BFV:新ガジェット「刺突爆雷」と「M1A1バズーカ」性能分析 | 刺突爆雷のおもしろクリップ付き

BFV:新ガジェット「刺突爆雷」と「M1A1バズーカ」性能分析 | 刺突爆雷のおもしろクリップ付き

Solomon Islandsのジャングル戦が熱い『Battlefield V(バトルフィールド 5)』。チャプター6のリワードも続々と手に入れ、刺突爆雷やM1A1バズーカを握ってみたプレイヤーも増えてきたのではないのでしょうか?今日はそんなみなさんのために、両ガジェットの性能を軽く解析して行きます。

新ガジェットの対戦車力

対戦車ガジェットとしての両者の性能に関しては、別記事にて紹介しています。全ての対戦車用の歩兵装備と比較した図はこちらです。

BFV 対戦車 ガジェット 威力

本記事では刺突爆雷とM1A1バズーカだけにフォーカス。全体的な対戦車手段についても興味がある方は、ぜひ以下の記事をご参照ください。

BFV:対戦車ダメージ完全攻略 歩兵編&戦車編【アップデート6.0対応完了】

M1A1 バズーカ – 高精度 / 多弾数 / 低威力

BFV M1A1 バズーカ

M1A1バズーカはチャプター6「ジャングルの中へ」のチャプターランク20に用意されている、突撃兵の3番ガジェット枠の対戦車ロケット兵器です。

全体的にガジェットや爆発物の弾数を減らす調整を行っている『BFV』においては珍しく、出撃時の弾数が3、最大弾数が5手数の多い武装になっているのが最大の特徴でしょう。

BFV M1A1 バズーカー ダメージ

ダメージは弾数の多さに反比例するように控えめで、対人の爆発ダメージはたったの35。一応2発で歩兵を倒せるパンツァーファウスト(56ダメージ)やPIAT(85ダメージ)と比べると、対人には使いにくいと言えるでしょう。

パンツァーファウストが現在なんらかの原因でダメージが半分になっているのを除けば、対戦車ダメージも抑えられています。おそらくDICEの対戦車ロケット3種類の位置づけはこのような予定だったと推測できます:

  • PIAT:弾道落下が激しく、遠くからは狙いにくい上に入射角の関係で跳弾しやすいが、基礎威力はわずかに大きめ。至近距離で直撃を狙えば最大火力が出せる。
  • パンツァーファウスト:精度と威力のバランスが取れており、PIATより安定した火力を提供できるバランスタイプ。
  • M1A1バズーカ:精度や有効距離が非常に長く、所持弾数が多めで総火力も高いが、一発一発の威力は控えめ。対戦車ダメージが爆発に偏っているので、直撃してもダメージが伸びづらい。

ADS射撃にゼロイン機能

もう1つのM1A1の目立たない特徴は、ADS射撃のゼロイン機能です。

『BFV』でスナイパーの専門技能として実装されているゼロイン機能は、「スコープの高さを設定した距離に自動で合わせる」効果を持っています。M1A1バズーカは50m / 100m / 200mへのゼロインが可能。

これらの距離の敵目標には、照門を合わせるだけで命中が見込める遠距離向けな一品。PIATや、時にはパンツァーファウストでも対処が難しかった「遠距離から砲撃してくる敵戦車」に対するカウンター手段となりえます。

BFV M1A1バズーカ ゼロイン
▲50mと100mのゼロインは見た目が同じだが、ちゃんと着弾点がずれるようになっている。

威力は控え目なので、3人以上で同時使用しないと有効打は見込めないでしょう。しかしバトルフィールドは元よりチームワークのゲーム。これを機にフレンドたちと「戦車狩り専門分隊」を結成するのも面白いかもしれません。

バックブラストでキルできる!

おまけで嬉しい特徴ですが、なんとM1A1 バズーカはリアルの性能と同じく、バックブラストの噴射でプレイヤーをキルできるようになっています。

BFV:新ガジェット「刺突爆雷」と「M1A1バズーカ」性能分析、刺突爆雷のおもしろクリップなど

弾体自身に内蔵された推進薬が後方に噴射されるため、閉所で使用した場合は大惨事を巻き起こしてしまうのはM1A1バズーカの現実での大きな問題点。ゲーム内のチャプターリワードにもバックブラストの危険性が書かれていますが、まさか本当に実装するとは、予想外だったプレイヤーも多いのではないのでしょうか。

現実ではもっぱら友軍を傷つけないように注意されたバックブラストですが、惑星BFでは安心安全のノー・フレンドリー・ファイア。スマート爆風が敵プレイヤーのみを探知してダメージを与える仕様となっています。こちらに気づいていない敵を見かけたら、この風変わりな近接武器で一発吹き飛ばしてみましょう。

内部補正

以下はデータ解析サイトSymなどを利用するコアなプレイヤー向けの情報です。

BFVの対戦車兵器はさまざまな隠し補正が掛かっていてごちゃごちゃになっており、データマイニングされた数値のみでは実際のダメージを割り出せないことはコアコミュニティではよく知られていること。M1A1 バズーカは対人にも補正が掛かっています。

内部データ上では爆発ダメージが70とされているのですが、実際の対歩兵ダメージは半分の35となっています。余談ですがこの事実に気づいた際「もし衝撃ダメージも半分の43しかなかったらどうしよう」と心配したのですが、すかさず横に居た敵兵の胴体を撃ち抜いたら無事ワンショットキルして安心しました。

ややこしいのは対戦車の補正も同じで、さすがに素の性能だとあまりにも弱すぎるのか、内部的には対戦車の場合は爆発ダメージが2倍になる補正が掛かっています。ついでに他のロケット系兵器は対軽戦車の爆風が1.4倍なのですが、M1A1だけは1.2倍。本当に補正諸々の設定が謎なガジェットです。

刺突爆雷

BFV 刺突爆雷 ToW

刺突爆雷はチャプター6「ジャングルの中へ」のチャプターランク5に用意されている、突撃兵・援護兵の4番ガジェット枠の近接自爆ガジェットです。

爆発範囲は爆心点から半球状の半径5mで、うち2mまでは200ダメージ、それ以降は20ダメージと極端なダメージの減衰が発生するのが特徴です。また、使用時は強制的に自身に20ダメージが発生するので、20HP未満で使用すると確実にデスします

さらにダメージだけではなく、範囲内の敵・味方問わず歩兵すべてをノックダウンさせるという効果も発揮します。現在この効果は壁越しにも発動するようになっているので、家屋内にこもっている敵に対し、味方の突入援護として使用するなどの研究がプレイヤー間で進んでいるほか、早速さまざまなバグが散見されています。

また銃剣と同じく、ダッシュ中に使用すると突撃を開始。しかも銃剣は36mしか持続しないところ、刺突爆雷は54mもの突撃が可能。また『BFV』の銃剣突撃の仕様からなる不慮の動作も発見されていますが、他のバグとまとめて下の項目で解説を行います。

BFV:新ガジェット「刺突爆雷」と「M1A1バズーカ」性能分析、刺突爆雷のおもしろクリップなど
▲爆雷突撃VSジープは相討ちとなる。爆雷はやや下向きにしないと判定負けするので注意だ。

ちなみに対戦車用に使う場合は、減衰の当たり判定が非常にシビアなのか、戦車の凹凸面に当てると10分の1しかダメージが出ないというケースが多いです。対戦車に使う場合はなるべく平らな面に命中させましょう。

刺突爆雷物理学

この項目では現在散見されている刺突爆雷関連のバグや、仕様上の物理学的な特性をまとめています。

無限突撃関連

まず『BFV』の銃剣突撃は、突撃が成功(敵プレイヤーに突き刺さる)した場合は、突撃後もダッシュが可能ですが、逆に失敗(中断もしくは時間切れ)した場合は一定時間ダッシュが不可能になります。

このため銃剣突撃は移動速度が上がるのですが、その後の息切れ状態も合わせると全体的には移動力が落ちるので、長距離移動の用途としては適していませんでした。

ですが刺突爆雷は敵目標に命中させなくても、視点を下に向ければ床に対して突撃が命中し爆発するので、任意のタイミングで突撃を「成功」させることが可能です。現在、これを用いて爆雷突撃後もダッシュを継続させる移動法がプレイヤーの間で研究されています。

ただし爆発時は自身が吹っ飛ぶこと、コストとして20HPを支払うこと、下手をすれば周りの味方を巻き込んでふっとばすことなどがデメリットです。爆発から這い上がる時間も加えたら、有効な移動手段と言えるかは検討の余地があるでしょう。

衝撃の慣性関連

Lunge mine? Okay. from r/BattlefieldV

刺突爆雷は仕様上、突撃時や着弾時に異常な慣性が発生している疑惑があります。上の動画のように突撃時に大きく吹き飛ばされる現象を始め、「刺突爆雷の自爆ダメージでデスしてから蘇生された場合、再度刺突爆雷を取り出した瞬間に衝撃が発生する」などというバグも散見されています。

意図的な利用が可能ならば、刺突爆雷をカタパルト代わりにプレイヤーを吹き飛ばすこともできるようになるのでしょうか。研究や検証が待たれます。

車上刺突爆雷競技、オリンピックの新種目に申請?

刺突爆雷をアンロックしたプレイヤーが多く見られるようになった先週末。Redditでは1つの動画が注目を浴びました。

Jeep / Boat Jousting – Coming to 2020 Tokyo Olympics from r/BattlefieldV

「2020年東京オリンピック新種目 – ジープ / ボート車上槍試合」と題されたこのスレッド。DICEのデザイナーであるFlorian氏も「苦労して助手席から使えるようにした甲斐があったよ」とコメントを寄せた動画には、多くの可能性が秘められています。例えば続いてこちらの投稿:

How to kill a tank with one cab and a lungemine? We will show you :D from r/BattlefieldV

刺突爆雷は2本を同時に命中させれば戦車を即殺できる強力なガジェット、しかし戦車に徒歩で接近するのは難しい。そんなプレイヤーたちの頭に真っ先に浮かんだのは足を借りることでした。

独特な機能や物理的な効果を発生させるゆえに、さまざまな遊び方が見いだされている刺突爆雷。『BFV』のサンドボックス感を深める、また1つの素晴らしいガジェットです。Redditでは刺突爆雷オンリーの対戦動画なども紹介されていますが、他にどんな使い方が発掘されるのか。コミュニティの創意工夫が楽しみです。

Lunge Mine Battle on Wake Island from r/BattlefieldV

『Battlefield V(バトルフィールド 5)』の発売日は11月20日で、対象機種はPlayStation 4Xbox OnePC

Battlefield V (バトルフィールドV) - PS4

Battlefield V (バトルフィールドV) - PS4

2,920円(04/07 09:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

COMMENTS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    そうそう、これがBFなんだよ。
    真面目なシューターとして遊ぶもよし、ネタに走って笑い転げながら遊ぶもよし。
    最高のFPSだ。

  2. By 匿名

    こういう遊べる武器はもっと増やすべき。BF4にあってBFVにないのはこれ。

コメントする

*