CoD:BO4: ゾンビ新要素「ファクション」が次回オペレーションで追加、予定より早く5月〜6月にかけてリリースか

CoD:BO4: ゾンビ新要素「ファクション」が次回オペレーションで追加、予定より早く5月〜6月にかけてリリースか

期間限定でブラックオプスパスのマップが無料開放となり、さらに4種のダブルXPが一挙開催された『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』ですが、2019年の下旬に実装されるとされていたゾンビモードのファクション機能が「次のオペレーション」で追加されることが明らかになりました。

Treyarchの公式ツイートから判明

ファクションがいつリリースされるかを訪ねたユーザーに、Treyarchの公式ツイッターが返信したことから明らかになったもの。「ファクションは次のオペレーションで計画されている。チームは現在次の大規模アップデートでAncient Evil(DLC 2)に加え、Dead of the Nightのガントレット、サーバーポーズ、分割画面ポーズなどをリリースすることに集中している」としています。

現在のオペレーション「Grand Heist」は現地時間の4月30日に終了。次のオペレーションは5月から6月にかけて行われると予想されています。

ファクション(陣営)とは?

Treyarchが去年のコミコンで語ったファクションは、独自のクエストとストーリーで構成されるもので、ストーリーに別の次元を追加する要素となるとのこと。プレイヤーは「Bloodfaith」、「Tempus Novi」、「Dustborn」、「The First Legion」の中から自分が組するファクションを選択可能。

さらに、Treyarchが1月15日に投稿したブログポストでは、ファクションは全ゾンビマップとゲームモードに渡る12のユニークなチャレンジイベントで構成されるシーズン制となっていて、チャレンジを完了すると今までにないキャラクターのカスタマイズアイテムを獲得可能。 各イベントを完了するとファクションに基づいた物語が明らかになり、ゾンビの世界観がさらに重厚なものになる。とされています。

かなり大規模な機能となることから、実装には時間を要するため2019年下旬とされていましたが、予想よりも早いリリースとなる模様です。続報にご期待下さい!

『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』の発売日は2018年10月12日で、対象機種はPlayStation 4 / Xbox One / PC。

コメントする