CoD:BO4:Reaver C86がアップデートで更に弱体化、ゾンビモードでの調整はキャンセル

CoD:BO4:Reaver C86がアップデートで更に弱体化、ゾンビモードでの調整はキャンセル

Treyarchは『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』へ最新アップデートを配信しました。

先日「S6 Stingray」および「Reaver C86」が徹底的に弱体化されましたが、今回更にReaverが弱体化され当てにくくなっています。なお先日のパッチノートに書かれていたゾンビモードでの弱体化はキャンセルされており、実際には行われていないことも明らかになっています。

Reaver C86が更に弱体化

マルチプレイヤー

Reaver C86

  • 弾数を6から2に減少
  • 腰撃ちの精度を低下
  • バースト間の発射速度を低下
  • チタニウムボルト: 発射体の速度ボーナスを減少

ブラックアウト

Reaver C86

  • 腰撃ちの精度を低下
  • バースト間の発射速度を低下

全般

インベントリ

  • 近接武器「Rising Tide」など、一部のプレイヤーのインベントリから欠落しているように見えたアイテムを復元

ゾンビ

先日、すべてのモードで「S6 Stingray」「Reaver C86」の弱体化を発表していたTreyarchですが、実際にはパッチが公開される前にゾンビモードにはこれらの変更を適応しない決定がなされていたものの、内部のコミュニケーション不足によりパッチノートに記載されてしまったとのこと。

Treyarchは記載ミスを謝罪するとともに、変更はゾンビモードには適応されておらず、「S6 Stingray」と「Reaver C86」の性能が8月15日以前(パッチ配信前)と同じものであると説明しています。

また、既知のバグとしてゾンビの武器庫にて「Reaver 86」のデフォルト弾薬数が2と表示されていることを挙げ、マッチ中の6が正しいものとしています。この表示も後日修正されるものと思われます。

1ヶ月後には現在の作戦「アポカリプスZ 生存者」の終了とともに最後の作戦が開始されると推測されます。次回作『CoD:MW』も近く発売されますが、それまではアップデートによるサポートを継続してほしいところです。

『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』の発売日は2018年10月12日で、対象機種はPlayStation 4 / Xbox One / PC。

Source: reddit

COMMENTS

  • Comments ( 8 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    MWa5時間くらいやったら飽きたわ

  2. By 匿名

    過去作のトライボルトや腰だめ精度の高さでもネタ枠だったしな
    連射出来るのが問題だよなぁ

  3. By 匿名

    こんなオワコンゲーやってるやつおんの?

    • By 匿名

      なんでこんなオワコンゲーのニュースを律儀に見ちゃってんの?

    • By 匿名

      暇だでオススメ教えて欲しい

    • By SM

      暇だでオススメ教えて欲しいわ

  4. By 匿名

    6発➡2発  拡張8発➡4発 元々クロスボウは落ちた矢を回収できるけど、素で2発になったから回収前提に! 超強い1発屋のサブ武器に
    本気で使うと拡張+チタニウムとスカベン必須
    それでも長いリロードで隙がでかすぎ 
    MW系だとクロスボウなんて絶対ネタ武器なのに、bo系だと環境を支配してしまってた…

  5. By 匿名

    妥当

コメントする

*