協力型SFホラーFPS『RIPOUT』が2022年配信、宇宙船に潜むエイリアンから生き延びろ!

協力型SFホラーFPS『RIPOUT』が2022年配信、宇宙船に潜むエイリアンから生き延びろ!

セルビア共和国のインディースタジオ、Pet Project Gamesより、新作CO-OPサバイバルFPSゲーム『RIPOUT』が発表されました。COOPサバイバルの定番といえばゾンビですが、本作は宇宙船とエイリアンがキーワード。SFホラー映画ファンにはたまらないセットアップですが、詳細を見ていきましょう。

協力型SFホラー『RIPOUT』

時は2084年のはるか未来、エイリアンの大規模な侵略を受けた人類は、未曾有の危機に対抗するために強力な生物兵器を作り出したが、お約束のごとく暴走した生体兵器によって逆に滅亡させられてしまうーー

世界設定の時点でもうすでにチェックメイトを指されている人類ですが、そんな『RIPOUT』の世界でプレイヤーたちが演じるのは、最後の生き残りとなった地球軍兵士。かろうじて暴走しなかった生体兵器を手に、なんとか生き延びて細々と人類種を受け継いでいくか、もしくは絶滅させられてしまうのか。人類の未来はプレイヤーの双肩にかかっています。

もはや最初から血みどろのクライマックスだ。

そしてサバイバルも一筋縄では行きません。ランダム生成された宇宙船の内部をゴールまで突き進む、いわゆる『L4D2』スタイルなゲームのようなのですが、そこはエイリアンの驚異に対抗するために開発された生体兵器。ただのヘビースモーカーやピザ体型なだけの特殊ゾンビとは違い、こちらはなんと戦闘や環境に応じて周囲の物体を吸収し、自身を改造することができるのです。

これが本当の生体コンピューター。

そんな強敵に対してプレイヤー、一蓮托生の相棒はその名もPet Gun。口がついており、自律行動もできちゃうかわいいペットを、時には普通のブラスターライフルのように構え、時には敵を捕食させてその能力を吸収するなどして、暴走した生体兵器だらけの宇宙船を切り抜けて行きます。

暴走した生体兵器には生体兵器をぶつけよう。それ大丈夫なのって?大丈夫、後のことは後で考える。

最大4人COOPに対応しており、1プレイは10~20分を想定されている『RIPOUT』、プレイ人数に応じて難易度が自動で変動するらしく、プレイ毎に自動生成されるマップも相まって、なかなかおもしろそうなCOOPゲームの雰囲気があります。配信は来年とのことですが、COOP好きな方にとっては要チェックの作品だと言えるでしょう。

『RIPOUT』対象プラットフォームはPCで、Steamにて2022年2月に配信予定です。

コメントする

*