RAGE 2:国内発売日が6月6日に決定、一部ゴア規制の比較映像も

RAGE 2:国内発売日が6月6日に決定、一部ゴア規制の比較映像も

ベセスダ・ソフトワークスは、世紀末オープンワールドFPS『RAGE 2(レイジ 2)』の国内発売日が6月6日に決定したと発表しました。海外発売日(5月14日)から1か月程度遅れての発売となります。

ゴア規制はあり

RAGE

社会や法、秩序さえも存在しないディストピア。『RAGE 2』では、混沌の宴へとプレイヤーを誘う――この世界ではどこに行こうと、何を撃っても、全てを爆破しても構わない。

本作は2011年にリリースされた『RAGE』の続編で、小惑星の衝突により崩壊した地球を縦横無尽に駆け回るハチャメチャFPS。日本での発売も以前から決まっていましたが、ようやくリリース日が決まりました。

ただし日本の販売にあたり、レーティング基準に則すため分離欠損表現や一部オブジェクトの削除・変更が行われるとのこと。この点は『Fallout 76』がゴア規制なしで販売されたこともあって、少し残念に思う人もいるかもしれません。

『RAGE 2』の発売日は2019年6月6日(海外版)で、対象プラットフォームはPC / PS4 / Xbox One。

Source: @Bethesda_jpn

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. バイオハザード7とは違って事前告知があるだけ良心的だね。

コメントする