CoD:MW:サーマルスコープに大きな仕様変更、スモーク越しの敵は視認不可

CoD:MW:サーマルスコープに大きな仕様変更、スモーク越しの敵は視認不可

これまでの『Call of Duty』シリーズではスモーク越しに敵を視認できていた「サーマルスコープ」ですが、『Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア / CoD:MW)』ではスモーク越しに敵を確認できないことが確定しました。

サーマルスコープの大きな仕様変更

熱源を視認できる武器アタッチメント「サーマルスコープ」では基本的にスモーク越しに敵を確認することができたため、視界を遮る煙幕「スモークグレネード(本作ではスモーク)」ととても相性の良いアタッチメントでした。

Thermal Drakon Spamming w/ smoke grenades

しかし『CoD:MW』では、サーマルスコープでスモークの向こう側にいる敵を確認できなくなっています。Twitterでは「サーマルでスモーク越しに人を見ることはできないのですか?」というファンの問いに対して、Infinity WardのMPデザイナーDavid Mickner氏は「よりリアルなアプローチをするための意図的な変更で、バグではない」と明言。この現象は仕様変更によるもであることが明らかになりました。

サーマル×スモークの蜜月関係終焉

この仕様変更により、今までとは180度変わってスモークが邪魔な存在となってしまったサーマルスコープ。このツイートへの返信には「馬鹿げたアプローチだよ」「リアルを求めた結果『CoD:WW2』は台無しになったんじゃないか」といった、サーマル×スモークのコンビが使えなくなったことを嘆く声や、リアル志向によるゲームバランスの崩壊を懸念する声が見られます。

サーマルスコープ好きにとっては悲しい仕様変更ですが、逆にスモーク好きにとっては嬉しい変更。『CoD:MW』のゲームバランスにとって良い調整となっているのでしょうか。

関連記事

『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PC(Battle.net)。

購読
通知
guest
4 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
Anonymous
Anonymous
10 月 前

数多のバグの一部だと思ったら仕様だったのか
押し込まれた時に突破する切り札だから有り難いよ
今作は特に

Anonymous
Anonymous
11 月 前

高温スモークってあるしね

Nマリン
Nマリン
11 月 前

スモークはドミネとかで使うけどサーマル使われたらただただ味方の視界の邪魔になってたからうれしいかな

オツベルくん (@ps4lover315315)

今作は夜戦マップもあるし、そっちで使ってねということだろうな。そもそも視覚エフェクトだけでも有用だし。