レインボーシックス シージ:アップデート配信、EchoのYokaiドローンやJackalの追跡アビリティが弱体化(TTS)

レインボーシックス シージ:アップデート配信、EchoのYokaiドローンやJackalの追跡アビリティが弱体化(TTS)

ユービーアイソフトはPC版『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』のテストサーバー(TTS)へアップデートを配信しました。

今回はシールド持ちオペレーターとEchoのYokaiドローン、Jackalの追跡アビリティが弱体化。またMaverickもサウンド修正によりトーチがバレやすくなっています。一方で、GlazやNokkはアビリティの使いやすさが改善されています。

テストサーバー バランス調整

シールドを持ちながらの腰撃ち

  • 腰撃ちの射角を増加。バリスティックシールドを装備している場合の腰撃ちペナルティを共通化

バリスティックシールドの近接攻撃

  • バリスティックシールドを装備した状態での近接攻撃が、キルではなく負傷状態になるよう変更

ECHO(エコー)

  • Yokaiドローンのソニックバーストによる混乱状態のベースとなる効果時間を、10秒から7秒に減少

GLAZ(グラズ)

  • 移動時または回転時に、サーマルビジョンの視界ペナルティが発動するまでの時間を短縮。移動時の全体の視界ペナルティを減少
  • サーマルビジョンが完全に消えるまでの移動時間を、2.5秒から6秒に増加
  • 回転時にサーマルビジョンのペナルティが適用される速度も減少

JACKAL(ジャッカル)

  • スキャン後からピンする回数を5回から4回に減少
  • 追跡: 20秒間のピンが4秒+ピンの時間毎に行われます(最初のピンに加え、4回のピン)
  • 追跡時間を5秒短縮。つまり、25秒間で5回のping(+初回ピン)から、20秒間で4回のping(+初回ピン)になることを意味する

MAVERICK(マーベリック)

  • ブリーチングトーチのサウンドSFXを修正
  • Maverickが付近で穴を開けているとき、ブリーチングトーチの音が聞き取りやすくなる

NØKK(ノック)

  • アビリティの効果時間を12秒に増加。補充タイマーも12秒に増加
  • より長い効果時間とクールダウンで、アビリティをより活用できるようになる

これらはテスト目的のテストサーバー向けのアップデートで、ライブサーバーへそのまま適用されるわけではありません。皆さんの感想は?

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

Source: reddit

COMMENTS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By けんき

    タチャンカ強すぎるんで下方してどうぞ

  2. By まさる

    ソニックバースト弱くしたところで何にも変わらんだろ…

コメントする