オーバーウォッチ:オリーサとシグマにさらなる弱体化、その他マクリー強化を含む6ヒーローに調整(PTR)

オーバーウォッチ:オリーサとシグマにさらなる弱体化、その他マクリー強化を含む6ヒーローに調整(PTR)

Overwatch(オーバーウォッチ)』PTR(パブリックテストリージョン)サーバーにて、6人のヒーローに調整が行われました。興味深い内容になっているのでぜひご覧ください。

ヒーロー調整

ハンゾー(弱体化)

  • 《電光石火》
    • ダメージを70から60に減少

ヘッドショット時には今まで同様200族を2発でキル可能ですが、ボディショットの場合は今までの3発から4発に増加。

タンクへの攻撃や盾割りを考えた場合、アビリティ1回当たりの与ダメージ量が350から300へと50低下するのでスナイパーヒーローらしからぬ攻めは少し難しくなります。

マクリー(バランス調整)

  • 体力
    • 200から250に増加
  • 《ピースキーパー》
    • 射撃間隔を0.42秒から0.5秒に増加
  • 《デッド・アイ》
    • 射撃時に照準をロックしないよう変更

マクリーは、自己回復アビリティを持たず、移動も移動アビリティとしての性能はイマイチな《コンバット・ロール》のみ、とヘルス管理が難しいヒーローでしたがヘルスが50増加し比較的扱いやすい性能に。射撃間隔は旧性能と同等なので、使い物にならないという事はなさそうです。

《デッド・アイ》の仕様変更は、射撃を行うとその時点で画面内に居る敵に対してのみ攻撃を行うのが現在の仕様。PTRの仕様では照準中に照準を移動させることが可能になるため、射撃時にロックオン(致命ダメージである必要なし)していれば、対象への射撃タイミングで画面内に収めることにより射撃した瞬間には画面内に居なかった敵に対しても攻撃できます。

射撃直前のファラの《ジャンプ・ジェット》やゲンジの《風切り》のような逃げアビリティを追える様になるので、かなり便利になると思います。

リーパー(弱体化)

  • 《ザ・リーピング》
    • 回復量を与ダメージの40%から30%に減少

タンクに対して無類の強さを見せていたリーパーですが、パッシブアビリティ《ザ・リーピング》が弱体化。以前の調整でアーマーのダメージ軽減性能が上昇したこともあり、相手がタンクの場合も強引な攻めは状況を選ぶ必要が出てきました。

オリーサ(弱体化)

  • 《フュージョン・ドライバー》
    • ダメージを11から9に減少
  • 《フォーティファイ》
    • クールタイムを8秒から10秒に増加
  • 《ストップ!》
    • 効果時間を1秒から0.65秒に短縮

前回《フォーティファイ》の弱体化を受けたばかりですが、さらに3アビリティが弱体化。《フュージョン・ドライバー》の弱体化によって、200族のキルに必要な弾数が全弾ボディで19発から23発に増加、距離減衰こそありませんが弾速の遅い《フュージョン・ドライバー》にとって威力低下はかなりの痛手。

さらに《ストップ!》の拘束効果の弱体化も同時に行われてしまったので、ゲンジやトレーサーといった高機動ヒーローをキルするのが非常に難しくなっています。

シグマ(弱体化)

  • 《ハイパー・スフィア》
    • 射程距離を22mから20mに短縮
  • 《グラビティ・フラックス》
    • 叩きつけまでの間、スタン等で中断されるよう変更
    • 叩きつけ後の機動力低下時間を0.9秒から0.6秒に短縮
  • 《アクリーション》
    • 爆風ダメージを60から40に減少

《フォーティファイ》や《レイス・フォーム》といった一部アビリティ以外で抜け出すことが出来なかった《グラビティ・フラックス》ですが、叩きつけられる前であればスタンや《スリープ・ダーツ》等(おそらくシグマのキルでも可)で叩きつけを回避することが可能になりました。今まで拘束後《ハイパー・スフィア》で追撃していたタイミングは、スフィアの射程自体が短くなったのも相まって相応のリスクが伴う様に。

《アクリーション》に関しては通常、直撃ダメージと爆風ダメージは別で調整が入り、今回のようなケースでは爆風ダメージにのみ調整が入るはずなのですが、直撃ダメージも20程度減少しています。これにより《アクリーション》+《ハイパー・スフィア》での200族キルが不可能になっています。

バティスト(弱体化)

  • 《バイオテック・ランチャー》(攻撃)
    • 射撃間隔を0.36秒から0.45秒に増加
  • 《バイオティック・ランチャー》(回復)
    • 回復量を60から50に減少

《バイオテック・ランチャー》の両射撃に弱体化。純粋な回復性能はもちろんですが、前回の《アンプリフィケーション・マトリックス》のコストアップもあるので大幅にUltの回転率が低下します。

PTRアップデートの感想

全体的な印象としては、バリアアビリティの弱体化が行われた現環境に不適な部分を弱体化させた印象。とは言え、タンクヒーローやサポートヒーローに対してここまでの弱体化が行われると予想できた人は多くはないのではないでしょうか。

確かにタンク内、サポート内でのパワーバランスは良くなるかもしれませんが、人気ロールは相変わらずダメージに偏っているので「タンクをプレイしたい」、「サポートをプレイしたい」と思わせるような調整も行ってもらいたいところ。もちろんこれはPTRサーバーでの調整なので全てが実装されるとは限りませんが、本調整実装後の環境はどの様になるのでしょうか。

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4、Xbox One(海外のみ)、PC、Nintendo Switch。

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4

7,450円(02/21 02:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

Source: Overwatch PTR Patch Notes

COMMENTS

  • Comments ( 13 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ヘルス管理難しい代わりにフラバンファニングっていう至近距離お手軽火力出せるんだろうがよ…
    それとシグマのナーフは良いけどオリーサをこれ以上いじめるな。あとdvaバフ早くしろ。

  2. By 匿名

    ウィンストンのシールド700を削らないのほんと謎

  3. By 匿名

    むしろオリシグ使わなくて済むなら嬉しいくらいなんだが…

  4. By 匿名

    OWの主人公ことゴリラが輝くアプデやん

  5. By 匿名

    タンクの弱体化は草
    リーパーの弱体化もマクリーの強化も要らねぇだろw

  6. By 匿名

    ジェフくんさぁ…マクリーをこれ以上強化してどうすんの?ただでさえタイマン最強なのに誰も敵わなくなっちゃうよ?

    • By 最強

      うるせーー!

    • By 最強

      うるせー!!

      • By 匿名

        ジェフくんが普段マクリーでプレイしてるのかな??

  7. By 匿名

    ジェフくんさぁ……マクリーをこれ以上強化してどうすんの?ただでさえタイマン最強なのに誰も敵わなくなっちゃうよ?

    • By 最強

      俺W

  8. By 匿名

    ここまで弱体化されたら誰が楽しくてタンクやるんだよ馬鹿か?

  9. By 匿名

    どんどんロールマッチに適さない仕様になっていくなこのゲームは…もうタンクロールでマッチする人は本当に奴隷じゃん

コメントする

*