レインボーシックス シージ:「オペレーション ウィンドバスティオン」開発ダイアリー公開、2人の新オペレーターはどのようにして生まれたのか?

レインボーシックス シージ:「オペレーション ウィンドバスティオン」開発ダイアリー公開、2人の新オペレーターはどのようにして生まれたのか?

ユービーアイソフトは『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』の新シーズン「オペレーション ウィンドバスティオン」の開発ダイアリーを公開しました。2人の新オペレーター「Kaid」「Nomad」の設定などが明らかになっています。

「オペレーション ウィンドバスティオン」開発ダイアリー

Nomadは裕福な家庭に生まれ、どんな環境にも耐えられるタフさを持つとのこと。夢は「世界初となる女性の南極大陸の単独徒歩横断」。エアジャブランチャーのノックバック効果は「アウトブレイク」で追加したものを利用しています。

Kaidは要塞の現司令官で、アイコンにもあるダガーはその証。要塞には先代司令官から引き継がれたダガーが展示されています。興味深い開発ダイアリーは以下の映像をご覧ください。

『レインボーシックス シージ』「オペレーション ウィンドバスティオン」開発ダイアリー

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。