オーバーウォッチ:ライブサーバーへアップデート配信、新ヒーロー“シグマ”やロールキュー実装、多数ヒーローへの調整など(1.39.1.0)

オーバーウォッチ:ライブサーバーへアップデート配信、新ヒーロー“シグマ”やロールキュー実装、多数ヒーローへの調整など(1.39.1.0)

PTRサーバーでテストされていた各種調整やロールキュー、31番目のヒーロー“シグマ”が『Overwatch(オーバーウォッチ)』のライブサーバーに実装されました。

このアップデートでは基本的にPTRサーバーでの調整がそのまま実装されていますが、PTRサーバーで何度かアップデートが適用されているので本記事での最終確認をおすすめします。

新ヒーロー「シグマ」登場!| オーバーウォッチ

シグマの基本性能や実装初期の評価については、以下の記事で紹介しています。

オーバーウォッチ: 新タンクヒーロー「シグマ」のアビリティ・長所と短所などを徹底解説

全般

  • ULT:全アルティメットの必要コストが12%増加
  • スロー効果:効果が重複する代わりに、敵味方の効果から低下の影響が強い方のみを適用
  • ダメージバグ:ザリアやシンメトラのプライマリ攻撃のビームのような、ターゲットの補足/解除が激しく行われるアビリティで高速で敵を捕捉すると、フルダメージが与えることができなかったバグを修正

アッシュ (強化)

  • 《ザ・ヴァイパー》
    • リロード時間を0.3秒から0.25に短縮

1初当り0.05秒の短縮、マガジンが空の状態からフルになるまでを考えると最大0.6秒の短縮になります。

ブリギッテ (概ね弱体化)

  • 《インスパイア》
    • 回復量を100から130に増加
    • 自己回復が現在の半分に減少
  • 《リペア・パック》
    • 3つまでのストックが可能になった
    • 回復量を150から120に減少
    • 瞬間回復から2秒の経過で回復するように変更
    • 同一ヒーローに複数使用した場合は継続時間が2秒延長

効果時間の延長は累積します。残りヘルス5の200族ヒーローに対して3連投した場合最大値の200まで回復し、アーマーを《リペア・パック》による獲得上限値75まで獲得することが可能。1つ当たりのクールタイムは以前と同じ6秒のままなので計画的な使用が必要です。

  • 《ウィップ・ショット》
    • 射出速度を60から80に上昇
    • 格納速度を0.6秒から0.3秒に短縮

全体動作が目に見えて速くなっています。《インスパイア》の弱体化によって《ロケット・フレイル》による起動のリスクが高まっていることから、こちらを使って起動を狙う事が増えるかもしれません。

  • 《バリア・シールド》
    • 耐久値を500から200に減少
  • 《シールド・バッシュ》
    • スタンの効果時間を0.9秒から0.75秒に短縮

実装初期に活躍した《シールド・バッシュ》→《ロケット・フレイル》→《ウィップ・ショット》の確定コンボが不可能になっています。

  • 《ラリー》
    • 発動に必要なコストが10%増加

D.Va (据え置き)

  • 《メック召喚》
    • 発動に必要なコストが12%減少

全体調整にあるUltのコストアップを相殺する調整です。

ドゥームフィスト (強化)

  • 近接攻撃
    • 使用が《ハンド・キャノン》のリロードを妨げないよう変更

ハンゾー (弱体化)

  • 《電光石火》
    • 最大射撃数を6発から5発に減少

オリーサ (弱体化)

  • 《プロテクティブ・バリア》
    • クールタイムが8秒から9秒に増加

ラインハルト (強化)

  • 《ステッドファスト》
    • 被ノックバック効果を30%軽減する新規パッシブアビリティ

ソンブラ (弱体化)

  • 《ハック》
    • 効果時間を6秒から5秒に短縮
  • 《EMP》
    • 効果発動までにかかる時間を0.2秒から0.35秒に延長

相変わらず止めるのが難しいUltですが、ソンブラ側からするとかなり遅くなっているように感じます。《トランズ・ロケーター》経由であれば《心頭滅却》でのカウンターを行いやすくなったような気もしますが、フェイントが可能なので微妙なところ。

シンメトラ (概ね強化)

  • 《テレポーター》
    • 破壊されるまで効果が持続(時間制限の撤廃)
    • 敵の攻撃のほか、任意での破壊も可能に(対応するアビリティキー再入力)
    • クールタイム開始が破壊されてからに変更
    • 最大射程距離を25mから30mに延長
    • 設置されるテレポーター同士の距離が40mを超えると破壊されるように

トレーサー (強化)

  • 《パルス・ボム》
    • ダメージを300から350に増加

この50増加による直接的な恩恵はタンクへの与ダメージUP程度ですが、《不和のオーブ》や《カデュケウス・スタッフ》などのダメージバフと合わせた際に400族が確殺可能になります。

レッキング・ボール (強化)

  • 《マイン・フィールド》
    • 発射速度を10から12に上昇
    • 展開にかかる時間を0.25秒を0.1秒に短縮

バグ修正も何点か行われており、ドゥームフィストのバグ修正の一つ「《ロケット・パンチ》のターゲットの横方向の運動量維持を削除」(ヒット時まっすぐ後ろにノックバックするように)は、ほぼ強化調整と言って良いと思います。その他バグ修正についてはこちらを御覧ください。

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4 / PC / Nintendo Switch

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4

6,372円(10/23 18:39時点)
Amazonの情報を掲載しています

Source: Patch Notes

コメントする