レインボーシックス クアランティン:プロモーションアートが公開、舞台はニューヨークとサンフランシスコ?

レインボーシックス クアランティン:プロモーションアートが公開、舞台はニューヨークとサンフランシスコ?

人間に寄生した地球外生命体とオペレーターたちが対峙する3人協力プレイFPSゲーム『Rainbow Six Quarantine(レインボーシックス クアランティン)』の、プロモーションアートが公開されました。

『R6Q』プロモーションアート公開

2015年にリリースされ、今なお大きな人気を博しているタクティカルFPS『レインボーシックス シージ』のスピンオフ作品である『R6Q』のプロモーションアートがArtStation(アートステーション)にて公開されました(現在はページへのアクセスができない模様)。エンブレム入りのケミカルライトや布あてなどのイラストを投稿したのは、『R6Q』に携わる3DアーティストEric Clark氏で、イラストの作成は『R6Q』ロゴを含めた全ての2Dグラフィックデザインを手がけるBrent Ashe氏と共に行ったそうです。

『R6Q』プロモーションアート

レインボーシックス クアランティン:プロモーションアートが公開、舞台はニューヨークとサンフランシスコ?

レインボーシックス クアランティン:プロモーションアートが公開、舞台はニューヨークとサンフランシスコ?

レインボーシックス クアランティン:プロモーションアートが公開、舞台はニューヨークとサンフランシスコ?

レインボーシックス クアランティン:プロモーションアートが公開、舞台はニューヨークとサンフランシスコ?

レインボーシックス クアランティン:プロモーションアートが公開、舞台はニューヨークとサンフランシスコ?

レインボーシックス クアランティン:プロモーションアートが公開、舞台はニューヨークとサンフランシスコ?

レインボーシックス クアランティン:プロモーションアートが公開、舞台はニューヨークとサンフランシスコ?

レインボーシックス クアランティン:プロモーションアートが公開、舞台はニューヨークとサンフランシスコ?

ゲームの舞台はニューヨークとサンフランシスコ?

投稿されたイラストではケースが外れた状態のケミカルライトも描かれており、ガラス部分にNYと記されたものとSFと記されたものがあります。それぞれのケミカルライトでは座標も確認することができ、NYの方は「ニューヨークの市庁舎(40.7128°N 74.0060°W)」、SFの方は「サンフランシスコのバン・ネス・アベニュー(37.7749°N 122.4194°W)」を示しています。サンフランシスコのバン・ネス・アベニューには様々な市庁舎が面しているようですが、『R6Q』にはこの2つの場所の市庁舎が関係するのでしょうか。

タイトル発表当初は2020年初め頃のリリースが予定されていたものの、その後リリースの延期が発表された『R6Q』。未だゲームに関する情報は謎が多いままですが、さらなる情報が判明次第お伝えします。

関連記事

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

Source: Windows Central

購読
通知
guest
1 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
みそ
みそ
4 月 前

3人協力FPSなの?