CoD:MW:グラウンドウォーへ「複数の候補地からスポーン位置を選択できる」新スポーンシステム追加

CoD:MW:グラウンドウォーへ「複数の候補地からスポーン位置を選択できる」新スポーンシステム追加

今週のGame Informerによるポッドキャストにて、『Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア / CoD:MW)』マルチプレイヤーのグラウンドウォーに関するいくつかの新たな情報が公開。これまでの作品になかった新たなスポーンシステムの追加が明らかとなりました。

現在のビルドでは64人対戦をサポート

『COD:MW』のマルチプレイヤーにおける最大の追加要素とも言える、大規模戦モード「グラウンドウォー」。

現在、メディア向けのプレイセッションで使用されているビルドでは32vs32の最大64人プレイがサポートされており、マップは開けた道路や建物群、乗り物などが登場するダウンタウンを舞台にした大規模マップがフィーチャーされています。

なお、Activisionのプレスリリースでは「100人以上」での超大規模対戦を実現することが明らかにされていますが、最終的な最大プレイ人数まだ不明となっています。

新たなスポーンシステム

プレイセッションで新たに判明したのが、グラウンドウォーではスポーンする位置を選択することができるという新機能。

ポッドキャストではグラウンドウォーは基本的に大規模な5フラッグ制のドミネーションと説明され、支配下にあればどのエリアでもスポーンが可能。スポーン位置として選べるのは自軍が確保したフラッグ、またはプレイヤーが乗り込んでいる間マップ上を走るプレイヤー制御のAPCとなるとのことです。

『Battlefield』におけるスポーンシステムとの違いは「分隊」のメンバーがいる場所にスポーンするのではなく、必要に応じてチームメイトの近くでスポーンすることができるという点。このスポーンシステムからも『COD:MW』のグラウンドウォーが『Battlefield』のコンクエストに近いモードとなることが伺えます。

キルタイムの短さや素早い移動システムなど『Call of Duty』の伝統的な要素と言える部分で大きなフィーリングの違いが出るのは間違いないですが、Infinity Wardが超大規模戦場をこれからどのように作り出していくのかが楽しみなところです。

関連記事

『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PC(Battle.net)。

Source: Game Informer, via charlieINTEL

COMMENTS

  • Comments ( 8 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    MAGみたいに小隊長据えて分隊ごとに指揮系統分かれてたら最高

  2. By 匿名

    木で戦車が詰まってるのはどうかと思うな

  3. By 匿名

    BFをぶっ壊す! BFからcod民を守る!
    初代codmw開発チーム(残党)infinity wardです
    よりスピーディーなkilltime 過去最高のグラフィック より大規模でグチャグチャな乱戦 とってつけたビークル 
    bf大規模アプデと同時期にmwベータ開催していきます!清きベータ参加を!

  4. By 匿名

    最初、人口分散するからゲームモードを少なくするみたいな発言なかった?
    全然やっとること違うやんけ

  5. By 匿名

    BFに寄せてくスタイル

  6. By 匿名

    128人対戦ぐらいないとBFの立ち位置がかなり危ういな

  7. By 匿名

    6対6のドミネと50対50のコンクエだけでよくないか?10対10とか20対20って人口分散するし誰がやるん

  8. By 匿名

    ただのBFじゃねーか

コメントする