エーペックスレジェンズ:”今のエーペックスはオーバーウォッチになってる”? 海外プロが最新パッチノートに懸念

エーペックスレジェンズ:”今のエーペックスはオーバーウォッチになってる”? 海外プロが最新パッチノートに懸念

Respawn Entertainmentが開発する『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』では日本時間1月6日より期間限定イベント「ファイトナイト」がスタートします。

そんななか、新しいパッチノートを読んだ海外プロ選手たちによる、「エーペックスがオーバーウォッチ化しているのではないか」という議論についてお届けします。

最新パッチノートが公開されたが…

日本時間1月6日より、パスファインダーが主役の新たな期間限定イベント「ファイトナイト」が開催されます。これに合わせて公式パッチノートも公開され、ランパートやコースティックのアビリティ強化などのバランス調整が発表されました。

最新パッチノートの内容については公開直後から議論が大きく盛り上がっていますが、海外プロチームTSMのエーペックス部門に所属するSnip3down選手はネガティブに受け止めているようです。

レジェンドのアビリティを強化するのは止める必要がある。でないと自分が何のゲームをプレイしてるやら分からなくなってしまう

これには同じTSMのImperialHal選手や他のプロ選手たちも同意を示し、retzi選手も「こうガスまみれだとエーペックスだって分からないよね」と、コースティックの強化に交えた感想を述べています。

同じくエーペックスのプロプレイヤーであるCeryal選手も、「今のエーペックスはオーバーウォッチになってる。以前は『誰のガンスキルが最強か』だったのに、今は『誰がアビリティをいちばんうまく使えるか』って話になってる」とコメント。

エーペックスのストリーマーDiegoも彼に同意し、「自分がソルジャー76で、他は全員ロードホッグって感じがするよ」と述べています。

エーペックスは銃がメインのゲーム

実際のところ、『エーペックスレジェンズ』と『オーバーウォッチ』の比較はどこまで適切なのでしょうか。実はこの2タイトルの比較は2ヵ月前のシーズン7リリース時にもRedditのエーペックス公式サブレで議論になっており、ゲームデザインを統括する開発スタッフDaniel Klein氏がこれに回答していました。

ユーザーの意見:ホライゾンはいい感じだと思う。最近のレジェンドたちはリリース時は普通の性能だし、ランパートは以前と変わらず悪い。ただ自分としては強すぎるレジェンドは作って欲しくないし(オーバーウォッチがブリギッテやシグマを出したときは、ダブルシールドメタが何ヶ月もの間ゲームをダメにしてしまった)、レジェンドのアビリティに何個も欠点をつけて欲しくもない(ローバのブレスレットは遅いし、アニメーションは長いし、うるさいし、明るくて眩しいし、しかも起動中は走れない。あとランパートは何を設置するにも無限に時間がかかるし、パッシブだって銃を3つくらい持ってないと使い物にならない)。

Daniel Klein氏の回答:説明が非常に難しいんですが、ちょっと聞いてください。まずオーバーウォッチとエーペックスではゲームのジャンルが違います。両方ともFPSで、キャラクターが固有アビリティを持っている点では似ています。でも別物なんです。バトロワと、目標志向のチームデスマッチ(もちろんそうした面も加味していますが)どっちが良いかという話ではないんです。私が言いたいのは、オーバーウォッチはアビリティがメインのゲームで、エーペックスは銃がメインのゲームということです。確かにオーバーウォッチにも銃は出てきます(中略)、しかし重要なのは、これらの銃は他のアビリティとセットになって組み込まれているという点です。ソルジャーの銃をザリアに渡せば万事解決とはいきませんし、トレーサーや、ソルジャーと同じクラスの他のキャラについても同じです。

エーペックスでは、たとえばフラットラインをうまくコントロールできるようにするなら、どんなキャラクターでもできるようになっています。(中略)ほとんどの場合、どんなキャラクターを使っていても同じガンスキルが試されるんです(後略)。

Daniel Klein氏の回答(一部)

このように、開発側の意図としては「エーペックスは銃がメインのゲーム」だと明言されています。とはいえ2ヵ月前の議論を経た上で、今回のパッチノート公開時には依然としてプロ選手たちから不満の声が上がっていることを踏まえると、2021年も銃とアビリティ間のバランス、さらに各レジェンド間のアビリティのバランスにはさらなる調整が続いていくことが予想されます。

過去シーズンからエーペックスをプレイしている方は、このバトロワゲームの現在のプレイ感にどのような印象を抱いているでしょうか。期間限定イベント「ファイトナイト」が始まったら、各種の限定コンテンツに触れながら、Respawn側が意図した通りのバランス調整ができているか、皆さんの手でぜひチェックしてみてください。

基本プレイ無料FPS『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』の配信日は2019年2月5日で、対象機種はPlayStation 4 / PC(Origin) / Xbox One

Source: DEXERTO

購読
通知
guest
33 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る