レインボーシックス シージ: 「シックス・インビテーショナル2020」DAY5終了、G2がメインステージを目前に敗退

レインボーシックス シージ: 「シックス・インビテーショナル2020」DAY5終了、G2がメインステージを目前に敗退

Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』最大の祭典「シックス・インビテーショナル2020」もいよいよ後半戦。世界の8チームがダブル・イリミネーションで争うプレイオフの結果とハイライトをお届けします。

「シックス・インビテーショナル2020」DAY5 結果とハイライト

Team SoloMid vs Fnatic

Team SoloMid

  • Team SoloMid WIN (2-0)

昨日のDAY4でFnaticG2 Esportsに勝利し、APACリージョンの盟友である日本のシージ・コミュニティからも、喜びと称賛の声がわき上がりました。

DAY5で対決するのはNAリージョンで首位を走るTeam SoloMid。Fnaticの力は北米勢にも通用するでしょうか。

第1マップはTSMが領事館をピックしました。最初のラウンドこそFnaticが全員生存で勝利し、幸先の良い出だしに見えました。しかしTSMも徐々に対応し、BANされなかったMira(ミラ)も存分に活用しながら、4-2とTSMリードで攻防が入れ替わります。

防衛に回ったFnaticもMiraを持ち出すも、TSMの攻撃の前にはまるで機能せず、いつのかにか6-2、そして7-2へ。Fnaticは最初の2ラウンドで勝てたのを最後に、そこから7ラウンド連敗という精神的にも苦しい形でマップを取られてしまいました。

ピックマップで立て直しを図りたいFnaticが、TSMの面々を招待したのはカフェでした。ところがここでTSMは、Hibana(ヒバナ)とGoyo(ゴヨ)をBANすることで、万全の対策を練ってきたことを示します。一人だけでFnaticを壊滅させられるだけの力のあるGeoAchievedが暴れまわり、5-1の大差をつけて攻撃へと回ります。

攻撃に転じては、Beauloの突破力の前にFnaticは成すすべがなく、抵抗むなしく7-4。TSMはウィナーズ・ブラケットのさらに上へと進みました。一方でFnaticは、DAY6からの復活に心血を注ぐことになりました。

DarkZero Esports vs Spacestation Gaming

Spacestation Gaming

  • Spacestation Gaming WIN (2-0)

北米の2チームがウィナーズ・ブラケットで激突することになりました。

第1マップはDarkZeroがピックしたヴィラ。昨日のDAY4でSSGは、mibr相手にこのヴィラで苦戦していたこともあり、DarkZeroがここぞとばかりに用意してきたと見えます。

しかしSSGも、同じリージョンのチームの手の内は心得ているようで、Rampyが巧みに相手を崩すなどして防衛を4-2でリードします。

防衛にまわったDarkZeroは、持ち前の戦術と個々の技が光り、Mintの活躍もあって4-4と追いつきます。しかし結局この接戦を制したのはSSG。ディフューザー設置を通し、7-5の幕引きとなりました。

第2マップはカフェ。攻撃のSSGはBoscoが力でものを言わせ、防衛では次々に外へ飛び出して攻撃側が建物内に取り残される場面も見られるなど、前への姿勢が際立っていました。対するDarkZeroは追撃のきっかけこそ作るも、その次の手をことごとく封じられ、マップポイント2-0でSpacestation Gaming が勝利しました。

G2 Esports vs Ninjas in Pyjamas

Ninjas in Pyjamas

  • Ninjas in Pyjamas WIN (2-0)

後がなくなった昨年の王者G2と、LATAMリージョンの首位NiPが生き残りをかけた戦いを繰り広げました。

第1マップとしてNiPがピックしたのは国境。昨日G2がピックして敗れたマップです。

G2はブートキャンプを経て大会に臨んだとはいえ、チームとしては即席だったこともあって、連携の隙を今日のNiPに狙われ続けます。サポート職としてレンタル契約をしたSirBossはキルレでも大きく下振れし、一方でPenguも大不調。このマップのG2はカバーも弱く、統率を欠いたまま、7-2と一方的な試合でNiPにマップを取られてしまいます。

海岸線にマップが移ってからも、UUNOKantoら火力のあるプレイヤーが、同じくNiPのキル取り役であるPsychoMuziKamikazeに力負けしていまいます。4-2で折り返したNiPはやはり強く、G2は良いところを見せられないまま敗北。アリーナに世界中の観客が集まるその前に姿を消すことになりました。

BDS Esport vs mibr

BDS Esport

  • BDS Esport WIN (2-0)

昨日SSGに猛攻をかけながらも敗れたmibrと、G2の敗退によってEUリージョン最後の生き残りとなったBDSのマッチアップとなりました。

第1マップはBDSがピックした銀行からスタート。序盤こそ2-2と接戦模様になりましたが、気が付くとBDSの面々が、そのエイムでもってmibrを少しづつ弱らせていく形になりました。最後はRaFaLeが裏取りを決めて7-5でノックアウト。mibrの抵抗を許しませんでした。

第2マップはクラブハウス。ここでもBDSはShaiikoの力でmibrに違いを見せつけます。6-4まで粘ったmibrでしたが、最後に輝いたのはここでもRaFaLe。洞窟から迫るmibrの本隊を、展開型シールドを活かしながら完封し、EUリージョン全体の希望をDAY6へとつなぎました。

DAY6からはメインステージが開場

大会は一日の休みを挟みます。そしてDAY6からはいよいよ、モントリオールのPlace Bell(プラス・ベル)にて、集まった大観衆の目の前で試合が行われます。

DAY6では以下の2試合が行われます。いずれもルーザーズ・ブラケットの試合であるため、ここでで敗北した2チームも敗退が決まります。

  • Fnatic vs BDS Esport
  • DarkZero Esports vs Ninjas in Pyjamas

どこで観戦できるのか

日本からはおなじみのキャスター陣である、ふり〜だOkayamaともぞうに加え、現在はTeam Alchemyに所属しているのりお(NK)の4名が現地入りします。試合の展開はもちろん、会場の熱気もそのまま伝えてくれるでしょう。配信チャンネルはYouTubeTwitch、Periscopeの3チャンネルが予告されています。

シックス・インビテーショナル2020DAY%

DAY6は日本時間2月14日深夜23時30分から配信がスタートします。

レインボーシックス シージ: 「シックス・インビテーショナル2020」DAY4結果、FnaticがG2撃破の快挙!北米チームも全勝でDAY5へ

レインボーシックス シージ:シージ界のご意見番amenbo氏による「シックス・インビテーショナル2020」ベスト4と優勝チーム予想!

レインボーシックス シージ:“野良連合”オーナーkizoku氏に聞く「シックス・インビテーショナル2020」ベスト4と優勝チーム予想

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

Source: Ubisoft

コメントする

*