オーバーウォッチ:バスティオン対策を考える。 高レベル帯の対策動画

オーバーウォッチ:バスティオン対策を考える。 高レベル帯の対策動画

初心者には特にやっかいな『Overwatch(オーバーウォッチ)』のバスティオンですが、高レベル帯でも対処には苦労することもあります。特に戦法の一つでもある、バスティオンを主軸に添えたバスティオン特化チームには、なかなか破れないで苦労したユーザーもいるのではないでしょうか。そんな中、とある高レベル帯のプレイヤーが対策の一つとなりそうな映像を公開しました。

バスティオン対策

プレイヤーはライバル・プレイにてマーシー付きアッシュで目を見張る活躍を見せるものの、相手チームのバスティオン全盛りに苦戦。チームはティーバッキング煽りまで頂戴します。作戦を変えざるを得なくなった彼らが取ったその方法は…。

GALE INSANE ASHE-60 ELIMS! POTG! ASHE+BASTION GAMEPLAY SEASON 15

結果は高い連携でバティストやオリーサ、アナをうまく活用した戦法。野良では連携も難しく、一瞬で形勢が逆転するので気が抜けない手法です。筆者も突如拠点内にこの連携で籠もられたときは絶望しましたが、現状バスティオンにはバスティオンということで、ほぼミラーにするのが最適解なのかもしれません。

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4、Xbox One(海外のみ)、PC。

コメントする