海賊FPSが無料配信中

[噂] エーペックスレジェンズ:1撃キル可能なランチャー「EPG-1」が『タイタンフォール』から登場? プレイテスト進行中か

[噂] エーペックスレジェンズ:1撃キルも可能なランチャー"EPG-1"が『タイタンフォール』から登場? プレイテスト進行中か
  • URLをコピーしました!

Respawn Entertainmentの『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』では日本時間4月14日より「ウォーゲームイベント」が期間限定でスタートします。また次回シーズン9以降で、『タイタンフォール』に登場したランチャー系武器「EPG-1」がエーペックスに実装されるかもしれません。

CONTENTS

EPG-1が登場&プレイテスト中?

過去シーズンの期間やシーズン8バトルパスの有効期限から、次回「シーズン9」のスタートは日本時間5月4日ごろと予想されています。

注目の新コンテンツについては、エーペックスと世界設定を共有している『タイタンフォール』シリーズから大量のコンテンツが登場することが、以前の開発スタッフの発言から明らかになっています。

その話を裏付けるような情報が先日新たに発見されています。エーペックス系データマイナー勢の中では確度の高さで知られるBiast12によると、シーズン9またはそれ以降に、『タイタンフォール』でも登場した武器「EPG-1」がエーペックスの新武器として実装されるかもしれないとのことです。

Biast12:今エーペックスでEPGがテストされてるところだ。アーリー段階みたいだから、『タイタンフォール2』のUIアセットがエーペックスでのテストに再利用されてる

一撃キルのスペックを持つランチャー「EPG-1」

タイタンフォール2』における「EPG-1」の性能について解説すると、EPGとは「Energy Propelled Grenade(エネルギー推進グレネード)」の略で、エネルギーアモを使うグレネードランチャーのような武器です。

EPGは着弾すると火球が発生し、周辺にいるプレイヤーにも爆風ダメージを与えることができます。またプレイヤーに直撃すれば確定キルという派手な威力を誇っていました。

一方でそのデメリットは弾速の遅さと、弾道が弧を描くので対面での撃ち合いには向いていない(弾道は直進でした。訂正させていただきました)、1マガジン5発だけという点が挙げられます。またフルオート系に比べると連射速度もないため、至近距離での1発を外すと一転ピンチになりかねません

Biast12の画像見たところ、装弾5発という設定はテスト段階では引き継いでいるようです。1撃キルが可能なスペックがバトロワルールでも引き継がれる可能性は低そうですが、本当に将来実装されるのであれば、エーペックス版EPG-1はどのような性能になるのでしょうか。シーズン9の新コンテンツの全貌が明かされる日をを待ちたいところです。

基本プレイ無料FPS『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』の配信日は2019年2月5日で、対象機種はPlayStation 4 / PC(Origin) / Xbox One

Source: DEXERTO

[噂] エーペックスレジェンズ:1撃キルも可能なランチャー"EPG-1"が『タイタンフォール』から登場? プレイテスト進行中か

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

COMMENT

コメント一覧 (21件)

  • すごくどうでもいい話だけどもしランチャーが追加される場合 相対的にランパートの弱体化がまた一つ加速するという・・・もういろんな意味で不遇過ぎるw ちなEPGはタイタンランチャー系の武器で言えば一番実用的って言われてる武器だね ランチャーは総じて癖が強く各種ネタ武器される事が多々あったけどEPGだけはガチ武器枠に君臨してたし怠慢モードでもマスティフ同様採用されてる (ランチャーの派閥としては他にソフトボール部 私が所属してたコールドウォー協会 あともはやタイタンに撃つ事が無くなったマイクロミサイルが存在する)

  • いよいよもってTF2の武器が終わり始めたな
    この後どうなるのか

  • CAR追加してほしいけどライト武器っぽいしオルタ99と被るから来なそうだよなぁ

  • もしかしたらケアパケからピーキーoutでEPGinになるのでは・・・?

  • EPGは直進します。
    弧を描くのは同じランチャーのソフトボールですね。

  • 現在もクレーバーとかいう高威力武器もあるし、ありえなくはないか

  • 対応機種の所にSwitchとか入れれば?

  • ランチャーとかいらんから普通に落ちてる武器1個増やして欲しいわ

1 3

コメントする

CONTENTS