Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴

Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area  F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴

ユービーアイソフトは、『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』を丸パクリしたと巷で話題となっている『Area F2(軍事地域F2)』をストアで配信しているとして、AppleとGoogleを提訴しました。

ユービーアイ、動きます

Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴

eスポーツ界隈の看板作品の一つに名を連ねる『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』ですが、これまでも様々ないわゆる「コピー品」と呼ぶしかないスマートフォン用アプリが登場してきました。中国のアリババグループが買収した香港を拠点とするEjoy.comが開発した『Area F2』は、先月4月16日にオープンベータを開始。

こちらもどうみても『レインボーシックス・シージ』の「パクリ」としか言えない作りとなっており、オープンベータが開催されていない日本でも話題に上るほどでした。

Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area  F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴

当然、自分たちが5年もかけて育ててきたタイトルを丸パクリされて喜べるはずがないユービーアイソフトは、『Area F2』をそれぞれのプラットフォームで配信しているAppleとGoogleに取り下げを要求しました。 しかし、両社がその要望を断ったとして、ユービーアイソフトはアメリカ時間の5月15日金曜日に、ロサンゼルスの裁判所にて両社を相手取り提訴しました。

UBIのコメント

Bloombergは、ユービーアイソフトが提訴の際に提出した資料に記されていた言葉を以下のように報じています。

アリババグループ擁するEjoy.comによって開発された『Area F2』は、異論を挟む余地もなく『レインボーシックス・シージ』の「ほぼ丸パクリ」です。 『レインボーシックス・シージ』は世界で最も人気のある対戦型マルチプレイヤーゲームであり、ユービーアイソフトの最も価値のある知的財産です。『Area F2』はオペレーターの選択画面から最終スコアのリザルト画面まで、その間のありとあらゆる全ての要素を実質的にコピーしています。

Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴

Bloombergがこの件についてGoogleにコメントを求めたところ、緊急コメントはなし。Appleとアリババにもコメントを求めたものの、営業時間外だったのでコメントはなしとのこと。

Ejoy.comがまさかの反論

一方、ゲームアナリストのDaniel Ahmad氏がツイートした内容によると、『Area F2』の開発元Ejoy.comは以下のように公でコメントしているとのことです。

「Area F2は独自に開発されたものであり、これまでに2年間もかけて開発しています。著作権侵害は犯していません。当社はユービーアイソフトをリスペクトしており、当社のリーガルチームはすでに彼らと話し合いを始めている」

Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴
独自に開発されたArea F2
Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴
著作権侵害はしていないArea F2
Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴
リーガルチームが存在するArea F2
Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴
ユービーアイソフトをリスペクトするArea F2

『レインボーシックス・シージ』のグラフィックやルールどころか、ドローンや銃のリコイル、キャラクター、ラペリングなどまさにありとあらゆる要素が丸パクリしたと言うしかないほど似通っている『Area F2』。果たしてこの裁判は一体どのような着地を迎えるのでしょうか。

プレイレビュー

なお、『Area F2』は当サイトEAAでも実際にプレイしてレビューしているので、気になった方はぜひご一読ください。

レビュー:どこかで見たようなタクティカル・モバイルFPSゲーム『Area F2』をプレイしてみた

続報

[速報] モバイルタクティカルFPS『Area F2』が突然のサービス終了を発表

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

Source: Bloomberg, @ZhugeEX

購読
通知
guest
66 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
Anonymous
Anonymous
1 月 前

めんどくいなぁ
パクリにしか見えんわ
何がリスペクトや2年間やってきたって2年間のクオリティじゃねぇわな3ヶ月のクオリティやわ
さっさと謝って取り下げた方が身のためじゃない?

Anonymous
Anonymous
1 月 前

荒野行動が生き残ってる時点で結果は見えたようなもの

Anonymous
Anonymous
1 月 前
返信する  Anonymous

結果は見えてましたか?

Anonymous
Anonymous
1 月 前

言っちゃ悪いけど、自分は本家もやって、area f2もやっている。
自分目線の話になるが、銃声や足音、エフェクト等に関しても、似ているが違う。
雰囲気は同じだけど、雰囲気だけ。
厳格にパクリといえるかは定かではない。

Anonymous
Anonymous
1 月 前
返信する  Anonymous

正気かww
気は確かかww
ネタであってくれ

Anonymous
Anonymous
1 月 前
返信する  Anonymous

R6Sファンを取り込む可能性のあるコピー品であることが問題なんだから
むしろ雰囲気を変えろって話です

ユッチ
ユッチ
1 月 前
返信する  Anonymous

お金が有ればの話しだが………

Anonymous
Anonymous
1 月 前

独自開発とはいったい

Anonymous
Anonymous
1 月 前

荒野行動は取り下げることができましたか…?(小声)

Anonymous
Anonymous
1 月 前
返信する  Anonymous

PUBG自体がぱくりなんだから(キリ)
とかドヤ顔ハズカシスwwwww
バトロワのアイディア自体は国産マンガが元だし、多分コイツh1z1がーとか言いたいんだろうが。

ゲームとしての企画者はヨーロッパのmoderのおっさんでその人はH1Z1企画したあとに青穴にちゃんと移籍して雇われてPUBG作ってる。
つまり両方ともバトロワを作った本人が関わった作品なんだよなぁ。

漫画は映画にもなってゲームの世界にも大きな影響与えた訳だけど、パクリだから(キリ!)
って顔してる奴はそんな事も知らずにイキってんだろうなぁ(遠い目)

因みにマンガのバトルロワイヤル、小説が原作な。
ただ余りに暴力的なコンセプトは洋画とかにヒントありそうだけど小説から先に辿る元ネタってのはあまり話されていないな。
バトルランナーとか影響ありそうどけども。

Anonymous
Anonymous
1 月 前

これもブルー○ースとかも荒野行動みたいに結局配信停止まではいけないだろうな
鬼滅のパクリみたいにユーザーが声をあげるしかない

Anonymous
Anonymous
1 月 前
返信する  Anonymous

PUBG自体がパクリなんだからそりゃ他社に寛容にもなるんじゃね
つかPUGBはそれも含めてゲーム内外の整備が甘かったから客がFortniteに流れたって経緯がある

Anonymous
Anonymous
1 月 前
返信する  Anonymous

ブルーオースはアズレンやアビホラにもパクリパクリ言って噛み付いてた謙兵が発狂(いつもの)してるだけなんだがなぁ…
プレイしててこれはさすがにアカンと思ったけど

Anonymous
Anonymous
1 月 前
返信する  Anonymous

ブルーオースはパクリ元がそもそもアレだからパクられても何も文句言えた質じゃないんだよなぁ、パクられて当然の結果を生んだ本家が悪い

Anonymous
Anonymous
1 月 前
返信する  Anonymous

ブルーオースはパクリ元がパクられユーザーが流れていく当然の結果を生んだのが悪い

Anonymous
Anonymous
1 月 前
返信する  Anonymous

ブルーオースはパクリ元がパクられてユーザーが流れていく当然の結果を生んでしまってるのがな

Anonymous
Anonymous
1 月 前

ここまでやってパクりしゃないとか舐めとんのか

Anonymous
Anonymous
1 月 前
返信する  Anonymous

ブルーオースはパクリ元がそもそもアレだからパクられても何も文句言えた質じゃねえんだよなぁ、寧ろパクられて当然の結果を生んだ本家が悪い

Anonymous
Anonymous
1 月 前
返信する  Anonymous

ブルーオースはパクリ元がそもそもアレだから何の文句も言えた質じゃないんだよなぁ
パクられてユーザーが流れていく結果を生んでしまった本家が悪い

Anonymous
Anonymous
1 月 前
返信する  Anonymous

ブルーオースはパクリ元がユーザーを流していく当然の結果を作り出したのが悪い

Anonymous
Anonymous
1 月 前

リスペクトと言えば許されるとでも思ってるんだろうか

Anonymous
Anonymous
1 月 前

裁判で判決出るまでに稼いで終了するために取り下げ拒否?

Anonymous
Anonymous
1 月 前

これでパクってないは清々しいなクソが

1 2 3 5