ボダラン3:エンドコンテンツ「殺戮サークル」と「試練の間」発表、『ボダラン2』のBadass Rankが進化した“ガーディアン・ランク”の存在も判明

ボダラン3:エンドコンテンツ「殺戮サークル」と「試練の間」発表、『ボダラン2』のBadass Rankが進化した“ガーディアン・ランク”の存在も判明

先ほど、ドイツで開催されたGamescom Opening Nightにて、『Borderlands 3(ボーダーランズ3)』のエンドゲーム・コンテンツとなるやりごたえと何度も挑戦しがいのある2つのエンドゲームコンテンツとなるチャレンジ・コンテンツ「殺戮サークル」と「試練の間」が発表されました。

ボダラン3 エンドコンテンツ

ウェーブ制の「殺戮アリーナ」

過去作『ボーダーランズ2』でも登場したトーグ社主催のバトルアリーナは、様々なロケーションで見つけることができ、エントリーすると大量の敵が出てくる全5ラウンドのウェーブ制のチャレンジ・コンテンツです。 アリーナではトーグ社社長のミスター・トーグが実況を担当し、トーグ独特の台詞回しでプレイヤーを楽しませてくれます。

繰り返し遊べる「試練の間」

ストーリーを進めると解禁される「試練の間」はリプレイ性を重視したチャレンジ・コンテンツです。 30分の制限時間つきで3つのエリアの敵を殲滅した後にボスを倒すと報酬が貰えます。 この報酬はプレイヤーがボーナス目標(例: 一度も死なない、「フォーレン・ガーディアン」というユニークエネミーを撃破、一定時間以内にクリア)を達成することで質が高まります。ゲームのローンチ時には最大6箇所の「試練の間」が用意されており、DLCで新しいロケーションが追加されることが先程の配信にて匂わされました。

ボダラン3: 高難易度コンテンツ「殺戮サークル」と「試練の間」、『ボダラン2』のBadass Rankが進化した「ガーディアン・ランク」の存在が判明

進化した“ガーディアン・ランク”

この他にも『ボーダーランズ2』の「Badass Rank(バッドアス ランク)」が進化したガーディアンランクの存在も語られました。Badass Rankとはヴァルト・ハンターのステータスを強化できるトークンの入手に関わるレベルのようなもので、理論上は時間さえかければどこまでもランクを上げることができる要素でした。

『ボーダーランズ3』の発売日は2019年9月13日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Borderlands 3 World Premiere Gameplay With Gearbox I Gamescom Opening Night Live

Source: Borderlands.comYouTube

コメントする