連続CGドラマ「バイオハザード:インフィニット ダークネス」のストーリー&予告編公開、2021年よりNetflixで配信

連続CGドラマ「バイオハザード:インフィニット ダークネス」のストーリー&予告編公開、2021年よりNetflixで配信

カプコンは、人気サバイバルホラーシリーズ『バイオハザード』の初の連続CGドラマ「バイオハザード:インフィニット ダークネス」のストーリー情報を公開しました。本作品は2017年公開のCG映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」から4年ぶりとなるフル3DCGアニメーション作品。2021年よりNetflixにて全世界独占配信されます。

また日本語吹替キャストとしてレオン・S・ケネディ役に森川智之氏、クレア・レッドフィールド役に甲斐田裕子氏が決定しました。2人はゲーム『バイオハザード RE:2』以来の共演となります。

CGドラマ「バイオハザード:インフィニット ダークネス」ストーリー

2006年、アメリカ合衆国の象徴、ホワイトハウスが何者かにハッキングされた。大統領管轄の極秘ファイルに不正アクセスの痕跡が見つかったのだ。捜査のため召集された合衆国エージェントのレオン・S・ケネディ達は、突如停電したホワイトハウス内で正体不明のゾンビ達と遭遇、SWATと共にそれらを制圧する。

一方、テラセイブの職員クレア・レッドフィールドは難民支援のために訪れた国で、失語症の少年が描いた奇妙な絵と出会う。ウィルス感染者を描いたと思われるその絵をきっかけに独自の捜査を進めるクレア。翌朝、福祉施設建設の陳情のためホワイトハウスを訪れたクレアは偶然再会したレオンを見つけ、少年が描いた画を見せる。ホワイトハウスでのゾンビ事件と奇妙な絵の関連性に何かを悟るレオンだったが、クレアには関係ないと言ってその場を立ち去る。遠く離れた国で起こった2つのゾンビ発生事件は、やがて国家を揺るがす事態へと発展していく。

レオン役 森川智之氏コメント

レオン・S・ケネディを演じます森川智之です。

『バイオハザード』初の連続CGドラマシリーズということで、また戦いの日々がやって来るのかと思うと、早くも胸の高鳴りが抑えられない状態です。

表題のインフィニットダークネスとはいったいどういう意味を持つものなのか、新たなドラマでのレオンの活躍にご期待ください!

クレア役 甲斐田裕子コメント

作品が出るたびに美しくなっていくグラフィックにどんどん恐怖が増します。そしてついにドラマ化!? レオンとクレアにどんな展開が待っているのか楽しみです。昔プレステ版の2で犬に追い詰められ叫びながらプレイしてたのが懐かしい、恐怖に耐えられるでしょうか。

『バイオハザード: インフィニット ダークネス』ティーザー予告編 – Netflix

作品概要

  • 正式タイトル:「BIOHAZARD:Infinite Darkness(バイオハザード:インフィニット ダークネス)」
  • 配信日:Netflixにて2021年より全世界独占配信
  • 原作・製作・監修:株式会社カプコン
  • フル3DCGアニメーション制作:Quebico
  • 制作プロデュース:トムス・エンタテインメント
  • コピーライト:©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
  • Netflix作品ページ: www.netflix.com/biohazard_anime

Source: PressRelease

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    字幕で観るわ

  2. By 匿名

    完全オリジナルの実写ドラマも控えてるし楽しみ

コメントする

*