Sennheiser、バッテリーが最大100時間持続するゲーミングヘッドセット「GSP 370」を5月7日発売

Sennheiser、バッテリーが最大100時間持続するゲーミングヘッドセット「GSP 370」を5月7日発売

EPOS Japanはゲーミングブランド「EPOS | Sennheiser」より、ゲーミングヘッドセット「GSP 370」を5月7日に発売します。価格は26,800円(税込)で、その特色はほぼ遅延なしのワイヤレス接続と、なんといっても最大100時間(週6時間使用で4ヶ月間充電必要なし)持続するというバッテリーです。

有線はわずらわしいけど応答速度には妥協したくないというゲーマーに最適。WindowsやMacはもちろん、PlayStation 4とも互換性があります。 以下プレスリリースより。

ゲーミングヘッドセット「GSP 370」5月7日発売

EPOS | Sennheiser Gaming SuiteとPCで自分好みのサウンドにカスタマイズ

EPOS | Sennheiser GSP 370オーバーイヤー型ヘッドセットは、受賞歴を誇るGSP 300と同じ密閉型音響デザインです。 内蔵デジタルサウンド処理が優れたオーディオ体験、卓越した低音域性能と鮮明なサウンドを実現します。 よりパーソナライズされたサウンド体験のために、EPOS | Sennheiser Gaming Suite for Windows®は様々なサラウンドサウンドモード、イコライザー、マイクオプションで、サウンドのカスタマイズを可能にし、一般的なジャンルや環境向けのすぐに使用できるプリセットが用意されています。

他のEPOS | Sennheiserゲーミングヘッドセットと同じく、GSP 370 は、放送機材品質のノイズキャンセリングマイクを備えています。バックグラウンドノイズを最小限に抑え、ブームアームを上に上げるとミュートにできます。 ゲーム音声はWindows®音量コントロールと同期されており、イヤーカップに内蔵されたボリュームホイールでも直感的に調節できます。

EPOS | Sennheiser GSP 370

EPOS | Sennheiser GSP 370マイクは、ブームアームを上にあげるとミュートにできます。

最大100時間のバッテリー持続時間

革新的な節電技術と長時間持続する内蔵バッテリーのおかげで、EPOS | Sennheiser GSP 370は最大100時間という驚くべきバッテリー持続時間を実現しています。平均週6時間ゲームをする場合は、4ヶ月間追加充電なしでプレイできます。 EPOS | Sennheiser GSP 370はMicro-USB ケーブル(同梱)で充電できます。また、充電中も使用することが出来ます。

EPOS | Sennheiser GSP 370

EPOS | Sennheiser GSP 370は最大100時間という驚くべきバッテリー持続時間を実現しています。付属のMico-USBケーブルで充電できます。

快適な装着性にフォーカス

EPOS | Sennheiserは、快適な装着性にフォーカスしてGSP 370をデザインしました。 パッド付きスプリットヘッドバンドは頭部への圧迫感を軽減します。低反発フォームによるイヤークッションが快適なフィット感を提供し、周囲のノイズを遮断します。 スマートボールジョイントヒンジにより、イヤーカップは自動的に頭の形に合わせた角度になります。また、イヤーカップ自体も耳にぴったりフィットする形状と角度になります。 これにより、長時間のゲームセッションでもヘッドセットの快適性が持続します。

EPOS | Sennheiser GSP 370

ヘッドバンドは中央で分離しているため、頭部への圧迫感を軽減します。低反発イヤークッションは周囲のノイズを遮断し、快適なフィット感を提供します。

Source: PressRelease

コメント

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    普通に数千円のイヤホンとラべリアマイクが良い。
    こんなロボットみたいなの着けて邪魔だし恥ずかしくないのかね。

  2. By 匿名

    週6時間ってわざわざヘッドセット使ってやるゲーマーなら有り得ないレベルだろ笑

    • By 匿名

      それなw

コメントする

*