\BO6 コード5万名に当たる/

CoD:MW:世界中で大量の誤った“永久BAN”が発生、説明や解除を求め1.5万人が署名活動

CoD:MW:世界中で大量の誤った“永久BAN”が発生、説明を求め1.5万人が署名活動

UPDATE 2020/07/09:公式フォーラムへ「BANが解除された」との報告が怒涛のように寄せられています。公式発表は今後行われるものと思われます。

2020年7月5日ごろから、『Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア / CoD:MW)』および無料バトロワ『ウォーゾーン』にて大量のユーザーが無実の罪で永久BANされているようです。

Activisionのフォーラムには誤ったBANの解除や説明を求める多数のプレイヤーが押し寄せ、SNSには「#BANACTIVISION」のハッシュタグが生まれ、署名サイトには説明を求める運動に15,000人が署名する事態に発展しています。

CONTENTS

いわれなき永久BAN

公式フォーラムやTwitterやFacebookといったSNSへの大量の投稿は、チートを使うような悪人ではなく「無実」の人々がほとんどだと推測されます。以下のような憤りや戸惑いの声が寄せられています。

  • 「何も悪いことはしていないのに配信中にいきなりBANされた」
  • 「3日ぶりにプレイしようとしたらいきなりBANされた」
  • 「70万円は課金してるのにプレイできなくなった」
  • 「お金返して!」
  • 「30分前に購入したらBANされた :(」
  • 「わたしをBANした明確な理由を提示してほしい」
  • 「おれは無実だ。解除しないなら返金してくれ」
CODMW BAN
公式ページへの大量のポスト(極一部)。現在も説明と解除を求める声が増え続けている。

Activisionからの説明はなし

サポートサイトへの投稿への解答は見当たらず、Twitterのサポートアカウントの解答も、ポリシーページへの誘導や「(永久BANの)決定は覆りません」といったテンプレ解答のみ。

業を煮やした無実のユーザーが署名サイトChange.orgにて「ActivisionへCoD:MWの不当なBANの説明を求める」署名活動を開始。執筆時点で15,000人が署名しており、その数は現在も増え続けています。

この大量のユーザーを巻き込んでいる「BANウェーブ」はおそらくチート対策ツールの判定ミスだとは思いますが、未だに公式発表がないのは腑に落ちません。早急な解決を望みます。

『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PC(Battle.net)。

via Anonymous Thanks!
EAA!! ではみなさんからの情報提供をお待ちしています。

CoD:MW:世界中で大量の誤った“永久BAN”が発生、説明を求め1.5万人が署名活動

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (27件)

  • 中華と韓国のチータが全然減らないから、チート対策は続けてほしい。

    PC版って俺のようなチータに、ぼこされてもやるドMかアホしかいなくなってしまった。

  • 疑わしきはBAN
    怪しいやつは通報されるってわからんのかな

  • 私の友人は生放送とかで手元晒していたにも関わらずアカウントBANされていた
    生放送のURLを公式に送ったら同じように「永久BANの決定は覆りません」と
    最初は短期的なBANしてから永久BANなら分かるけど、一発で永久BAN
    さらにその友人はもう一つアカウントを買って今度はタスクマネージャーを開いてやっていたけど再び覆らない永久BAN

    運営は自分達のシステムに自信持ちすぎ

  • 誤BANかあるというのに自分が通報したチーターは全然BAN報告こないんですがねぇ?

    • なんなら通報した一週間後とかにまた会いますねぇ!!

    • 毎日50人はブロック通報してるけど全然減りませんねぇ

      • 毎日50人て、それ本当に全部チーターかよ。
        弱いだけなんじゃ…

      • ヘッショされたらオートエイムが彼らの口癖だから許してあげて欲しい
        チーター側も空飛ぶぐらいわかりやすければもう少し減るんだろうけどな

1 2

コメントする

CONTENTS