レインボーシックス シージ:Y6S1「オペレーション・クリムゾンハイスト」ティザー公開、”クリエイティブ”な新オペレーター?

レインボーシックス シージ:Y6S1「オペレーション・クリムゾンハイスト」ティザー公開、”クリエイティブ”な新オペレーター?

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』は間もなく「イヤー6」を迎えます。日本時間2月17日には、イヤー6シーズン1のティザーが各国のTwitterにて一斉公開され、新シーズンのタイトルが「オペレーション・クリムゾンハイスト」であることが明かされました。

Y6S1は「オペレーション・クリムゾンハイスト」

ついにイヤー6を迎える『レインボーシックス シージ』ですが、その先陣を切るY6S1のタイトルは、「オペレーション・クリムゾンハイスト」であることが明らかになりました。

日本時間2月17日に公開されたティザーの中では、ハンチング帽に丸メガネの人物が大写しになっています。この人物がY6S1の新オペレーターであると思われます。背景のヤシの木や、「クリムゾン(深紅)」、「ハイスト(強奪)」といった要素が確認できますが、果たしてどのような出自のオペレーターなのでしょうか。メガネのレンズに写り込んでいる火の粉からは、火炎や爆発に関係した能力を連想させます。

ゲーム内での役割については、前回の新オペレーターが防衛側のAruni(アルニ)だったことを踏まえると、この人物は攻撃オペレーターであると思われます。

クリエティブなオペレーター?

ティザーには「任務を遂行するためには、よりクリエイティブなアプローチが必要な時もある…」という言葉が添えられていることから、使い方に工夫が必要なガジェットを持っていることが想像されます。

既存のガジェットのうち、工夫が求められるのは主に好きな場所に設置できるタイプのガジェットです。攻撃側ならクレイモア、防衛側なら感知アラームやMaestro(マエストロ)のイービルアイ、Mute(ミュート)のシグナルディスラプターなど、プレイヤーの研究次第で対戦での脅威度が大きく変わるような、新たな固有ガジェットの登場が期待されます。

この新オペレーターを含めた「オペレーション・クリムゾンハイスト」の全情報は、日本時間2月22日午前2時から始まるコミュニティイベント「Rainbow Six Siege Community and Game Celebration」の中の、「FUTURE OF SIEGE(シージの未来)」コーナーにて公開されます。Twitchのシージ北米公式チャンネルで配信されるので、シージの新しい一年の始まりに今から備えておきましょう。

Source: Twitter

コメントする

*