レインボーシックス シージ:「イヤー6」新情報、2月22日午前2時からコミュニティイベント内で発表

レインボーシックス シージ:「イヤー6」新情報、2月22日午前2時からコミュニティイベント内で発表

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』では世界大会「シックスインビテーショナル2021」が延期となりましたが、一方で国内外のコミュニティは活気を保っており、日本時間2月22日午前2時からはオンラインイベントが開催予定。この中で、待望のイヤー6の情報も発表されます。

日本時間2月22日にコミュニティイベントが開催

日本時間2月9日より開催予定だった世界大会「シックスインビテーショナル2021」は、新型コロナウイルス感染症対策でフランス政府の入国規制が強化されたことで、その全日程が延期となっています。変更後の日程は今後発表される予定です。

一方で、各季の大会期間で恒例となっている新シーズンのお披露目イベントは別枠で行われるようです。

日本時間2月22日午前2時から始まるコミュニティ向けオンラインイベント「Rainbow Six Siege Community and Game Celebration」の中の、「FUTURE OF SIEGE(シージの未来)」コーナーで、ついにレインボーシックス「イヤー6」の情報が発表されます。

「(シージeスポーツ公式サイトより抜粋)『FUTURE OF SIEGE 』のコーナーでは、『レインボーシックス シージ』の新シーズンのことも含め、開発チームがその計画や優先事項を皆さんに共有します。今回の祝典ではたくさんのサプライズを用意していますので、シージにこれから何が起きるのか、日本時間2月22日はぜひ注目してください」

イヤー6は何が起きるのか

イヤー6ロードマップ
2020年に公開されたイヤー6のロードマップ

イヤー6のロードマップ自体は2020年2月の時点で公開されており、各シーズンで以下のコンテンツが予定されています。

  • 新オペレーター1名
  • ゲームプレイのコアをリワーク
  • 新マップ(完全新規マップか、リワークマップかは不明)
  • シーズン内イベントと、アーケードモードイベント
  • バトルパス

ゲームプレイのコアをリワーク」については具体的なことが明かされておらず、イヤー6でも特に気になる部分です。一方、新型コロナウイルス感染症がもたらした開発体制への影響により、イヤー5での実装が予定されていた「マッチリプレイ」や「プレイヤー評価システム」といった機能の実装がスキップされています。イヤー6もその影響を受けたことが予想され、ロードマップは以前から内容が変わっているのかもしれません。

オンラインイベント「Rainbow Six Siege Community and Game Celebration」は、Twitchのシージ北米公式チャンネルで配信されます。シーズン2021のシージにはどのような計画が用意されているのでしょうか。このイベントでは、海外コミュニティではおなじみのストリーマーたちによるエキシビションマッチも開催されるので、2月22日午前2時から、ぜひ配信をチェックしてみてください。

Source: R6 Esports Official

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    名声ポイントのシステムを変えるだけでもっと良いゲームになるのに、、、
    参加するだけで貰えるんじゃ屈伸が減るわけない。
    キル数に応じてポイントが増えるとかにして、貰えない人を作る覚悟があってもいい。
    対戦後のルーレットも廃止してその上で名声で回すとかにしたらええのに、、、、

  2. By 匿名

    Y5のゲームコアリワークはリワークと言えるほど大きな変更じゃなかったからもっと大きく変えてほしいね
    ADS時のサイトのブレと反動が変わったY2~3?の時ぐらいのリワークが欲しい

コメントする

*