WoT 祝砲 新時代の祝砲を鳴らせ!!

スピーディーでハイクオリティなアクションFPS『Bright Memory – Episode 1』の早期アクセス開始、「圧倒的に好評」で720円

スピーディーでハイクオリティなアクションFPS『Bright Memory – Episode 1』の早期アクセス開始、「圧倒的に好評」で720円

インディーデベロッパーFYQD Personal Studioが手がける新作アクションFPS『Bright Memory – Episode 1(ブライトメモリー / 光明记忆)』のSteam早期アクセスが開始されました。「Bright Memory」は、1人称視点のアクションシューティングゲームで、プレイヤーは様々なスタイルの特殊能力をコントロールし、スキルの組み合わせでスタイリッシュなコンボを作ることが出来ます。

Bright Memory: Episode 1 公式トレーラー

Bright Memory – Episode 1 Official Trailer

Bright Memory について

作品の舞台は2020年。自然科学研究機関SROは古代の刀の中に、死んだ生き物を蘇らせる素材を発見しました。その素材を狙って第三者軍事組織SAIが研究所を襲撃します。SAIの陰謀を阻止し、真実を知るために、北極圏の端にある古代の生き物が住むland of skyと呼ばれる場所で、刀や銃とともに様々な特殊能力で戦う自然科学研究機関SROのShelia(シェリア)の戦いを描きます。

トレイラーではスピーディーでハイクオリティなゲームシーンが紹介されていますが、なんと本作は開発者のZeng Xiancheng氏がたった1人で空き時間に開発しているようです。ストーリーの長さは30分〜1時間程ですが、完成度の高さやチュートリアルの充実、積極的なデバッグも含めてか、評価は「圧倒的に好評(2,613)」となっています。

Bright Memory スクリーンショット

フルバージョンはどうなる?

現在は制作時間が限られているためエピソード販売となっていますが、フルバージョンでは武器の追加、敵をキルするインタラクション、前方へのスライディングといったスキル、2時間ほどのゲーム体験、フォトモードの追加、アチーブメント(実績)対応などを予定しています。

『Bright Memory – Episode 1』の配信日は2019年1月12日で対象機種はPC(Steam)。「Episode 1」の価格は720円です。ただし現在サポートされている言語は英語と中国語のみとなっています。

Source: Steam

コメント

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By poko suzakun

    めっちゃ日本の中高生男子が好きそうで内容もかなりスタイリッシュでストレスフリーな感じだし良ゲーだよねCS機にフルバージョンで販売すれば売れそう
    スマホ勢がこれを遊んでCS機のゲームを購入する流れ出るとゲーム人口増えてPCゲーの洋ゲー辺りも翻訳数増えたりしないかなぁ

  2. By かつてゆうゆうだった人

    これまじで面白いよ。
    FPSゲームとは思えないデビルメイクライのようなスタイリッシュさがすごい良かった。
    言語が分からなくても、ナビがあるからクリアはできるしね

  3. By Guest

    なんか荒野行動のキャラみたいな顔

  4. By 小島じゃねーよ小嶋だよ

    某とうもろこし実況者が紹介してたな

コメントする