CoD:MW:超豪華版「Dark Edition」の発売を公式が発表、超多機能な暗視ゴーグル以外の特典内容も明らかに

CoD:MW:超豪華版「Dark Edition」の発売を公式が発表、超多機能な暗視ゴーグル以外の特典内容も明らかに

暗視ゴーグルの同梱が明らかになっていた『Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア / CoD:MW)』の超豪華版「Dark Edition(ダークエディション)」ですが、ついに公式でその詳細が発表。米国ではすでに予約注文が開始されています。

超豪華版はナイトビジョンゴーグルを同梱

『Call of Duty:Modern Wafare』Dark Edition(ダークエディション)ナイトビジョンゴーグル

超豪華版「Dark Edition」の購入特典は以前にもお伝えした実際に動作もするナイトビジョンゴーグルとなります。ナイトビジョンゴーグルが同梱される超豪華版は『Call of Duty:Modern Wafare』の「Prestige Edition(プレステージエディション)」以来となります。

価格は199ドル(約21,500円)で、ナイトビジョンゴーグル以外にも下記の特典が含まれています。

  • 同梱物
    • 製品版『Call of Duty Modern Warfare』
    • スチールブック
    • ナイトビジョンゴーグル
    • ナイトビジョンゴーグル用ディスプレイスタンド
  • デジタル特典
    • カスタムタクティカルナイフ
    • オペレーターパック「All Ghillied Up」
    • オペレーターパック「Crew Expendable」
    • オペレーターパック「War Pig」
    • 「Call of Duty Endowment(C.O.D.E.)」アニメーションコーリングカード(一部小売店のみ)

ナイトビジョンゴーグルについて

『Call of Duty:Modern Wafare』Dark Edition(ダークエディション)ナイトビジョンゴーグル

「Dark Edition」に同梱される実用可能なナイトビジョンゴーグルはサイズ調整機能があり、実際に装着しての使用が可能。3つの視覚モードを搭載しており、デカールやデザインのディティールはゲームからインスパイアされたものになっています。

3つの視覚モード

  • 「Daylight Running Mode」:通常の陽の光がある場所でも使用可能
  • 「Night Vision Mode」:暗い場所では自動的に暗視モードに切り替わる
  • 「Long Range IR Mode」:ボタンを押すことで手動でゴーグルを最大出力に設定し、真っ暗闇の中でも20m先まで視界を得られる

ナイトビジョンゴーグルの機能

  • 左右の焦点調整スライダー
  • 電源スイッチ
  • 「Night Vision Mode」の調整:暗視モード時の画面を白黒と青のどちらかに切り替えが可能(青がデフォルト)
  • 「Long Range IR Mode」:このモードに切り替えるとナイトビジョンゴーグルは最大出力となり赤色の光のリングを放射。真っ暗闇でも最大20m先まで視界を得ることが可能
  • リリースボタン:装着したままでボタンを押すことゴーグルが上がり通常の視界に、もう一度押すとゴーグルが下がり使用可能に
  • 幅と距離の調整:左右のノブでそれぞれの目の位置を調整可能。スライダーで目とゴーグルの距離を調整し、ボタンでロック/リリースが可能
  • USB充電ポート
  • コレクタースタンド : ゴーグルをディスプレイするときに使用

現在は米国及びヨーロッパを中心に予約注文が開始しており日本での販売は未発表。、北米版の輸入販売には期待できるのでどうしても欲しいという方は発売時に探してみると良いかもしれません。

関連記事

『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PC(Battle.net)。

Source: Activision GAMES BLOG

購読
通知
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る