レインボーシックス シージ 「RJL 2021」第5節:CAG5連勝で首位キープ、SG堅実な強さで追撃

レインボーシックス シージ 「RJL 2021」第5節:CAG5連勝で首位キープ、SG堅実な強さで追撃

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』ではイヤー6シーズン1「オペレーション・クリムゾンハイスト」が進行中。国内競技シーンでは「Rainbow Six Japan League 2021」(RJL 2021)第5節が行われ、CAGがFAVを倒し5連勝で首位キープ、SengokuがGUTSを2-0で下すなどの展開が見られました。

「RJL 2021」第5節の結果

4月10日と11日に行われた、「Rainbow Six Japan League 2021」(RJL 2021)第5節の結果は以下のようになりました。各試合の配信ログはレインボーシックス シージ ESPORTSチャンネルでご覧いただけます。

RJLmatch5
第5節終了時点の順位表。Liquipediaより

CAGは5戦無敗、SGも堅実な強さで追撃図る

第5節のDAY1では、比較的下位にいるチーム同士が勝ち点を奪い合う構図となりました。前節でようやく1勝をあげたEVA:eは、Crest Gaming Lstと「山荘」で激突。中盤までは互いにラウンドを取り合う拮抗した試合となりましたが、最後は僅差でEVAが敗北していました。続く2マップ目の「ヴィラ」も4-7で落とし、試合はCGLの勝利となりました。

前節EVA:eに敗北したNORTHEPTIONは、REJECTを相手に一旦の立て直しを図るものの、第1マップのクラブハウスでは防衛をことごとく崩されて4-7で終えてしまいます。REJECTは徐々にチームとしての完成度が高まっていく姿をピックマップの「海岸線」で見せつけ、7-2と堂々の勝利。累計2-0で試合を制し2勝3敗となりました。

DAY2はAPAC Northでもおなじみの強豪2チーム、CAGFAVの対戦からスタートしました。CAGの個々の柔軟さが際立つ「領事館」に挑んだFAVでしたが、撃ち合いのレベルでは抵抗するも、攻撃・防衛ともにわずかな差が徐々にラウンド差を広げてしまい、終わってみれば7-3でCAGがマップスコアを獲得していました。FAVはピックした第2マップ「カフェ」で再起を図りましたが、「領事館」同様に緩急をつけて立ち回るCAGに翻弄され続けてしまいました。CAGは7-0でFAVを完封、5連勝と安定した強さをアピールしました。

第5節の最後はGUTS vs Sengokuの一戦でした。前節はCAGとの大一番で意外な敗れ方をしたSengokuでしたが、GUTSに対してはアイデアに富んだ作戦をしっかり通すことに成功していました。第1マップの「クラブハウス」と第2マップの「海岸線」の両方で、Sengokuは防衛側ではラウンドスコア3-3と持ち合いながらも、攻撃に転じるとラッシュや時間を使った多面展開など、さまざまなバリエーションを見せてGUTSに対応を許さず、どちらのマップも7-3で勝利。リーグ戦4勝1敗となり、手前にいるCAGをしっかりと追う形を維持しました。

第6節マッチアップ

「RJL 2021」第5節は4月17日と18日に行われます。

第6節マッチアップ
第6節の日程とマッチアップ
  • 4月17日
    • Crest Gaming Lst vs GUTS Gaming
    • EVA:e vs Sengoku Gaming
  • 4月18日
    • CYCLOPS athlete gaming vs NORTHEPTION
    • REJECT vs FAV gaming

首位独占中のCAGが対戦するのは、直近で2連敗し修正が求められているNORTHEPTION。一方で浮上の足場を作りたいGUTSの相手は好調のCGLです。一方的にポイントを取られないよう、各チームどのような試合運びをしていくのかに注目です。

RJL 2021の各試合は以下のサイトでご視聴ください。

Source: X-MOMENT

コメントする

*