『CoD:MW』日本代表決定戦 Spring:Libalent Vertexが連覇!栄誉と賞金200万円獲得

『CoD:MW』日本代表決定戦 Spring:Libalent Vertexが連覇!栄誉と賞金200万円獲得

『Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア / CoD:MW)』の国内eスポーツ大会「Call of Duty Challengers日本代表決定戦」Springにて、強豪チームLibalent Vertexが見事優勝。栄光と賞金200万円を獲得しました。

Libalentが連続優勝

GRAND_FINAL_結果

  • グランドファイナル: Libalent 3 – 0 SCARZ
    • ハードポイント(Gun Runner): 250 – 100
    • サーチ アンド デストロイ(St.Petrograd): 6 – 3
    • ドミネーション(Gun Runner): 184 – 126

グランドファイナルでは、Libalent Vertexとルーザーズファイナルを勝ち上がったSCARZが対決。第1ゲームのハードポイントはLibalentが終始圧倒、SCARZの追い上げをかわし先制します。

続くサーチ アンド デストロイは途中までイーブンの戦いでしたが、最後Inaba UR選手が1v2クラッチを決めLibalentが王手をかけます。第3ゲームのドミネーションでは前半Libalentが3点取りに成功し、SCARZを大きく引き離す展開。後半も2拠点を盤石に防衛し、基本を忠実に守ったLibalentがストレートで勝利しました。

「Call of Duty Challengers日本代表決定戦 Spring」決勝大会

MVP:Inaba UR選手

MVPはInaba UR選手。安定した高いキルレシオを見せつけました。

  • 平均スコア:3,203
  • K/D:1.34
  • HP平均タイム:67秒
  • 平均キル数:20.10キル

順位および賞金

WINNERSトーナメント_004

順位と賞金は以下の通り。本来であれば優勝チームは「CoD Challengers」への出場権を手に入れますが、こちらは既報の通り誰でも参加できるオンライン大会へ変更されています

  1. Libalent Vertex:200万円
  2. SCARZ:150万円
  3. Rush Gaming:100万円
  4. e NovatioN:50万円

次回Summer大会の予選エントリーもすでに開始されており、オンライン予選は5⽉24⽇から始まります。詳細はこちらの特設サイトをご覧ください。

『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PC(Battle.net)。

購読
通知
guest
4 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
Anonymous
Anonymous
2 月 前

既にRushはチームとしての体をなしてないから
過去のベストメンバーだったらどうか

Anonymous
Anonymous
2 月 前

eスポには興味ないから分からないこと多いけど、リバレントって強いんだね。
なんか世間ではラッシュラッシュって感じじゃん。

Anonymous
Anonymous
2 月 前
返信する  Anonymous

強さと知名度は比例しないってこった

Anonymous
Anonymous
2 月 前

三四郎の小宮に似てる