『レインボーシックス クァランティン』と『ファークライ6』が2021~22年へ発売延期 「ポテンシャルを最大限に活かすため」

『レインボーシックス クァランティン』と『ファークライ6』が2021~22年へ発売延期 「ポテンシャルを最大限に活かすため」

Ubisoftは、『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』の世界をベースにした番外編PvEとして、2020年会計年度内の発売を予定していた『レインボーシックス クァランティン』が2021年会計年度へ発売を延期することを発表。合わせて「ファークライ」シリーズの新作『ファークライ6』の延期もとなることを明かしました。

2大タイトルが発売延期へ

これは現地時間10月29日にUbisoftが今年度の半期決算にて発表したもの。第2四半期におけるNet Booking(期中の物理またはデジタルの製品および各種サービスの純売上高)は目標値である約290.0百万ユーロを上回る344.7百万ユーロと堅調なもので、人気タイトルのひとつである『レインボーシックス シージ』はリリース以降累積で25億ユーロ(約3,051億円)の収益を上げるなど今期は各タイトルで好調なセールスを記録しています。

しかしながら、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、2020年会計年度内での発売を予定していた2大タイトル『レインボーシックス クァランティン』と『ファークライ6』は、2021年会計年度(2021年4月1日から2022年3月31日)に発売延期となったことも発表されました。

この予定変更および為替レートの変動を考慮に入れ、Ubisoftは今年度におけるNet Bookingの目標レンジを5月時点の「2,350百万ユーロ~2,650百万ユーロ」から「2,200百万ユーロ~2,350百万ユーロ」に、営業利益(IFRS非適用)目標レンジも「400百万ユーロから600百万ユーロ」から「420百万ユーロから520百万ユーロ」へとそれぞれ修正しています。

CFOのFrédérick Duguet氏によれば、延期決定は両タイトルの持つ「ポテンシャルを最大限に活かすため」とのことですが、2大AAAタイトルの2020年度内の発売を心待ちにしていたシージファンやファークライファンには残念なお知らせとなりました。

地球外生命体と戦う3人協力プレイFPS『レインボーシックス クアランティン』発表、2020年発売 [E3 2019]

『レインボーシックス クアランティン』『ウォッチドッグス レギオン』などの発売延期、2020年か2021年へ

Source: Ubisoft

購読
通知
guest
5 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
名無し
名無し
26 日 前

発売予定が2020年4月でコロナ問題表面化が3月、それでコロナの影響で1年延期は言い訳にしか聞こえん

名無し
名無し
28 日 前

Farcry6めっちゃ楽しみ
PVの感じ結構街な感じだったけどどうなんだろ

a
a
28 日 前

どっちも期待の大きい有名タイトルだから絶対に成功させてほしいね

Green
Green
28 日 前

ウソこけww
コロナ無くても遅れてたやろ!!w
まぁ、面白い作品になるなら文句はない。頑張ってほしい。

俺
28 日 前

ファークライもレインボーシックスも人気タイトルだし、まあ気長に待つかな