UBISOFTがコロナウイルスの影響で在宅勤務を実施、サービスやサポートは継続

UBISOFTがコロナウイルスの影響で在宅勤務を実施、サービスやサポートは継続

『レインボーシックス』や『アサシン クリード』、『ファークライ』シリーズなどで知られるUBISOFT社が、世界的な新型コロナウイルスのまん延に対応する形でスタッフの在宅勤務を実施します。ゲーム業界では既にロックスター・ゲームスやバンジーといった企業が在宅勤務を実施していますが、ここにUBISOFTも含まれることになります。

UBISOFT公式からの声明

UBISOFTコミュニティの皆さんへ

新型コロナウイルス感染症をめぐる状況が拡大しているため、Ubisoftコミュニティ内の、さらには世界の多くのスタッフの日々の生活に変更を加えます。われわれのチームやコミュニティの安全を守るため、あらゆる手を尽くしていることをご理解ください。プレイヤーの皆さんにゲームを続けてもらうために、こちらも新しい働き方に合わせていきます。

Ubisoftチームメンバーの健康と福祉が最優先となります。数週間前から公式のガイダンスに準じ、関連する地域では「在宅勤務ポリシー」を実施しておりました。引き続き状況を注視し、対応して参ります。

このような困難な状況にも関わらず、大きな混乱もなくオンラインゲームやサービス、サポート業務を行うためにベストを尽くしてくれているチームの皆さんにはお礼を申し上げます。

多くの方々にとって難しい時期であることは承知しております。Ubisoftのゲームを通して、ほんの少しでも皆さんに充実感や気休め、一体感を提供できれば幸いです。

皆さんのご理解と変わらぬご支援を感謝いたします。

お互いの健康に気を配り、なにとぞご自愛ください。”

サービスは変わらず

今回のメッセージからは、今後さらに劇的な変化が起きなければ、Ubisoftのゲームやサービスが今後は問題なく継続されるでしょう。

『レインボーシックス クアランティン』 E3 2019 オフィシャルティザー

既にUbisoft主催のeスポーツイベントである『レインボーシックス シージ』プロリーグ・シーズン11ファイナルの中止も発表されています。また労働環境の調整が強いられたことで、昨年に発売延期が発表された、『レインボーシックス クアランティン』、『ウォッチドッグス レギオン』、『ゴッズ アンド モンスターズ』なども影響を受けるかもしれません。

ゲーム業界と多くの関連企業が、財務や事業計画に少なからざるダメージを受けることが予想されます。発売やアップデートを期待しているゲームタイトルのある方は、各社のコンテンツを購入することがその企業にとっての支えとなるでしょう。

レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

Source: Ubisoft公式Twitter

コメントする

*