップの一つでもあり、序盤は少し余裕を感じさせたものの本来の連携力よりも個人技でねじ伏せていった印象。5-2で迎えた8ラウンド目、Rogueの抵抗に一瞬ヒヤリとするものの延長には持ち込ませず野良連合の勝利。この辺りから観客席では野良連コールとRogueコールがぶつかり合い始めていました。

第3マップ:海岸線 6-4
会場の野良連コールが強まり、選手も歓声に応え始めると応援もさらにヒートアップ。オーナーの貴族氏曰く「緊張していたReycyilがようやく覚醒した」と、Reycyil選手も観客席に向かって手を振るなど水を得た魚のように調子を上げていき、3-2で攻守交替。その後も勢いを保ち、NA2位のRogueを破りました。

終始安定していたJJ選手にあの大物配信者からもツイートが。

ハイライトがこちらの動画にまとめられています。

Rogue vs NORA-Rengo | R6 Pro League S8 Finals Highlights

  • Wokka選手による振り返りコメント

各マップのオペレーターBANなど詳細はこちらから確認できます。また、試合のアーカイブはTwitchやYouTubeのレインボーシックス シージ ESPORTSから確認できますが、執筆次点ではまだ全試合分は反映されていないので少し時間が掛かるかもしれません。

日本eスポーツ界の新たな一歩を刻んだ戦いだったと言えます。試合後にRogueコーチのRanger氏、野良連合選手・オーナーにインタビューを敢行しました。その様子は追ってお伝えします。

その他の試合結果

第1試合

ブラジルチームを応援する会場の盛り上がりが伝わるのではないでしょうか。建物に轟音が響くほどの熱狂ぶりでした。

第3試合

誰もが驚いたのはこの試合でしょう。盲腸の手術で急遽入院となったリーダーMagnet選手の代役にコーチのDizzle氏が出場してNA1位のチームをストレートで下してしまったのです。選手自ら「とにかく楽しむスタンスでいたら勝っちゃった!」と驚く顛末。また、コーチの強さもtwitter上では早速ネタになっています。終始楽しそうに試合をする彼らの姿はぜひ配信をご確認ください。

ハイライト版はこちら。

Evil Geniuses vs Fnatic | R6 Pro League S8 Finals Highlights

第4試合

第4試合を迎えたのは現地時間午後7時頃。第1試合から9時間は経過していましたが、会場がブラジルチームを応援する熱気は全く冷めませんでした。王者G2相手にも構わずImmortalsへの猛烈な応援がこの接戦を後押ししたのは間違いありません。

シーズンファイナルの上位4チームにAPAC代表が2チームとも食い込み、NAを追い出しました。野良連の試合では「声援が選手の力に変わること」を、Fnaticの試合では「仲間と心底楽しむことで勝利はやってくること」、すごくシンプルながらも大事なことを目の当たりにしました。準決勝の相手はそれぞれ優勝経験のある強豪チームです。APACファミリーの快進撃を見守りましょう!

関連記事

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

Source: SIEGE.GG