オーバーウォッチ: ゲンジのスキン「武士」とウィドウメイカーのスキン「銃士」が先行公開

オーバーウォッチ: ゲンジのスキン「武士」とウィドウメイカーのスキン「銃士」が先行公開

本日2021年4月6日、『Overwatch(オーバーウォッチ)』オフィシャルTwitterアカウントより、期間限定イベント「アーカイブ」にて追加される新規スキン2種が先行公開されました。期間限定イベント「アーカイブ」は、明日(7日)から開催予定となっています。

先行公開された新規「アーカイブ」スキン2種

ウィドウメイカー新スキン「Mousquetaire(銃士)」

ボディラインはそのままにしっかりと着込まれているスキン「Mousquetaire(銃士)」。“ウィドウズ・キス”の装飾も通常の無機質な雰囲気から一変して、木製パーツや派手な装飾で構成されています。

また、クラシックスキンには存在しない顔のホクロも追加されており、この特徴を持つスキンはレジェンダリースキン「ハントレス」「コンテス」に次いで3つ目、追加スキンとしては初。本スキンも同様にレジェンダリーでの収録が予想されます。

クラシック(左)とMousquetaire(右)

ゲンジ新スキン「Bushi(武士)」

その名の通り武士らしい鎧武者の新規スキン「Bushi(武士)」。鎧胸部にはゲンジのメインウェポンである三方手裏剣のデザインが施されており、兜には島田家の家紋である二頭の龍。その他、刀周りにも龍の意匠が確認できます。

「スパロー」「若きゲンジ」「剣道家」に続く和風スキンシリーズとなっており、“龍撃剣”用の刀にしっかりとした鍔があるのが特徴です(妖怪の「烏天狗」や村正を携える「オニ」スキンを除く)。こちらも、上記3種との共通点を考えるとレジェンダリーでの収録が予想されます。

クラシック(左)とヒットボックスが1.2倍くらいに見えるBushi(右)

関連記事

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4 / Xbox One(海外のみ)/ PC / Nintendo Switch。

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション – PS4

8,097円(04/13 18:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

Source:Overwatch

コメントする

*