オーバーウォッチ: 旧正月2020「イヤー・オブ・ラット」開催! 7種の豪華新スキンや6人のヒーロー調整など

オーバーウォッチ: 旧正月2020「イヤー・オブ・ラット」開催! 7種の豪華新スキンや6人のヒーロー調整など

Overwatch(オーバーウォッチ)』の旧正月イベント旧正月2020 イヤー・オブ・ラットが、本日(2019年1月17日)より開催されます。それに伴い、PTR(パブリックテストリージョン)でテストされていたヒーローの調整も一部変更されて実装されています。

旧正月2020 開催

開催期間

現在、日本語のイベント特設ページ等に記載されている開催期間は、1月16日~2月5日ですがオーバーウォッチの日本語公式twitterの方で訂正があり、正しくは日本時間で1月17日~2月5日までとなっています。いつものような開催期間一日遅れではなく、終了日は同日のようです。

新規ゲームモード「キャプチャー・ザ・フラッグ・ブリッツ」


ライバル CTF(キャプチャー・ザ・フラッグ)に加え、新規ゲームモードCTF ブリッツが期間限定で実装されています。ルールは通常のCTFのルールをマイナーチェンジしたもので、フラッグ間の距離を詰め、必要な獲得数を6本にしたより緊張感を味わえるゲームをプレイできます。

ウイークリー・チャレンジ

今回のイベントもウイークリー・チャレンジが実装されています。各週9勝で獲得できる限定スキンは、トレジャーボックスから出現しないのでご注意ください。

ウィークリー・チャレンジの報酬と獲得条件

1週目の9勝報酬はドゥームフィストのスキン「モンク」。モンクは修道士や僧侶を指す言葉ですが、この場合は武闘派の僧であるモンク僧を表しています。武闘派かつスキンヘッドのドゥームフィストにはピッタリ。
2週目はウィンストンのスキン「銅青」。主に10円玉など銅の表面に現れるサビ、というとしょぼく聞こえますが鎌倉大仏などの表面や自由の女神像など、芸術作品にあえて取り入れる場合も多々。《テスラ・キャノン》や《ジャンプ・パック》の装飾も芸術的になってます。
3週目はOWを界を代表するラット、レッキング・ボールの「紙切り」。元ネタは日本でもおなじみの切り絵、正確には中国の剪紙です。派手なメックに負けず劣らずハモンド本人もなぜか派手な金色に。

新規レジェンダリースキン

トレジャー・ボックスから入手可能なスキンもレジェンダリーレアで4種追加されています。

ソンブラの新規スキン「変面」は、今回の追加スキン内でトップクラスの手の込みよう。
時間経過で6種の面が切り替わるだけでなく、普段16進数で残弾数を表示する《マシン・ピストル》のパーツ(赤丸部分)も面に対応したものに切り替わります。
去年に引き続き旧正月スキンが追加されたブリギッテは中国の古典演劇から「京劇」。フレイルやシールドの装飾は、去年実装のエピックスキン「ジェネラル」を大きく上回る派手さ。
モイラの新規スキン「仮面舞踊」、元ネタはわかりませんが英語表記だと「Mask Dancer」なので、おそらくそのまま仮面を付けての舞踊かと。背負ったタンクの禍々しさがすごい。
音楽活動を行うルシオには、韓国の現代音楽「サムルノリ」スキンが追加。武器は演奏に用いられる打楽器をモチーフとしたものに。

その他、新規アイテムはエモート2種、ビクトリーポーズ3種、ハイライト・イントロ1種、多数のボイスライン、スプレーが追加されています。

ヒーロー調整、アップデート

ドゥームフィストを除き、PTRサーバーでテストされていた内容がそのまま実装されています。

オーバーウォッチ:D.Va強化、バティスト大幅弱体化を含む6ヒーローへのPTR調整紹介

バティスト(弱体化)

  • 《イモータリティ・フィールド》
    • 展開時間を最長8秒から5秒に短縮
    • クールタイムを投てき後20秒から25秒に増加
  • 《アンプリフィケーション・マトリックス》
    • 発動に必要なコストを20%増加

メイ(弱体化)

  • 《凍結ブラスター》
    • メイン射撃による機動力低下を20%~70%から30%~90%に変更
    • 機動力低下の持続時間を1.5秒から1秒に短縮

D.Va(強化)

  • 《ブースター》
    • クールタイムを5秒から3秒に短縮

オリーサ(弱体化)

  • 《フォーティファイ》
    • ダメージの軽減率を50%から40%に低下

ハンゾー(弱体化)

  • 《嵐ノ弓》
    • 放つ矢の速度を最速125から110に減少

ドゥームフィスト(弱体化)

  • 《ライジング・アッパーカット》
    • アビリティ使用後の硬直を0.2秒から0.35秒に増加

PTRサーバーでは0.2秒から0.5秒への増加でしたが、若干マイルドになって実装されています。

新機能

  • パーティープレイ時、複数のロールを同時に選択可能に

ソロでのプレイ時と同様に、パーティーでのプレイ時にも複数のロールを選択しマッチングを待つことが可能になりました。プレイするロールにこだわりがなければ、複数のロールを選択しておくことでマッチングまでにかかる時間を短縮できると思います。

その他、バグ修正やカスタムゲーム等の変更点はパッチノート(英語)をご覧ください。

環境トップのヒーロー達に対して明確に調整が行われており、環境に与える影響が大きいアップデートとなっています。新環境を模索しつつウイークリー・チャレンジのクリアを目指しましょう。

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4、Xbox One(海外のみ)、PC、Nintendo Switch。

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4

7,450円(02/21 02:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

Source: Overwatch Patch Notes

COMMENTS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    Switchも出てますので是非!

コメントする

*