レインボーシックス シージ:リリース当時、5年前のシージ復活! 期間限定の”レガシー”モードがスタート

レインボーシックス シージ:リリース当時、5年前のシージ復活! 期間限定の”レガシー”モードがスタート

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』ではイヤー5シーズン4「オペレーション・ネオンドーン」が進行中。そんなシージの発売5周年を記念して、2015年のリリース当時に近い環境下でシージがプレイできる期間限定「レガシー」モードが開催中されました。

発売当時のシージを体験

日本では2015年12月10日にリリースされたUbisoftの『レインボーシックス シージ』も、今年の12月にめでたく5周年を迎え、イヤー6以降のアップデートにも期待が高まっています。

一方で新しくシージを始めた方には、ベテランプレイヤーの語る「昔のシージ」がどんなものだったか想像できない方も多いはず。そんな新規もベテランもともに楽しめるのが今回の期間限定「レガシー」モードで、オペレーターの装備や対戦マップが、リリース当時の5年前(に近いもの)に戻った状態でプレイできます。

Tom Clancy’s Rainbow Six Siege – Arcade – Legacy

スピード3防衛のACOGも復活

「レガシー」モードでは、シージコミュニティのミームと化している、ACOGを没収される前のBandit(バンディット)やJager(イエガー)たちを体験でき、他にも以下のような特徴があります。

「レガシー」モードでは初期オペレーターのみピックできる
  • ルール
    • 爆弾モード
    • 5v5
    • 制限時間3分
    • 攻撃と防衛は1ラウンドずつ交代
    • 出撃・防衛地点は選択可能
  • マップ
    • 大統領専用機」に加え、リワークされる前の「民家」や「ヘレフォード基地」でプレイできる
  • 攻撃側
    • 使えるのは初期オペレーター10名のみ
    • Thermite(テルミット)がフラググレネードを持っているなど、サブガジェット構成が初期のものになっている
    • Ash(アッシュ)のR4-CにACOGがついているなど、サイトの構成が初期のものに戻っている
    • Twitch(トゥイッチ)のショックドローンなど、各ガジェットは現在の仕様のまま
    • ハードブリーチングチャージは実装されていない
  • 防衛側
    • 使えるのは初期オペレーター10名のみ
    • Smoke(スモーク)がニトロセルを持っているなど、サブガジェット構成が初期のものになっている
    • Jager(イエガー)、Bandit(バンディット)らがACOGを持っているなど、サイトの構成が初期のものに戻っている
    • Kakpan(カプカン)のEDDなど、各ガジェットは現在の仕様のまま
    • インパクトグレネードや防弾カメラは実装されていない

なおY5S3でリワークを受けたTachanka(タチャンカ)も現在の姿のままなので、各ガジェットの仕様も現行のままである点を踏まえると、完全な「発売当時のシージ」の再現とまではいかないようです。

「レガシー」モードの設定では現在の通常モードほどにはフェアなバランスを感じられないかもしれませんが、期間限定のお祭りモードとして今のうちにお楽しみください(バトルパスも進行します)。この「レガシー」モードは日本時間2021年1月5日までプレイできます。

Source: Rainbow Six Siege Official

購読
通知
guest
6 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る