レインボーシックス シージ:新シーズン「オペレーション・スティールウェーブ」がスタート(その1)/新オペレーターAceとMelusi/新「民家」などアップデートまとめ

レインボーシックス シージ:新シーズン「オペレーション・スティールウェーブ」がスタート(その1)/新オペレーターAceとMelusi/新「民家」などアップデートまとめ

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』で日本時間6月16日深夜に新シーズンがスタートしました。イヤー5シーズン2「オペレーション・スティールウェーブ」では、2人の新オペレーターのAce(エース)とMelusi(メルシ)が登場します。Aceは史上4人目のハードブリーチャーとして攻撃側の作戦の幅を大きく広げ、Melusiはそんな攻撃側の勢いを強制的に減速させるという、いずれも強力なオペレーターです。他にもリワークされた「民家」マップなど、数多くのアップデートが加えられています。

新攻撃オペレーター:Ace

新攻撃オペレーターAce

ノルウェー出身で民間軍事会社「ナイトヘイヴン」に所属するAceは、救命医でありながら注目されたがりの性格で、レインボー部隊のディレクションを務めるハリーからも「利己的な人間」と評されています。

そんな彼の扱う固有ガジェットは「S.E.L.M.A.アクアブリーチャー」。水圧カッターによって補強壁を破壊するという派手な性能をしており、これまで登場したハードブリーチャー、Thermite(テルミット)、Hibana(ヒバナ)、Maverick(マーヴェリック)と合わせると、補強壁を破壊できる攻撃オペレーターがこれで4人となりました。

S.E.L.M.A.アクアブリーチャーの詳細な仕様

設置と同時に起動。最大3列分の穴を開けられる
  • 3個所持
  • 投てきタイプのガジェットで、壁面に設置されると自動的に起動する
  • 起動後、約4秒で最初の穴が開通、下段にスライドし、最大で3回穴が開けられる
    • 3回分すべて開けるのに約12秒かかる
  • 爆発時に近くにいても、受けるダメージは5から10程度とわずか
  • 補強されていない壁や落とし戸、床板を破壊可能
    • 補強されている落とし戸を破壊するにはアクアブリーチヤーが2個必要になる
  • 展開型シールドを破壊可能
  • Melusi(メルシ)のバンシーソニックディフェンスなどの設置型ガジェットも破壊可能
  • Jager(イエガー)のADSや、Wamai(ワマイ)のMAG-NETで無効化できる
  • Mute(ミュート)のミュートジャマーで停止させられる
    • ジャマーを取り除くと再起動する
  • Bandit(バンディット)のショックワイヤーや、Kaid(カイド)のエレクトロクロウで破壊できる
    • エレクトロクロウはタイミングや設置場所によっては破壊されてしまう
  • 起動中にタイミングよくMira(ミラ)のブラックミラーを設置することで破壊できる
  • Maestro(マエストロ)のイービルアイで破壊できる

Aceのロードアウト

  • メインウェポン
    • AK-12 (Fuze(ヒューズ)のアサルトライフル)
    • M1014 (FBI SWATのショットガン)
  • サブウェポン
    • P9 (GIGNのハンドガン)
  • サブガジェット
    • ブリーチングチャージ
    • スモークグレネード
  • スピード2/アーマー2
Aceのロードアウト

Aceの「アクアブリーチャー」は対象に向かって投げるだけで自動的に起動し、かつ広範囲をまとめて破壊できるという便利なものです。彼は過去のハードブリーチャーに共通の問題だった、ガジェット使用中は無防備になるという点を最初からクリアしています

そのうえ彼はメインウェポンにAK-12を持っています。このアサルトライフルは最大ダメージ45、発射速度は850RPM(一分あたりの理論上発射弾数)という高性能を誇っているため、スピード2のオペレーターであるAceにとって純粋な力となるだけでなくチーム全体の火力も高めてくれるでしょう。

サブガジェットにはスモークグレネードも入っており、敵の射線妨害やディフューザー設置など、幅広い用途に使えます。武器の強さ。固有ガジェットの扱いやすさ。サブガジェットの便利さ。すべてを備えているAceは、初心者から上級者まで幅広くおすすめできる新オペレーターです

新防衛オペレーター:Melusi

新防衛オペレーターMelusi

南アフリカ出身でインカバ部隊対密猟班に所属するMelusiは、保護区の動物を守る強い責任感と信念を持っており、ハリーからは「効率的かつ正確な働きぶりを見せる」と評されています。

彼女の固有ガジェットは「バンシーソニックディフェンス」という、壁や床に設置するタイプのガジェットです。効果範囲に敵が入るとバンシーは大きな異音を発し、強烈な音波によって敵のスピードを強制ダウンさせます。防衛側のサブガジェットである有刺鉄線が大幅強化されて防弾仕様になったようなもので、攻撃側はガジェット破壊用のガジェットを以前よりもさらに多く持ち込む必要があるでしょう。

バンシーソニツクディフェンスの詳細な仕様

範囲内に入った敵のスピードをダウンさせるガジェット
  • 3個所持
  • 設置タイプのガジェットで、範囲内に敵が入ると自動的に起動する
    • 壁に穴が開いていれば、効果範囲はその壁の向こうにも広がる
  • 床や壁に自由に設置できる
  • 2階の壁に設置して床に穴を開けると、効果範囲が1階の部屋まで広がる
    • 効果範囲はガジェットを中心としたドーム状になっている。たとえば2階の床に設置してその周辺の床に穴を開けても、1階には効果は及ばない
  • 防弾仕様
    • 殴って破壊可能
  • Thatcher(サッチャー)のEMPグレネードで一時停止させられる
  • Twitch(トゥイッチ)のショックドローンで一時停止。もう一発テイザーを当てると破壊できる
  • Ash(アッシュ)のブリーチング弾やフラググレネードなど、各種爆発物で破壊できる
  • Finka(フィンカ)のアドレナリンサージで遅延効果を低減できる

Melusiのロードアウト

  • メインウェポン
    • T-5 SMG(Lesion(リージョン)のサブマシンガン)
    • Super 90 (Frost(フロスト)のショットガン)
  • サブウェポン
    • RG15 (GROMのハンドガン)
  • サブガジェット
    • 展開型シールド
    • インパクトグレネード
  • スピード3/アーマー1
Melusiのロードアウト

「バンシー」によってスピードダウンさせた敵に対しては、メインウェポンのT-5 SMGが役に立つでしょう。ダメージは28、発射速度は900RPMで、反動が少なく扱いやすいため、スピード3という彼女のステータスを活かせば獲物に素早く襲いかかれます。

サブガジェットにはインパクトグレネードニトロセルを装備。積極的に前に出たり、工事を支援したいときにはインパクトグレネードが、引いて守ったり、動きの鈍った相手を仕留めるにはニトロセルが効果的です。プレイヤーがそれぞれ得意な形に合わせてスタイルを変えられます。また、「バンシー」には設置の仕方に創意工夫の余地があり、使っていて楽しい新オペレーターでしょう。

なおMelusiのサブガジェットは、発表当時はインパクトグレネードと展開型シールドでしたが、5月20日のテストサーバー・アップデートによりニトロセルに変更され、こちらがリリース版となりました。

バランス調整が予告済み

現地時間6月15日付で公開されたシーズン・パッチノートの追加分によると、新オペレーターのAceとMelusiはシーズン開始後の次のパッチとなるY5S2.1で弱体化が予定されています。

  • Ace(とHibana)
    • 床でガジェットを爆発させることでBanditの「ショックワイヤー」を補強壁越しに破壊でき得る点を修正
  • Melusi
    • ガジェットの効果範囲を約33%減らす
    • 敵視点での「バンシー」のサウンドエフェクトを低減する

レインボーシックス シージ | オペレーション・スティールウェーブ 先行プレイ!新オペレーター”エース”と”メルシ”徹底解説 – EAA

リワーク「民家」

リワークされた民家

『シージ』発売当時から長らく遊ばれてきた「民家」マップが、「オペレーション・スティールウェーブ」でリワーク(全面改修)されました。ゲーム内の全マップの中でもひときわ床面積が小さかったかつての「民家」は、防衛側としては積極的に飛び出さざるを得ず、プレイヤーによって好き嫌いがはっきり分かれるマップでした。

リワークを受けた「民家」は、マップの雰囲気をそのままに増築されました。これまでは外に面した壁のうち、破壊できる場所が地下ガレージにしかありませんでした。しかし新しい「民家」では2階の外壁に破壊して突入できる箇所があるのも特徴です。

全体的に広く、豪華になった新「民家」

一方では、これまでなかった壁や落とし戸が増えたことで、防衛側には工事のバリエーションが増えています。またほぼ全面の床が破壊できるため、広く立体的な戦い方が基本になるでしょう。以前から『シージ』をプレイしていた方は、リワークされた「民家」を歩き、新しくできるようになったことや、逆にできなくなったことなどをじっくり調べてみてください。

リワーク「民家」はクイックマッチにのみ採用されており、ランクマッチには登場しません

エリートEchoスキン「天下無双」

日本出身の防衛オペレーター、Echo(エコー)のエリートスキン「天下無双」が登場しました。

『レインボーシックス シージ』ECHOエリートセット「天下無双」

エリートセットには以下のアイテムが含まれています。

  • エリート専用ヘッドギアとユニフォーム
  • エリート専用オペレーターカード
  • エリート専用MVPモーション
  • エリート専用ガジェット
  • 武器スキン
    • MP5 SD用武器スキン
    • SUPER90用武器スキン
    • BEARING 9用武器スキン
    • P229用武器スキン
  • エリートEchoチビチャーム

なおエリートセットのアイテムはすべて外見を変えるものであり、オペレーターの性能は変化しません。また、エリートセットを装着すると固有ガジェットの名称や外見も変化しますが、仕様は変化しません。

全プレイヤーが無料でアップデート可能

「オペレーション・スティールウェーブ」の新コンテンツは、現在シージをプレイしているすべてのプレイヤーが、リリースと同時に無料でダウンロードできます

ただし新オペレーターの2人については、従来と同じルールが適応されます。

  • イヤー5パスを所持しているプレイヤーは、リリースと同時に自動でアンロックされる
  • イヤー5パスを所持していないプレイヤーは、リリースから7日後にアンロックできるようになる
    • アンロック方法は、新オペレーター1人につき名声25,000ポイントか600 R6クレジット
  • 新マップを含めたすべてのマップやイベント、無料版バトルパスには全プレイヤーがアクセスできる
レインボーシックス シージ:イヤー5パス
イヤー5パスには1年分の豪華特典が詰まっている

イヤー5シーズン2「オペレーション・スティールウェーブ」では、攻撃と防衛ともに非常に強力なオペレーターが導入され、各マップの戦い方について研究をし直す必要がありそうです。皆さんはもう2人の新オペレーターや新マップでプレイしてみたでしょうか?、コメント欄で新シーズンの感想をお聞かせください。

Source: RAINBOW SIX SIEGE

購読
通知
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る