CoD:BOCW:新機能”FOVスライダー”が全プラットフォームに搭載、視野角を自由に調節可能

CoD:BOCW:新機能”FOVスライダー”が全プラットフォームに搭載、視野角を自由に調節可能

間もなくPS4でアーリーアクセス・ベータがスタートする『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』。

今回は全プラットフォームに新機能「FOVスライダー」が搭載されるというニュースです

視野角を自由に設定可能

『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』ではグラフィックが次世代のものへと進化し、UIも一新されるなどさまざまな新要素が盛り込まれていますが、オプション設定にも嬉しい新機能が搭載されているようです。

TREYARCHの公式ブログページ内で紹介されていた新機能のひとつが「FOVスライダー」です。

FOVスライダーで視野角を自由に設定

この機能を使えば、オプション画面から自由にFOV(画面視野角)が調節できるようです。CoDシリーズに限らず、FPSプレイヤーは最高のパフォーマンスを発揮するために各自FOVを自力で変更することが珍しくありませんが、一方でタイトルによっては、視野角を強引に変えたことでゲームプレイ以外の部分が歪んだり膨らんで見えるなどのデメリットもありました。「FOVスライダー」なら、インターフェースなどの見え方を損なうことなくFOVだけを自由に調整できそうです。

「FOVスライダー」は『CoD:BOCW』の全プラットフォームに搭載され、PlayStation 4でのベータテストから早速使用可能になるようです。ベータへの参加資格を持っている方は、ぜひこの画期的な新機能を試し、より多くのフィードバックを提供してみてください。

CoD:BOCW:ベータのPS4早期アクセスは10月9日午前2時から、各機種の詳細日時とコンテンツの追加情報

CoD:BOCW:ベータの事前ダウンロード開始!新たな40人モード「Fireteam: Dirty Bomb」登場

『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』の対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series Xで、発売日は2020年11月13日(Xbox Series X版は2020年末)。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B08KJH81CL” title=”【PS5】コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー 【CEROレーティング「Z」】”][wpap service=”with” type=”detail” id=”B08GSL4GDF” title=”【PS4】コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー”]

Source: TREYARCH

コメント

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 生

    こんなものより画面の振動をどうにかして欲しいよな〜〜
    bo2くらいにして欲しいわ

  2. By なまえ

    す、すげえええええ!!やっぱCOD神アプデばっかじゃん
    他のゲームは見習えよな

  3. By AQA

    その機能をコンシューマ版のMWにくれ

    • By 名無し

      残念ながらあと数ヶ月もすればごっそり人がいなくなる作品にもうアプデは来ないよ。

      毎年新作を出さないといけないからね。旧作に構ってる余裕なんてないんだよ。

      • By No Name

        (恐らく)ウォーゾーンのベースゲームのままである以上人によってはMWの方が必要だと思うんだが

        • By 名無し

          warzoneにはそのうちくるだろうけどmwには来なさそう
          旧作やってる人の満足度上げることより、新作の販売促進を考えるのがいつものcodの販売戦略だから…。ましてやコロナやら開発スタジオの交代変更やらで人員が不足してるって言われてるしな…。
          ww2、bo4…旧作が好きだった人たちもみんな同じ目にあってきたんだよ
          今度はmwが好きな人たちがその目に会うだけのこと
          残念だけど、毎年出るオンラインゲームって、そういうことだもんな

          • By 匿名

            codの宿命やね

コメントする